ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

普通すぎる日

午前中は某先生ゼミ。発表があたっていた。的確なアドバイスをいただき、これでもう、前進あるのみである。頑張るぞ。

某先生が少し早く終わったので、しばらく教室にYさん、Iちゃんと残っておしゃべりをしていたら、えらく盛り上がって、気がついたらお昼も食べていないのに3時を回っていた。慌てて私は研究室経由で図書館へ行く。今年度は、私も忙しいし、Yさんも忙しいし、研究室も忙しく、それに関してとにかく話がとまらない。よくこんなに話すことあるなと思う。研究室に顔を出したらゼミ先生らがいらした。Yさん、Iちゃんと喋っていたらこうなったと話したら、うわーっつ、何話してたんだ!とほうぼうからつっこまれる。Aちゃんが、某先生の授業後にお姉さま方が研究室に立ち寄るんじゃないかと研究室を覗いていったらしい。「お姉さま方って、私、含まれてます?」と念のため確認をする。

最近読んだ本で、「帰属感は参加することで生まれる」とあった。これは、筆者が久しぶりに故郷に戻ったらなんだか自分が「訪問者」のようで、ここの故郷に帰属していないなと感じたくだりで書かれてあった。私は研究室に帰属してるなぁと今日は感じて帰宅。

帰りの電車の中で、若い男性がスマホを一心不乱に見ていたのだが、異様なのは、両耳にガチの耳栓をしていたところ。最初はイヤホンかと思ったらそうではなく、耳栓だったのだ。完全に外部の音を遮断して、スマホの世界に没頭している。異様だよ。

地元駅について買い物をして帰ろうとしたのだが、お昼を食べていないから、お腹が空いてたまらない。そのへんのカフェにはいってちょっと軽食をつまむ。席はアラフィフの女性と20代のわりと今どき風のイケメン君の間しか空いていなかったので、そこに着席する。イケメン君、貧乏ゆすりが激しすぎる。こっちのテーブルも揺れるんですけど。誰か、彼女とか、友達とか言ってあげたらいいのに。イケメンが台無しである。 

山本幸三大臣の失言一部始終を昨夜テレビで見た。発言を撤回する会見もまとめて見た。山本は、学芸員の仕事や重要文化財の活用の実態など、よく知らないままに、「学芸員はガン」だなんていう発言をしたのだ。学芸員が不要だというのなら、根拠を示した上でただ「こういう学芸員は不要だ」と言えば済む話である。それを、「ガン」という表現を使うところに、この人が無知なだけでなく、品性のかけらも無いどうしようもないヒトと感じだ。そういうあんたが「ガン」なんだよって言ってやりたい(あら失礼)。大臣はやめないらしい。先日の別の閣僚による「自己責任」発言もそうだけど、人材不足なんだろうか。こういうことを言われたら相手がどう感じるのか想像できない人が、閣僚をやれるのか。頭が悪いんだと思う。とっても腹が立っている。


あああ、なんか疲れたけど、スイッチはいった1日やった。
[PR]
by himarayasugi2 | 2017-04-18 19:00 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 国別ショート 面白いと思うのだけど >>