ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

最近のメモ

ここ最近のことをまとまりなく記録しておく。

呪われている?
数日前に、パソコンに向かっていたら、チリチリチリとかすかな音が聞こえてきた。しばらくすると、焦げくさいニオイがしてきたので、あわててニオイの元を探したら、バックアップ用のサーバーから煙がでているのを発見する。すぐさまコンセントを抜いて隔離する。バックアップサーバーは、急遽購入して、なんとか復旧させる。

ところが、本日、すっごい雷が鳴っているなぁと思っていたら、「ピー」という鋭い音と同時に、ルーターがご臨終となる。Wi-Fiできません。1台のパソコンを直接モデムにつなぎ、プリンターもケーブルで接続し、とりあえずネット環境は確保する。夫に連絡をいれると、昼休みに「新しいルーター買ったで」とのこと。壊れたルーター、古すぎて修理対象外だった。

パソコン周りが呪われているような気がする。

電気工事の闇
生前父が夜中に海外のスポーツの試合やら映画を観るためだけに契約していたケーブルテレビを、解約した。だいぶ昔からケーブルテレビにしていたので、実家のテレビ環境は、地デジ対応ではない。なので地デジのアンテナの設置と古いBSアンテナの取り換えと設置の工事が必要となった。大昔に実家を建てた工務店に母が連絡して見積もりをとってもらったところ、かなり高額だった。ネットで調べたらだいたいの相場がわかる時代、この見積もり額は、実家の状況が仮に特殊だとしても高いのではないかと私は疑った。もともとその工務店の仕事はいい加減だと思っていたので、もう一社、家電量販店に見積もりを依頼したところ、家電量販店が出した見積もり額は、工務店が出した見積もり額よりも64800円も安かった。この差は、誤差の範囲とかではすまされないと思う。

もちろん家電量販店に工事は依頼する。工務店の見積もりには謎の費用項目がいくつもあり、それらが見積もり金額の半分以上をしめていた。機器の値段とは別なのだ。家電量販店から派遣された電気屋にさりげに聞いてみたら、都会のど真ん中で電気工事をするときは、駐車場所が、有料駐車場しかないので、そういう料金をあらかじめ現場雑費としていれておくことはあると教えてくれる。実家の前の道は広く、路上駐車になんの問題もないのだが。

父が生きていたら、工務店の言い値に文句を言わなかっただろう。実家の両親が、ネットで検索して金額の妥当性をチェックすると工務店も思っていないだろうし、実際したこともなかったようだ。それに今まで一度も相見積もりなども取らなかったし。工務店側は、私の実家はなにもわからないし、文句を言わないからと、いつものようにいい加減な見積もりを出してきたのだと思う。完全にカモにされていたのだ。今後、あの工務店とかかわることはないだろう。


ケンの不思議な習性:
c0221299_15412142.jpg
(1階の玄関と2階のおもちゃ箱を3往復して、おもちゃを玄関に並べていた。なんでそんなことするの?)








[PR]
by himarayasugi2 | 2017-09-07 15:46 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 食の記録 忘れない夏 >>