ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

エアコン

やっと1階と2階のエアコンの取り付けが終わった。2月に家電量販店で購入したものの、我が家のエアコン配管がかなり複雑で、量販店の取り付けスタッフの手に負えないと言われたのだ。このままだと買ったエアコンを取り付けられないと、我が家を建ててくれた工務店に泣きついたら、工務店が電気工事会社を手配してくれた。

どのような複雑配管かというと、1階は、部屋を跨いだ配管で、寝室のエアコンのパイプは、隣の脱衣室の壁の中を通り、地下配管されて地上に出て室外機に接続される。通常よりも手間がかかるらしい。2階のエアコンのパイプは、外壁を伝って室外機に接続されるのだが、なんと、物干しスペースのトタン屋根を貫通している(正確には、外壁に接しているトタン屋根部分が、丸くくりぬかれてパイプが通されている、エアコンを取り付てから、トタン屋根を作ったのだ)。トタン屋根を外してやりかえないといけないから、「うちは無理です、そういうことを期待されても困る」と家電量販店側から言われてしまう。

トタン屋根を一端外して、配管し直したらまたトタン板をつけるなんて、大工工事ではないか。どんだけ大変なんだ、また、次にエアコンを新しく取り付けるときも、またトタン屋根を外すんかい!どうしてこういう設計にしたんだよと今更ながら愚痴っていた。が、工務店が手配した電気工事会社のスタッフは、家電量販店が手配したスタッフとは、かなりレベルが違っていた。そう、電気工事士という資格だけでは能力は測れないのだ。

工務店が手配した電気工事会社のスタッフは、めちゃくちゃ身軽で、トタン屋根の上をスイスイとトビ職人のように軽やかに移動する。トタン屋根、全然外す必要なんてなかった。1階の配管もすぐ終わったし。とはいっても、彼らにとっても、通常のエアコン取付工事に比べたらかなりの高難度の取り付け工事だったらしい(*1)。でも手際よく、お見事である。状況に柔軟に対応する。2人で来られていて、ベテランと若い人だった。ベテランは、ものすごく厳しい人で、若い人は、キビキビとよく動く。必ず、「はい!」と返事して、ベテランのあれ持ってこい、これ持ってこい、これ測れ、あれ測れ、という指示もキビキビテキパキとこなしていた。体育会系の雰囲気である。こういうの嫌いじゃない。仕事だからね、けじめがあって当然である。ちんたらやってミスが出たら困るもの。緊張感があっていいと思う。ちゃんと配管できてますように。

朝9時から午後3時までかかると言われていたのだが、午後1時前には終わった。お茶とお菓子をつまんでもらって、ちょっとお話しする。

この電気工事会社は、我が家を建てた工務店の物件の電気工事をよくやるらしく、なんと我が家の新築工事のときの電気工事も、同じスタッフがやってくれていた。ここの工務店が今、すごい豪邸を建てているという話を聞いていたので、その豪邸のことを訊ねたら、彼らもつい最近エアコンの取り付けに行ったところらしい。

「どれくらいの広さなんですか、その豪邸?」
「敷地は、小学校のグランドくらいで、周りが森です」(*2)
「おおおお!」
「で、そのだだっ広い敷地の片隅に、ぽつんと家を建てています」
「ぽつん?じゃあ家は、小さいんですか?」
「そうですねー、この家(我が家のこと)の10倍くらい?」
「ぽつん、じゃないですよそれ!!!!!!」

しかも、その豪邸に基本2人で住むとか。これが一番の驚き。
寝室が4つで、和室が3つで、お風呂が3つで、トイレが4つで、LDKが2つあるらしい。2世帯住宅のつもりでなくて、ほんとに2人暮らし用だとか。意味がわからない。広すぎて工事開始から1年たってもまだ作業中である。ちなみにエアコンは少なくとも13台は取り付けたとのこと。おおおおおお。2台の取り付けでも大変なのに。

電気のプロの視点から教えてくれたこと:
エアコンは、メーカーによってそんなに品質に差がない。耐用年数もみんな同じくらい。電球は、今でこそLEDがあるけれども、その前から「切れない電球(切れにくい電球)」というのは、存在していた。トンネルの電球などは一般家庭のものと比べて、昔からものすごく長持ちする。でも、一般では手に入らない。売らないのだ。「僕は、メーカーはその気になったら、切れない電球や、長持ちする電化製品を作れるんだと思ってます、ただやらないだけで、そんなん作ったらもうかりませんからね」とのこと。そうなんだ。そうか。


*1)費用は、量販店の標準取付工事の倍かかった。量販店からは、工事費とリサイクル費は返金してもらった。保証の問題は、売り場主任が話をつけてくれた。
*2)森の中といっても、山奥ではなく、高級住宅街の一画の話である。彼らによると、敷地内でテント貼ってキャンプしていても住人は絶対に気づかないだろうとのこと。防犯的にどうなんだろ。 








[PR]
by himarayasugi2 | 2017-04-16 09:22 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 面白いと思うのだけど 美味しかった。 >>