ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

経営は大変

目にかかって鬱陶しかった前髪を、短く切ってもらった。全体的に顔に毛先が当たらないようにコンパクトなマッシュルームカットになった。担当美容師が、美容院経営というのは、なかなか大変だという話をしてくれる。以下、個人的に驚いた話のうち、さしさわりのないものを記録:

今でこそ美容院検索や予約はネットでやる人が増えたけれども、ネットがあまり普及していなかった時代、新規オープンしたお店は、最初の3年で獲得した顧客数をいかに維持するかで、経営が決まっていた。新規オープン時に配ったチラシなどを手に来店したお客が、その後3年間のビジネスを左右するというわけ。紹介制度などで新規顧客を獲得するには、限界があり、オープンから3年をすぎると新規顧客を獲得するのはだんだん難しくなるらしい。

ネットが普及して、美容院を検索するのが当たり前になると、今度はネットでいかに目立つか、検索でひっかかるかが重要になってくる。ほとんどの美容院が、〇ットペーパービューティーに登録する。最大のサロン検索サイトなのだ。しかし、〇ットペッパーに登録するのは、お金がかかる。私が現在通う美容院は、年間300万円を支払っているそう。月々に支払う基本料金が約25万円である(*1)。

「25万円は、回収できているのですか?」
「ええ、25万円支払って、25万円分売り上げがアップするから、まぁ、損はしないけど(すごく得ってわけでもない)、って感じですかね」
「じゃあ、もうちょっと安めのプランにしてもよさそうですけど」
「でもね、5万円のプランをやっている店の人に聞いたけど、それだと1万から2万円分くらいしか売上アップは見込めなくて赤字になるそうですよ、これならやらないほうがマシでしょ?」「なるほど」

最も重要なのは、検索で上位に来ることらしい。あとは、ヘアスタイルの写真のクリック数も重要だとか。クリックされる写真というのは、あまり作りこんでいない普通の写真らしく、巻きすぎたり、凝りすぎる(お洒落演出が過剰な)写真は敬遠されるとか。〇ットペッパービューティの店のサイトのアクセスが月500アクセス(ユニークアクセス)につき新規顧客が1人増えるくらいだと教えてくれた。だから、こういうサイトに登録することは、普通の美容院にとっては死活問題なのだ(*2)。

売上を伸ばすためには、お客を定着させる美容師の存在が不可欠で、男性美容師はモテなくてはあかんらしい。「100点満点で80点の腕でも話ベタで女性にモテない美容師よりも、60点でモテる美容師のほうが、経営者的にはおって欲しいですわ」(なんかホストクラブみたいな、担当美容師は、40代で結婚していて一児の父親でもあるので、「僕は、そーゆーのはとっくに引退ですけど」とのこと)。女性美容師の場合は、「威圧感がなく、話しやすく、聞き上手でお客さんにとって癒しになる振る舞いが出来る人につきる」そう。わかる、わかる。



*1 もっと高いプランもあるそうだ。
*2 超高級美容室とか、紹介と口コミだけでお客が集まる美容室、あるいはひっそりとやりたい美容室などは登録の必要がないのだろう。私が東京、横浜時代にお世話になった美容室は、検索したけど2軒とも登録されていなかった。どちらもオーナー男性が1人でやっているお店だから、そんなに広告を打つ必要がないみたい。 










[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-04-27 10:13 | 雑感 | Comments(0)

とりとめない

帰宅途中、汗だくになりながら地図を広げてうなっている男性を見かける。スーツの上着を腕にかけ、Yシャツの袖をまくっている。なにかの営業だろうか。その男性から少し離れたところに、パンツに白いブラウスの女性が、やはり地図とスマホを交互に見ている。この女性も道に迷ったらしい。この人たち、なにをやっているのだろう。

と、思ったら小学校高学年の男の子が男性の方へ駆け寄ってゆく。「先生!」男性は、「おおっ」と答えて男の子のほうへむく。「先生、わかりにくいって言うたやん、こっちやで」と男の子が「先生」を誘導して行ってしまった。わかった、この地図を片手にウロウロしている男女は、家庭訪問途中の小学校教師だ。女性も気がついたらいなくなっていた。次に訪問する家がどうやら見つかった模様。家庭訪問って、この時期にやるのか。新年度入ってすぐのタイミングである。

小学校6年生のときに担任が家に来たことはなんとなく覚えているけど、それ以外だと記憶にない。どうして毎日学校で会っているのに、保護者面談だってやっているのに、家まで先生が来るのだろうと思っていた。でも、先生が家に来る、というのが非日常的でワクワクしたのは覚えている。あのときの家庭訪問というのは、普段の生活の空気、家庭の雰囲気、外では見えてこない親子の関係などを確認するためのものだったと今ならわかる。

1発退場:
今村復興相が辞任の意向を固めたという。「震災が東北で起こってよかった、都市部だったらもっと被害が甚大だった」という趣旨の発言を受けてのこと。テレビでこの発言を確認し、夫も私も絶句する。これはもう、弁解の余地もないし、自民党だってかばえないだろう。彼は、自分の発言がどうして問題なのか、あまりわかっていないように見えた。発言後の取材で、「じゃあ、(発言を)取り消しますんで」ってしれっとしていた。発言って、一度出ていくと、撤回なんて実質できないもの。今月4日にこの人は、「自己責任」発言で問題になっていたけど、このときに辞任しなかったから、今回の発言が公となるに至った。今回の発言で、政治家としてのキャリアは完全に終わったと思う。

この人、4日の記者に逆切れの映像を見たときに思ったけど、普通に感じが悪い。傲慢な感じだ。こういう人が比較的上の立場で、職場や研究室にいたら、ものすごいストレスである。周囲にいなくてよかった。 








[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-04-26 08:41 | 雑感 | Comments(0)

週末メモ。柴犬中心。

週末のメモ。

母が偶然スーパーで見つけた湯葉豆腐が美味しい。あるときスーパーの片隅で男性が試食販売しているのを見つけた母は、試食した上で購入。好き嫌いの激しい実家の父も気に入っている。最近、じわじわと人気が出てきて、午後にはスーパーの豆腐コーナーのこれだけが売り切れていることも。夫(売り切れる、というワードに弱い)が、土曜のスーパー開店間もない時間に買いに行ったら、すでに残り少なく、「かろうじて」入手する。

イカリで売っているだし醤油とわさびで食べるのがおすすめらしい。とりあえず、我が家ではめんつゆを少し垂らしてわさびでいただいた。美味しい!
c0221299_10181225.jpg
(スーパーの豆腐売り場に普通においている。うちの近所でこれを置いているスーパーは1軒だけだ。)

大阪で仕事のあった妹が、日曜に実家に来た。早い時間だったので、妹も一緒に芦屋浜に行く。そのときに私が履いていた靴下が、こちら。いただいたもの(どうもありがとうございます。柴田部長のエコバッグも毎日使っております。妹も、渡したその日からエコバッグを使っております。)。可愛い。
c0221299_10191010.jpg


帰りにカフェに寄って帰宅。

芦屋浜でのケン。妹撮影の写真を中心に。
c0221299_1020284.jpg
(ケンちゃん、楽しいね。)
c0221299_1022624.jpg
(みんなの影。妹の影は写っておらず。)
c0221299_102247100.jpg
(海岸まで行ったけど、ケンは砂浜を歩くのが嫌いみたいで、これよりは海に近づかず。)
c0221299_10233782.jpg
(ゴキゲン。)
c0221299_10314467.jpg
(木陰で水分補給をする。周りには、テントをはってくつろぐ家族が大勢いた。すごい人。)
c0221299_1025928.jpg
(こんな変な顔もした。)
c0221299_10253443.jpg
(いっぱい歩きました。)

ドラマ:『直虎』も『小さな巨人』も面白い。『フランケンシュタイン』は、とりあえず録画しておいた。あとで見よう。












[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-04-24 10:36 | | Comments(0)

エアコン続報

ダイニングテーブルには椅子を4脚置いている。2脚は南をむいており、座ると海が見える。残り2脚は北向きで、部屋の北側の壁を見る。夫は普段は北向きの決まった椅子に座る。北向きの椅子に座るメリットは、テレビが見やすいということである。私は夫と向かい合う南向きの椅子に座っている。日中、1人で作業をするときもここである。

先週の土曜にリビングのエアコンを取り換えた。我が家のLDKは1つの大きなワンルームで、廊下も扉もなくて、直接階段と繋がっている。階段部分は吹き抜けているので、冷房効率が悪く、扇風機も同時に稼働させて、なんとか室温を下げている。今までは、ケチって実際よりも狭い畳数用のエアコンにしていた。エアコン本体の値段を抑えたかったのだ。が、買い替えるにあたり、今回は、そこそこ大きめのエアコンにした(といってもまだケチったけど、だって畳数が増えると一気にエアコンの値段が上がるのだ。それでもこのメーカーは安いほう。エアコンって、結構するんやと実感。)。設置してみると、異様に大きいのだ。部屋の雰囲気が台無しである。

夫が座る場所からは、常にリビングのエアコンが見える。夫は数日前からそのエアコンの大きさについてブツブツ言うようになった。「これ、大きすぎるで」「小さい冷蔵庫が天井からぶら下がっているみたいやで」「圧迫感すごいで」と、座るたびに言う。昨夜の夕飯時も、いつものように夫がエアコンについて何かコメントをしようと口を開いた。

「なんか、このエアコン、体操服を着た太めの小学生の後姿みたいや」「体操服のシャツとズボンが、パツンパツンでキチキチや」「そう思うと、可愛く見えてきた」「完全に、太っちょの小学生のお尻と背中やで」「かわいいやん」と、自己解決していた。というか、悲惨な現実から逃避するために、そう思わざるを得なくなったのか。そして、とうとうエアコン小学生に名前をつけようと言い出した。

そういえば、新婚だった北関東時代に私たちは自転車と車に名前をつけていた。北関東時代の前半は、私はその場所に適応できずにプチ鬱だったので、そういう遊びで気を紛らわせていたところもある。自転車は「コミカ号」で、車は「シティちゃん」と名付けられていた。現在、コミカ号もシティちゃんもいないんだけど。大きすぎて、不細工なエアコンに名前をつけることで、現状を受け入れるというのは、精神衛生上プラスかもしれないし、「アリ」だなと思い、「いいやん、なんて名前にする?」と提案に乗る。

夫は数秒考えて、「そうやな、カバちゃんにしよう、お尻が大きくて四角くて、ちょっとおデブのカバちゃん、ぴったりや」と、とてもいい名前だとひとり満足そうである。そしてエアコンは「カバちゃん」となった。

というわけで、カバちゃんを紹介する。
c0221299_94549.jpg
(夫の席から見えるカバちゃん。たしかに人間っぽいぞ)
c0221299_953777.jpg
(この厚みが、おデブキャラの原因である。走るのが苦手っぽい。)
c0221299_965095.jpg
(ちょっと下からのショットも。上の梁との隙間がちょっとしかなくて、電気屋にこれ以上大きなものは次はつけられないから、次回買い替えるときは、絶対に小さめにしないとダメだと言われる。あーあ。)










[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-04-22 09:12 | モノ | Comments(0)

国別ショート

最近の女子フィギュアを、ほんとに久しぶりにテレビで見た。ショートしか見ていないけど、70点台前半を出した数名の選手と、80点を出した選手の差が全然わからなかった。点数だけはぶっちぎりに1位かもしれないけど、よくわかりません。点数だけが伸びてゆく現象、以前にも見たことがある(遠い目)。男子と異なり、女子はジャンプ構成で差があまりつかないから、ジャンプ構成で下回っていても、「出来栄え点」で低難度構成の選手でも審判の胸ひとつで勝たせることが可能だというのは、以前からずーっと思っていた(遠い目:2回目)。3Aを跳んでも勝てないように操作できるのが女子なのだ。やっぱ、女子を見るべきでなかったのか。そういう意味では、男子のほうが、まだ透明性があると思う。4回転のジャンプの有無と難易度で、ある程度の順位は確定するから。ミスなく降りたら、という前提だが。

特にすごく好きなプログラムは、女子にはなかった。ステップにワクワクするものがなかった。ワグナー選手のショートの曲は、なんであれなんだろ。好みではないけど。あと、他の選手だけど、ジャンプのときに手を上げるのが難しいというのは、なんとなくわかる。しかし、別に美しくないような。なのに点のためにやる。でも、美しくない、でも出来栄えを高くつける口実にできる、なーんて考えてしまった。

樋口選手と三原選手の演技はとてもよかった。初々しい。三原選手は、よい演技ができたときは、やっぱり拳が顎の下に行きがちである。この仕種がかわいい。インタビューも、関西弁で、素直で、ピュアな感じがかわいい。三原選手は、来期に一気に伸びそうな予感がする。

男子も見た。順位に関係なく、好きな演技は、ジェイソン・ブラウン選手と宇野選手とチャン選手。ブラウン選手は、4回転を跳ばないのだけど、それを補って有り余るほどの音楽との調和、表現力、美しさに圧倒される。これに金選手のジャンプ力があったら、鬼に金棒である。でも、4回転を跳ばなくてもブラウン選手はすごくいい。来季はどんなプログラムを滑るのか楽しみな選手の1人である。宇野選手の演技は、まさに氷上の舞踊である。音楽そのもの。ブラウン選手と宇野選手の演技は、試合であってもショーのようで、そこが他の選手との最大の違いである。チャン選手の滑りの滑らかさは、別格。この3人は、勝ち負け関係なく見たいと思う選手なのだ。女子にはそういう選手は、ついにいなくなってしまった。

合間によく流れる資生堂のTVCM、杏、篠原涼子、宮沢りえ、石田ゆり子、樋口可南子、真木よう子が順番に映ってセリフを言うのだが、真木よう子が棒読みのように聞こえる。何度聞いても、やっぱり棒読みのような。石田ゆり子は、なぜ地面に転がっているのだろう。







[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-04-20 21:22 | スポーツなど | Comments(0)