ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

カテゴリ:犬( 274 )

果物に笑顔を見せる柴犬

昨日まで岡山で出張だった妹が、昨日の夜神戸の実家に立ち寄った。お土産に岡山の葡萄と桃を買ってくれた。早速、朝散歩を終えたケンと実家に顔を出す。
c0221299_1226490.jpg
(ブレブレ、申し訳ない。)

マスカットみたいな葡萄2種と、ピオーネと桃。葡萄は一粒ずつ味見したけど、すごく美味しかった。残念ながら、私は生の葡萄の汁に唇がかぶれるので、これで我慢。大丈夫かなと思ったけど、後からじわじわと唇がヒリヒリしてきた。うううう。すごく美味しいのに。夫は葡萄が大好きなので、夫用に葡萄を少しと、桃は私用にもらう。

立派な葡萄を前に、妹が写真撮影を始めたら、葡萄の向こうに茶色い耳が見える。
c0221299_12264879.jpg


耳の主が近寄ってきた!
c0221299_12291482.jpg

「ケンちゃんだ!」
c0221299_12293146.jpg

c0221299_12295676.jpg
「これなに?食べられるの?」「葡萄はあかんけど、桃はあとでね」
c0221299_1231231.jpg
(笑顔のケン)
c0221299_12315885.jpg



残念なことに、犬に葡萄は絶対に与えてはいけないので、ケンも見るだけ。葡萄は腎臓に悪影響を及ぼすもので、致死量みたいなのもあるらしい。でも、桃は大丈夫だから、ケンには桃をあとで剥いてあげよう。

涼しくって、気持ちがいい。

(2枚目以降の画像は、妹撮影。)








[PR]
by himarayasugi2 | 2017-09-14 12:33 | | Comments(0)

柴犬たち

ケンの散歩途中で、黒柴のSちゃんと飼い主さんに会う。Sちゃんは、12歳の男の子で、妹分の赤柴ちゃんと同じ家に暮らしている。空ちゃんの飼い主さんは、おだやかでかわいらしい70歳前後の女性で、ケンのことを「うちの主人と同じ名前だわ」とニコニコと撫でてくれる。飼い主さんによると、空ちゃんは実は具合がよくないという。

「腫瘍ができていて、腫れているでしょ」とおっしゃるのだが、どこが腫れているのかわからなかった。そうしたら、「ここなの、胸のところ」とそっとSちゃんの胸に手をあてた。私もそっと触ったら、確かにぷくっとしたものがある。「ガン、ですか?」「そうなの、痛みとかはないのよ」獣医からは夏までもたないと宣告されているそう。抗がん剤とかが効かないタイプだから、「Sちゃんの好きなようにさせてあげてください」とも言われたので、投薬はせずに、大好物をあげて、お散歩にいって、楽しくしていたら、妹分の赤柴ちゃんとお庭でおいかけっこをするくらいちょっと元気が戻ったそう。Sちゃんは穏やかで優しい子で、私は飼い主さんとお話しする間ずっと撫でさせてもらった。

9月がこの子のお誕生日なんだけど、せめてお誕生日までは生きててって思っていて」と飼い主さん。「毎日、寝る前にこの子の頭をなでてやって、また明日ね、って言うんだけど、最近は、本当に気持ちが入っちゃって、明日もね、きっとね、って力が入るの」と笑う。Sちゃん、明日もね、明後日もね、明々後日もね、お散歩で会おうね、9月にお誕生日をお祝いしようね。

犬が怖いケンにしては珍しく、うんともすんとも言わずに、Sちゃんのすぐ横にじっと立っていて、Sちゃんを見つめていた。「君、大丈夫?」ってSちゃんを気遣っているようにも見えた。飼い主さんが、「ケンちゃんは、優しい子ね」といっぱい撫でてくれて、ケンは目を細めて少しだけ尻尾を振った。




曇っているけど、雨は降っていない。洗濯ものがたまっていたので、洗濯機を2度回し、掃除をする。東西南北ほぼすべての窓を開けて作業を終えたら、汗ぐっしょりだった。迷わず冷やしていたサンペレグリーノを開けて、ごくごく飲みほした。これからサンペレの消費量が増える。ロハコ様様である。

ドラマ、『ブランケッツキャッツ』視聴した。私にはちょっと重い。矢野顕子の歌う曲がとっても好きだけど。獣医役は、他の女優さんでもいいかなぁとか。もう少し猫の出番があったらいいのに。西島秀俊は、こういう役が意外とはまると思った。







[PR]
by himarayasugi2 | 2017-07-01 11:24 | | Comments(0)

梅雨の柴犬

梅雨入りしたのに1滴も降らないなぁと思ったら、昨日は大雨だった。固めて降られると、いろいろ大変である。庭とか屋根とか水をやる手間やケンの散歩のことを考えると、毎日適量、寝ている間に降って欲しいし。

昨日の朝はすごい雨だったので、とりあえずケンはオシッコだけさせることに。ケンは雨の散歩が大嫌いで、雨が激しいと絶対にウンチはしてくれない。前夜にオシッコしたきりなので、朝は必ずトイレをさせないといけないのだ。

私は、合皮のスニーカーに、散歩用パンツ(あとでびしょびしょ)、ナイロンのウィンドブレーカーに大きな傘をさす。ケンには雨合羽を着せる。ケンは、雨合羽を着せたら、テンションが下がる。「これを着ないといけないほどの外は大雨なのだ」とわかるから。テンションだだ下がりのケンをなだめすかして雨の中散歩に出る。通勤の夫が撮影した。
c0221299_9163642.jpg
(傘の外に出るとすごく濡れるので、びびるケン)
c0221299_9171971.jpg
(濡れないように私の足元にひっついてくるケン)
c0221299_9183568.jpg
(こんな感じですり足でお散歩してきた。)

ケンはこのあと、木の根っこにトイレをして、すぐにUターン。午後、雨が上がってからゆっくり散歩した。トイレシートにしてくれたらいいんだけど、頑としてそれは拒否するケンである。困った~。


書くスピードが遅いと思う。1日に2000字も書いたら、一仕事した気分になってしまう。Y先生は以前、「1日に4000字はコンスタントに書けないとだめだ」とおっしゃっていたけど、無理だなぁ(*1)。だからG会の原稿を本番前日に徹夜で仕上げたという人の話を聞くとすごいと思う。研究室の先輩でも、1日に「万字単位」で書く人も何人かいらっしゃるし、そういう瞬発力みたいなのが私には、欠落している。それを自覚しているので、逆に今まで大きな事故なくこれたけど。キンロー時代の翻訳作業は、常に締め切りを意識して動くので、そういう長年の習慣も影響している。全体の作業量と締め切りまでの時間を考慮して、1日でどれくらいやらなきゃ間に合わないのかを計算していた。今も、そう。

先日の某先生の授業でのM1の発表は、すごく面白かった。資料もきちんと整理しているし、専門でない人にも研究内容を理解してもらうために配慮が行き届いていて、かつ、内容が楽しい。某先生も楽しそうに聴いてらした。

*1)必ず註をつけるので、そんなにスピードがでないというのもある。なので、そういうのを一切考えずに書ける文章(メールとかブログとか)は、早く書ける。 







[PR]
by himarayasugi2 | 2017-06-22 09:21 | | Comments(0)

八ヶ岳2017GW  その3

八ヶ岳の記録、最後は食べ物関係を中心に。

基本、朝食と夕食は山荘で食べている。ごくごく普通のご飯。買い物は、到着したときは、そのままオギノで買い物をするが、以後は野菜はびっくり市(とにかく安くて美味しい野菜)とひまわり市場(ちょっと成城石井とか、イカリスーパーっぽくて、お洒落なものも、肉も、刺身も野菜も豊富)で買い物をする。

外食は、いつものお店中心だった。新規開拓した「犬とテラスでお蕎麦がいただける」お店は、時間がなくて行けなかった。次回。

初日は、小淵沢で降りてマジョラムでピッツァ。
c0221299_1094342.jpg
c0221299_1010738.jpg
ここのピッツァは石窯で焼いていて、もっちりしていてとっても美味しい。犬と食事ができるテラスルームがある。他に、飲み物とサラダがついていた。お庭もすごくお洒落な感じ。写真がいまいちだけど、1枚だけ。
c0221299_10113417.jpg
(こういう自然な感じが好き)

去年も行って気に入った点心と香港粥のお店、チーリン;
c0221299_1012357.jpg
(車を降りて、チーリンに向かうケン。←よくよく写真をみたけど、チーリンの近くでなくて、山荘の近くだったかもしれない。)
c0221299_1013446.jpg
(お店の外観。外のテラスで犬と一緒に食事ができる。中もとってもお洒落な素敵なお店。デザートとかも一度食べてみたい。)
c0221299_10154085.jpg
(これが、ランチセットについている中国茶。台湾ウーロン茶っておっしゃていたような。こんな本格的な茶器にランチのお茶も淹れてもらえる。差し湯もポットでついていて、3回楽しめた。大満足。)
c0221299_10172694.jpg
(手作り点心。どれもとっても美味しかった。あと、写真にはないけど、香港粥とデザートがついている。香港粥は海老とかホタテとかたっぷりはいった鶏ガラスープ味で、ピクルス、ザーサイ、ワンタンのあげた皮、生姜などなど、薬味もたっぷりなのだ。デザートは、アンニン豆腐に青りんごのシャーベット。これで税込み1400円。)
c0221299_10191952.jpg
(チーリンの周囲の風景。絵本の中みたいな場所。)

サニーサイドカフェでは2回ランチに行った。ホッケ定食と、あと写真はないけどサーモンサンドイッチセット。ここもテラスで犬と食事ができる。しかもとっても美味しいのだ。
c0221299_1020587.jpg
(これで半身のホッケ230グラム。北海道から直送しているもので、ほんとに厚みがあって、柔らかくて、美味しい)
c0221299_10215036.jpg
(テラスから見える風景)
c0221299_1030983.jpg
c0221299_1022239.jpg
(サニーサイドカフェのすぐ近くにあるカフェ、山栗スタジオ。去年も今年も残念ながら行けなかった。今度こそ行く。営業時間が限定的なので、事前に要チェックだと思う。)
c0221299_10233468.jpg
(サニーサイドカフェの周囲にある家の、アプローチ。ここがお庭の入り口で、家はずーーーーっと歩いたところにある。西の魔女が住んでそうな。このあたりは、自然郷とちがって暖かくて新緑シーズンである。)

一応、萌木の村も行った。ここは人がいっぱい。
c0221299_10261962.jpg
(うしろは、夏にはお花畑になっていると思う。雰囲気のよいお店がたくさん。)
c0221299_1027666.jpg
(オルゴール館の前の広場。犬が沢山いた。)
c0221299_10275329.jpg
(バラや、ハーブの苗を販売しているお店の奥が、ガーデンカフェになっている。犬と一緒でもOK。お孫さんがお手伝いをされていて、とってもかわいかった。お店の人によると6月が一番きれいだから、6月に来てください、とのこと。)
c0221299_10292328.jpg
(こんなかわいい花壇もあった。)

あと、もろもろメモ:
鹿は2回みたけど、写真はとれなかった。1回は、山荘の窓から見えた。雌が2頭、並んで歩いていた。
とにかく乾燥するので、ハンドクリームはマスト
清泉寮のベーカリーの食パン(660円)は高いけど、美味しかった。ただ、耳が固すぎる。
長坂で偶然通りかかったパン屋の、「八ヶ岳食パン」も美味しかった。安いし。
c0221299_10401379.jpg
(地元の人がひっきりなしに出入りしては、パンを買っていた。)

ひまわり市場でしか買えないワインを夫が気に入っていた。すっきりとして美味しかった。
c0221299_10322339.jpg

そのワインと同じ値段のトマトジュースがあった。小瓶(コップ1杯分)を買ってみた。540円!美味しかったけど、このお値段だと買えないかもしれない。

ひまわり市場で買える業務用のヨーグルトが美味しいらしい。次回買う。

月のひるねのシフォンは、変わらず美味しかった。

豆玄で珈琲豆を買って、店頭でも珈琲を飲んだ。
c0221299_10333049.jpg


またしてもトリハタで大量にジャム買った。
c0221299_10341776.jpg
(トリハタジャムクラフトの外観。初めて店主と世間話をした。神戸に2月に旅行で来られたと伺う。)

八ヶ岳高原ロッジのチョコレートに入っている幸せの青い鳥のカードが幸運を運んでくれると店頭のPOPで目にして、買う。いいことがありますように。

ヤツレン、中村農場で、乳製品、卵、ソーセージなどを買う。朝食はゴージャスだった。どこで買ったか忘れたけど、「ぼくじょうプリン」というプリンが美味しかった。

ちょっと残念だったこと:
某店で、「テラスに犬と座れますか?」と訊ねたら、「もちろんでございます、他のお客様の御迷惑にならなければ」と言われる。ややインギンブレイな感じがした。テラスに行ったら、お客は誰もいなくて、店内には飲み終わったグラスの置かれたテーブルに高齢の男性が1人座っていただけだった。お店のものは美味しくなかった。




自然郷は叔母の山荘やら、音楽堂やら、せせらぎの小径などなど毎日激しく歩き回っていた。
c0221299_10385099.jpg
c0221299_10392417.jpg


私と夫は、3階の寝室に寝泊まりしていた。朝起きて、私の場所から一番に目に入るのが、これ。
c0221299_10421673.jpg
(ハチローさんという、八ヶ岳を主題に描き続けている画家の作品。版画かな?母はハチローさんの作品を他にも数点山荘内に飾っている。)

帰りに、清里らへんの橋の展望場所から
c0221299_1044454.jpg
c0221299_10443629.jpg


また来年もどこかで来れますように。〆はやっぱり八ヶ岳の画像で。
c0221299_10452081.jpg


とりあえずこれで八ヶ岳日記はおしまい。おつきあいいただきありがとうございました。








[PR]
by himarayasugi2 | 2017-05-08 10:52 | | Comments(0)

八ヶ岳2017GW その2

ケンを連れての八ヶ岳も4回目となった。今回の滞在で自然郷内以外で訪れた場所は、清泉寮が2回、美し森が1回、萌木の村が1回、で、あとは近辺のお店をウロウロである。清泉寮は、東京時代に叔母と夜にピアノコンサートを聴きに行って以来の訪問である。2回も行ったのは、ケンが気に入っていたので。1回目の訪問のときに、「帰りたくないよ」とダダをこねたのだ。

清泉寮訪問時のあれこれ。
c0221299_1174926.jpg
(清泉寮、つきました。建物は、ヤマネミュージアムだったと思う。)
c0221299_11103250.jpg
(清泉寮内の散歩小道を歩く。妹、夫、ケン、私の縦列隊である。)
c0221299_11114185.jpg
c0221299_11115440.jpg
c0221299_11121537.jpg


森の遊歩道を抜けたときに見えた景色、
c0221299_11131120.jpg
(ハイジとかが似合いそうな風景。人がほとんどいないのだ。)
c0221299_11141524.jpg
c0221299_1116259.jpg
(富士山もくっきり)
c0221299_1117143.jpg
c0221299_11174989.jpg
c0221299_11181385.jpg
(ケンと富士山)
c0221299_11204661.jpg
(清泉寮のソフトクリームは、ジェラートみたいですっきり、さっぱりとした甘さで美味しい。バイトの子が巻いていたのだけど、かなり出来に差があったようなきがする。途中、スタッフの人に変わったら、ものすごくきれいに3重以上の巻きのソフトクリームになっていて、羨ましかった。ケンには、コーンの底に少しクリームを残してあげる。)

美し森は、滞在中1番のお天気になった日に行ってみた。初訪問である。駐車場からかなり急な傾斜を15-20分ほど上ると、富士山、南アルプス、八ヶ岳を同時に見渡せる展望台に到着する。最初、11歳のケン(人間換算で60歳くらい)が上れるのかなと心配だったけど、自分の心配をすべきだった。階段の段差が大きくて、ジーンズみたいな硬い布のボトムスでは、足が上がりにくくて大変だった。ケンは、スイスイと元気よく駆け上がっていた。ケンがこんなにタフだったとは、嬉しい発見である。すごく犬っぽかった。 

c0221299_11193198.jpg
(登り切ったところ。よいお天気だけど、ものすごーく寒かった。登山用の風を通さないジャンパーは必須。)
c0221299_1123837.jpg
(展望台であったボーダーコリー。左目がブルーで、右目が琥珀色のオッドアイがとっても美しい子だった。楽しそうにしていた。)

美し森の展望台からとった南アルプスとか八ヶ岳の写真が、どれかわからなくなってしまった。とりあえず、わかるものをアップ。
c0221299_11245834.jpg
(美し森展望台からの八ヶ岳かどうかわかんないけど、あげとく。)
c0221299_11261145.jpg
(左から、富士山、ミナミアルプス、右端の「8」の方向に見切れているところに八ヶ岳が見える。)
c0221299_11271526.jpg
(富士山)

展望台の奥には短い遊歩道があって、そこを進むと水芭蕉が咲いていた。
c0221299_11284210.jpg
(水芭蕉には興味のないケン)

美し森からの景色は、ほんとに絶景だった。寒かったけど、天気もよかったので、座ってぼんやり山々を眺めている人が多かった。ここは、また行きたい。雪のない山もみたい。

自然郷内の散歩も含めて、1日にものすごく歩いている。朝起きると、太ももとかが張っているのがわかる。

あと1回だけ続く予定。











[PR]
by himarayasugi2 | 2017-05-07 11:34 | | Comments(0)

八ヶ岳2017GW その1

4月28日早朝に出発し、5月5日の早朝まで八ヶ岳の山荘で過ごした。行きも帰りも渋滞にはひっかからなかった。滞在中はお天気に恵まれ、雨に降られたのは1日だけだった。今回の八ヶ岳には、文明の利器、スマホを携帯していったのだが、山荘のある自然郷はほとんどアンテナが立たなくて、山荘内ではネットはほぼ諦め状態であった。夫と妹は果敢にSNSやらメールやらに取り組んでいたのだが、アップロードするときなどは、電波をとらえようとダイニングチェアの上に立ち、両手でタブレットやスマホを高く天井にむけてかかげていた。傍から見ると、新興宗教かなにかの礼拝のようであった。私も、スマホからブログの更新に挑戦してみた。自然郷を出た店の中とか、八ヶ岳高原ロッジの駐車場とか、アンテナの立つ場所で更新した。文章が打ちにくいので、ほとんどメモ程度だけど。

4月28日到着時の八ヶ岳の山荘周辺(標高1600M前後)の気温は、到着時は神戸の3月初旬の寒い時期くらいで、夜の外気温は2度くらい。ずっと暖房が必要。山荘周辺では残雪が見られた。5月も3日ごろから突然気温が上昇し、夜でも暖房がいらなくなった。神戸に5月5日に戻ったら、庭のヤマボウシの花が咲いていて、白モッコウは満開、裏の勝手に生えてきた羽衣ジャスミンも満開になっていた。気温の変化に体がついていかない。小淵沢や清里の辺りは、新緑シーズンを迎えつつあったけれども、自然郷の山荘周辺の木々は、まだ葉が落ちたままのものがほとんどだった。
c0221299_13105033.jpg
(自然郷内では、日当たりのよくない場所にはまだまだ残雪が。)

写真も整理し、ブログにアップできるものもピックアップ済なのだが、時系列だともうぐちゃぐちゃになるから、ケン写真、場所写真、その他(食べ物系とか?)、というザックリとした分類で記録していきたい。なるたけスマホから更新した写真と重ならないようにしたい。

神戸から山荘に向かう途中、ある地点から一気に「八ヶ岳ムード」になる。そのあたりは、こんな感じ。
c0221299_1247770.jpg
(見えてきた、見えてきたと車内は盛り上がる。)
c0221299_12474976.jpg
c0221299_12492012.jpg
(このあたりは、自然郷の近くらへん)
c0221299_12502913.jpg
(この道をまっすぐ走ってしばらくゆくと、自然郷の入り口)
c0221299_1363895.jpg
(360度、視界を遮るものがない場所。自然郷をおりたところにある。撮影スポットとして人気で、よく車が止まっている。)

翌日の朝は、お約束の美鈴池散歩である。美鈴池は山荘から徒歩20分くらいで着く。池は一周400Mらしい。八ヶ岳が大きく見えて、場所の「気」みたいなのもとてもいいのだ。以下、美鈴池のケンとか、原っぱのケンとか。
c0221299_12512566.jpg
(美鈴池到着)
c0221299_12515726.jpg
(妹。このいでたちで、滞在中の日中は自然郷内を野鳥を求めてスナフキンのように歩き回る。水筒とか、食料とかを常に携帯している。今回は、コマドリの撮影に成功していた。)
c0221299_12542241.jpg
(美鈴池を背景にケンを抱っこする妹。)
c0221299_12553283.jpg
(美鈴池で、妹からおやつをもらうケン。妹撮影。)
c0221299_12562354.jpg
(美鈴池とケン。)

どの日か忘れたけど、高原ロッジの近くの誰もいない原っぱで、ロングリードで走るケン。ここからは、似たような写真ばかりが続きます。

c0221299_1257428.jpg
c0221299_1258668.jpg
c0221299_12582636.jpg
c0221299_1258578.jpg
c0221299_12594231.jpg
(ちょっと休憩してから)
c0221299_1302392.jpg
c0221299_1304132.jpg
c0221299_131263.jpg
c0221299_13262.jpg
c0221299_133596.jpg
c0221299_1324067.jpg
c0221299_1333163.jpg
c0221299_1335844.jpg
c0221299_1343456.jpg
c0221299_1352419.jpg


この原っぱは滞在中に2度行った。誰もいなくて、いつも貸し切り状態である。

八ヶ岳シリーズ、明日に続く。









[PR]
by himarayasugi2 | 2017-05-06 13:11 | | Comments(2)

まだ八ヶ岳にいます。

まだ八ヶ岳にいます。明日、早朝出発なので、あまり歩き回らずに自然郷内をウロウロ。

朝は美鈴池へ散歩。
c0221299_15230238.jpg
昼は八ヶ岳高原ロッジ付近の原っぱや、音楽堂、ヒュッテのテラスのウロウロ。
c0221299_15251610.jpg
広い原っぱ。
c0221299_15260601.jpg

人が全然いない。
c0221299_15270966.jpg
ヒュッテのテラスで
c0221299_15275089.jpg

ソフトクリームをいただいて
c0221299_15292603.jpg

ここのソフトクリームよりも清泉寮のソフトクリームのほうがあっさりしていて好き。

神戸に戻ってから画像を整理する予定。

残りのお休みもお天気に恵まれますように。
明日帰ります。



[PR]
by himarayasugi2 | 2017-05-04 15:20 | | Comments(0)

お洒落なところにも行った。

本日も、わりとよい天気。

せせらぎの小径を散歩してからお洒落スポットの萌木の村へ。

せせらぎの小径のケン。
c0221299_13293694.jpg
萌木の村に到着
c0221299_13303256.jpg
お庭の美しいガーデンカフェで休憩。
c0221299_13315222.jpg
c0221299_13323094.jpg

よい連休を。

[PR]
by himarayasugi2 | 2017-05-03 13:25 | | Comments(0)

絶景

本日、滞在中で一番のお天気に恵まれた。
自然郷を午前に出発し、清泉寮、美し森へ。沢山歩く。
c0221299_14472052.jpg
自然郷を出るときに見た八ヶ岳。
c0221299_14483806.jpg
ケンは清泉寮がお気に入り。(画像は水芭蕉のものでした、失礼)
c0221299_14493486.jpg
富士山がくっきり。
c0221299_14501450.jpg
清泉寮のソフトクリーム。
c0221299_14510671.jpg
美し森の山頂で会った、美しいブルーと琥珀色の瞳のボーダーコリー。ケンも頑張って山頂まで歩いた。
c0221299_14534196.jpg
水芭蕉を背景に。
c0221299_14551771.jpg
富士山を背景に。

今、遅いランチ。山荘は電波が届きにくく、店でアップした。
あしたもお天気だといいな。

[PR]
by himarayasugi2 | 2017-05-02 14:42 | | Comments(0)

雨がやんだので

c0221299_15450586.jpg
高原ロッジの近くの広場にケンを連れて行って、走る。
寒いです。明日は晴れるかな。

[PR]
by himarayasugi2 | 2017-05-01 15:43 | | Comments(0)