ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

カテゴリ:雑感( 1615 )

ほぼ夏休み

読んでくださっている方へ、

この夏、珍しく忙しく、なかなかブログの更新の時間が取れません。

またしばらくしたら、いつもの感じに戻れるとは思うのですが、ブログを「ほぼ夏休み」にしたいと思います。下半期は忙しくなるかなと予想していたのですが、予想を少し越えてるような感じです。

ほぼ夏休み」としたのは、たまになにか美味しいものを食べたら、嬉し気にアップしそうだし、不定期に何か書くかなって思うからです。
ブログを書くと、リフレッシュになるから、本当は出来るだけ書きたいのですが。

ケンも、夫も、私も、めっちゃ元気です。ケンが一番元気です。でも、ケンをどこかに連れて行くってことが出来なくて、悪いなぁと思っています。

暑い日が続きますが、体調を崩されぬように、夏をエンジョイしてください。水分補給をお忘れなく。

では!





[PR]
by himarayasugi2 | 2017-07-22 17:08 | 雑感 | Comments(2)

最近のメモ

暑い。梅雨はどこに行ったのだ。もうあけたのか。ゆっくりブログを書く時間があまりないけど、ある程度メモしたいことがたまったので、記録。

夏のドラマが始まっている。今のところ初回を視聴したのは、『ごめん、愛してる』と『過保護のカホコ』で、初回は見逃したので2話を見たのが、『いきものがかり』である。この中だったら、『カホコ』がすごーく面白かった。これは次回も視聴決定である。ドラマでは、かなり極端な過保護を描いているけど、「女子は、働かなくてもいい」と本気で言う親がいるというのは、知っている。だから、どうやってカホコが親から離れて自立してゆくのかすごく興味がある。『ごめん』のほうは、微妙。なんかこう、ありがちで、ベタで昭和な感じがする。『いきものがかり』は、割り切って視聴したら、そこそこ面白いけど。浅野温子が若い。でも、春に比べると全体的に面白くない。他にも今週から始まるものがいくつかあるので、ちょこちょこ視聴予定。『直虎』は、面白いんだけど、あまり視聴率は上がってないのだろうか。いいと思うんだけどな。


芸能:

ハリウッドスターのケンさんの会見を情報番組で編集されたのを見た。フリン発覚してから3か月経っての会見らしい。宮根とかが、えらくケンさんに甘いのにびっくりした。別に私はモラル警察のつもりはないけど、あの会見で「あ、この人、俳優としてはいいと思うけど、素は嫌いかもなぁ」と思ってしまった。基本、自分のことしか考えてない感じだった。奥さんが乳がん闘病中にこれかよって、やっぱり思う。これで仕事が減るとは思わないけど、イメージは確実に下がった。

全く知らないのだけど、マツイカズヨが、すごいことになっているの?母に聞いたら、「毎日、毎日、テレビでやってて、もう疲れた」とのこと。彼女は、やっぱり壊れているらしい。


相撲:

宇良関が、かわいいと我が家でちょっとしたブームである。白鵬との取り組みもテレビの前で応援していた。そして、今日はついに金星を挙げた!かわいい。宇良関応援する。夫が、「宇良は、すごいかわいい。リアル金太郎みたいで、素朴で、応援したくなる」と言っていたけど、同意。


セミ:

羽化したてのセミが、また実家の門扉のところにいたので撮影した。じっとしている。前回は、この状態まで見ることが出来なかったからよかった。このセミは、翌朝はどこかに飛んでいったみたい。元気でね。

下に写真があります。苦手な方はご覧にならないようにお願いします。

c0221299_18540982.jpg



[PR]
by himarayasugi2 | 2017-07-17 18:57 | 雑感 | Comments(0)

リフレッシュ

研究室の後輩Mちゃんが、誘ってくれてランチとお茶をした。Mちゃんは普段は、職場に近い京都に住んでいるのだが、こっちに出て来る用があったらしく、連絡をくれたのだ。嬉しい。

研究室のオフレコ案件で盛り上がる。Mちゃんは、自分の世界が研究室だけだったころ、ケンキュウで行き詰ると、居場所がないような気がしてつらかったけど、働くようになって研究室だけが世界でないんだと気がついてからは、すごく楽になったと話してくれる。今、Mちゃんはものすごく仕事を頑張っていて、研究室だけの住人だったころよりも生き生きしているし、ちょっとふっくらとした。心身両面において健康な感じ。彼女は、今もケンキュウは続けていて、今は論文を準備していて業績を増やすことに前向きだった。

率直に言って、ほとんどの人は、ケンキュウを続けていって学位を取ったとしても、それだけで食べていけない。少なくとも私の周囲では。非常勤日替わりメニュー生活になる人もおれば、数年以内に専任のポストを獲得する人もいる。後者はごくごく少数だ。ケンキュウという梯子が外されたとき、自分の稼ぎで食べてゆく道を探すことを早くから意識している人たちは、就職した途端に、すごく活躍する。ケンキュウの周辺というのは、一般社会とは違う世界だなと、企業でわりと長くキンローしていた私の目には映る。だから、Mちゃんとも話していたのだけど、ケンキュウでたとえうまくいかなくても、人生の終わりではないし、素晴らしい人生は研究室の外にもたくさんあると思う。

私は、ここまで長く研究室にいるとは最初は思っていなかった。狭くて濃い世界は、新鮮だった。なんか、貴重な経験をしているなぁという感じ。年齢も年齢だから、ただ純粋にこの時間を楽しもうとしている。20代の院生からみたら気楽に見えると思うけど。でも、彼らには、あまり思い詰めないで欲しいなとも思っている。

まー、そのようなことも話しながら、普通の噂話などもする。某大学の某先生の話になったとき、「その先生は、お会いしたことないけどそのお立場だったら、年齢もそれなりだよね?」と私がMちゃんに言うと、「そーです、結構なおじさんです」と返ってきた。帰宅後、某大学の某研究室の某先生のサイトを見てみたら、なんと、私よりも5歳年上なだけだった。結構なおじさん、か。るるるー♪。

とても楽しかった。誘ってくれてMちゃん、ありがとう。リフレッシュできたから、また頑張れると思う。今、珍しく忙しい。バタバタなのだ。この私が夏のセールで何も買っていないっていうのが、それを物語っている。なんか、買いたいけど。でも、着てゆく機会がこの夏はあんまりなさそうでもある。はぁ
c0221299_22197.jpg
(ランチコースの一部。サモサ。喋りすぎてこれしか写真がない。熱々で美味しかった。)
c0221299_2215794.jpg
(めちゃくちゃ暑い日だったので、氷でしょ、ということで今年初かき氷。宇治抹茶。抹茶の味がめっちゃ美味しい。)
c0221299_2224957.jpg
(最近のケンちゃんだ。首に巻いている豆絞りは、中に保冷剤を巻き込んだもので、冷え冷えマフラーである。ケンは、すごい元気で、遊ぼう、遊ぼうとよく誘ってくれる。今、ケンが私の最大の癒しである。)
[PR]
by himarayasugi2 | 2017-07-14 22:06 | 雑感 | Comments(0)

セミ

昨日の夜、隣の実家に行く用事があって、実家の門扉の横を通り過ぎようとしたら、つい1時間ほど前にはなかった突起みたいなのがあった。よく見てみると、セミの羽化の真っ最中だった。で、夫に言うとビデオ片手に外に出て来る。私は写真に撮ってみた。はじめてみたセミの羽化、ほんとに、ほんとに一生懸命で、大変そうで、頑張れ、頑張れって応援してしまった。妹にラインで画像を送ったら、ちょっと引かれたみたいだった。

もしかしたらこれは、気持ち悪いと思う人がいるかもしれないので、あらかじめお知らせしておきます。下にスクロールすると、セミの羽化の写真があります。苦手な方はご覧にならないようにしてください。

虫が苦手な方は以下、ご覧にならないように。


























c0221299_18572643.jpg
(ちょうど始まったところみたい、ここからが長かった。頑張れ!)
c0221299_1858899.jpg
(出てきた!)
c0221299_18583477.jpg
(ここからしばらく全然変化がなくて、私は、どんどん蚊に刺されだす、虫よけスプレーを一応したんだけど)
c0221299_18592919.jpg
(このあと、3-40分たって羽化がどうやら終了した模様。でも、撮影はここで断念。晩御飯をまだ食べていなくて、お腹が鳴りだしたのだった。)

本当は、完全にセミになるまで撮影したかった夫と私ではあるが、あまりに蚊に刺されるのと、ものすごく羽化のスピードがゆっくりなため、晩御飯を食べるべく撮影を切り上げた。その後、真夜中近くに2階の窓から見たら、完全に羽化したように見えるセミが、じーっと門扉の柱に停まっているのが見えた(と思う)。朝起きたら、抜け殻だけだったから無事にセミになって飛んでいったのだろう。よかった。あんなに大変だとは知らなかった。7日間だけの地上生活、思いっきり満喫して欲しい。

昨日は、お月様がとても美しくて、それもよいなーと思った。

せっかくだから更新しました。 

[PR]
by himarayasugi2 | 2017-07-11 19:05 | 雑感 | Comments(0)

記録しかできないけど。

珍しくいろいろ忙しくて更新が滞り気味である。日常について考えたことを書きたいところだが、ちょっとそういう時間もないのであったことだけをただ記録しておく。書くことでリラックスできるような気がする。ロンブンとかじゃないし、気が楽だからだと思う。

昨日はエアコン(通称:カバちゃん)をつけたり消したりしていた。就寝時はノーエアコンでもまだ眠れる。ありがたい。今年からリビングにやってきた大きなエアコンのカバちゃんは、結構おしゃべりである。エアコンを消すときは必ず「今日の電気代はX円です」と教えてくれるし、昨日の夕方なんて、稼働中に突然「外気温が室温を下回りました」と言うのであわてて消して、窓を開けて部屋に風を通したのだった。今日は、10時くらいからエアコンを入れているのだが、先ほど「昨日の電気代に近づいています」とまた教えてくれる。今のところエアコンの電気代の最高金額は72円/1日、である。今日は最高金額更新がきそうだ。カバちゃん、有能である。お風呂も食洗機も喋るし、炊飯器は演奏してくれるし、カバちゃんはお喋りだし。最近の家電はよく喋る。

毎日のエクササイズ項目は、起床時はストレッチ、開脚柔軟、ヨガの鳩のポーズをやって、あとあいている時間にラジオ体操の1、2を連続でやるのを1セットと、スクワット50回である。起床時のエクササイズとスクワットは必ずやるのだけど、ラジオ体操は、週に1-2回はさぼったりする。スクワットの50回というのが、結構いいかげんで楽なやりかただったみたいで、ちゃんとゆっくり3秒かけて太ももが地面と平行になるまで腰をおとして、3秒かけてもどすというやり方で50回やったら、翌日筋肉痛になった。太ももの側面が久しぶりの筋肉痛なのだ。なので、ここんところちゃんとしたスクワットをやるようにしている。開脚柔軟は、去年85度くらいしか開かないところから始めて、今は夫によると140度くらいまで開いているらしいので、毎日継続しようと思う。ケンとの散歩は1回が30分かかることが多いけど、ゆっくり歩いているから、エクササイズって感じじゃないのだ。

気温が上昇すると、胃腸の調子が悪くなるので、6月下旬からマヌーカハニーを摂っている。去年の夏はマヌーカハニーで食欲不振を乗り切って、冬は風邪もひかなかった。プラシボ効果でもいいのだ。食欲不振にならず風邪さえひかなければなんだってよい。

夫が昨日、「最近、いいことばかりが続いていて、かえって心配だ」と真剣な顔で言っていた。いいことの内訳は、仕事関係では1つ、プライベートの音楽関係で3つ、交友関係で1つみたい。どれも日常のささやかな「ラッキー」で、これが続いたとしても心配する必要なんてないと思うけど。宝くじで6億円当選したとかだったら、ほんとに心配しちゃうけど。怖くて寄付とかも沢山して、罪悪感を減らそうと必死になるだろうな。貧乏性なので。

ぼちぼち更新します。 











[PR]
by himarayasugi2 | 2017-07-10 13:21 | 雑感 | Comments(0)

日々の記録

とてもバタバタしていて、ゆっくりブログを更新できない感じだけど、日々の記録は残しておきたいなと思っている。で、最近のあれやこれやのメモだけ。

門扉のすぐ横の壁に、昨日の朝はなかったのに、夕方みたらセミの抜け殻があった。そのあと強い雨が降っても壁にひっついたままだった。壁際には少ししか土がないのに、セミがもぐっていたのだ。いつ出てきたんだろうって思う。そしてセミが出てきたその土の上を、先日蛇が走っていくのを目撃する。蛇の忌避剤を買っておかなくては。昨日の夕方は、ヤモリの疾走も目撃する。いろんな生き物がいる。

夏のセールで何も買っていない記録を更新中である。そもそも出かけていく気力がない。暑いか、雨降っているか、なので。ならオンラインショップで何かないかと見てみても、いいなと思うものは全部売り切れていた。オンラインショップは、商品が動くのが早いということを忘れていた。このまま我慢できたらそれに越した事は無い。

XさんとZさんが疎遠になったと聞く。私は2人にとってもう10年以上も会っていないただの知人の1人である。仲が良かった2人が、なぜ疎遠になったのか、についてZさんが急にお金にルーズになったからと噂で耳にした。Xさんと食事に行ったとき「今持ち合わせがないから立て替えといてもらえるか」とZさんは言い出すようになり、後日、「先日のはX円だったから」と言うと、「先日?なんですか?覚えていません」とZさんは言って払わない。そういうことが何度か続き、確信犯だと気づいたXさんは、Zさんと距離を置いたらしい。Xさんがそうするのはもっともなことだと思うのだが、私が不思議なのは、友人を失うことがわかっているのに、なぜZさんが突然そういうことをするようになったのかということだ。急にXさんのことが嫌いになった?いや、ちがう。借金がある?ドラマの見すぎか。

暑くなってきた。

ときどき更新になるかもしれないです。








[PR]
by himarayasugi2 | 2017-07-06 19:39 | 雑感 | Comments(0)

特記事項なし。

スマホを使うようになって71日でちょうど1年になった。相変わらず45日に1度で充電が間に合っている状態で、使いこなしているとは言い難いが、研究室では妙に目立つこともなくなったのでそれはよかったと思う。やはり、ラインをやっていないと、連絡事項が「別途」メールとかになり、一斉連絡の際に幹事の手間を増やしてしまう。特にゼミ関係において、ラインは重要なコミュニケーションツールで、フォーマルじゃない業務連絡(飲み会、ただのおしゃべり、ちょっと確認したいこと)は全てラインでやってくるので、ほぼ「必須」である。とはいっても、普段はほんとにラインと出先でのGメールの確認と通話、くらいしか使っていないのだけど、最近スマホにしておいてよかったーということがあった。

実は先週の金曜日から、ずーっとネット回線が不安定であった。インターネットアクセスが頻繁に切れて、しばらく復活しないということが続いていて、電源切って再起動という技も効かず、途方にくれていた。これはプロバイダーの障害かなと、スマホで検索したら、やっぱりそうで、そこにはそのプロバイダーに対する不満の書き込みであふれていた。私はその日、ファイルを先生に送らないといけなくて、それが出来そうもなかったのでとりあえずスマホからGメールでその旨を連絡する。スマホ、役に立つわー。

パソコンのネットアクセスがこけたときに、バックアップとしてスマホがあるというのが、こんなに心強いとは思わなかった。逆に言えば、私は無意識にかなりネットに依存しているということだと思う。このプロバイダーはあまりに障害が多いので、そろそろ変え時かなぁと思案中。



情報交差点としての美容院:

母が最近行き出した美容院は、わりと大きなお店ということもあって、いろんなところから情報が集まる。で、今朝、「近所のヤブ医者」について母が美容院で収集してきた情報を共有した。整形外科のA、内科のB、内科のCがその美容院とその顧客の間で共有されているヤブ医者なんだそう。さすが、情報が正確だと思った。私は全てかかったことがあって、現在それらの病院には近づいていない。特にACは「こ、これはっ大丈夫か!」と思った。Cは実家でもだいぶ前に危ない病院と見られていて、その美容院でもCについては危険度マックスという位置づけだった。Cでは示談で処理された案件があって、美容院ではその情報も共有されていた。他にも、内科DEも近所のNが「あそこはあかんよ」と言っていたし。じゃあ、ちょっと風邪ひいたらどこに行けばいいんじゃと思うのだが、その場合に行っても安全な病院として、母は2つよい病院を教えてもらっていた。今度私も何かあったらそこに行こう。ちょっと遠いけど、行けない距離ではない。


あと、調剤薬局も病院情報は充実していて、以前母も、そこの薬剤師によい病院と悪い病院を具体的に教えてもらっていて、今回美容院で教えてもらったよい病院も同じだったので、信頼できる情報源だと思った。

これぞ「梅雨」という空が続いている。でも意外にエアコン要らずである。窓さえ開けておけば、日は差してこないから扇風機でしのげるのだ。太陽が出てくると、エアコンがないとだめだけど。


[PR]
by himarayasugi2 | 2017-07-05 09:20 | 雑感 | Comments(2)

犬は悪くない。

先日、夕方散歩の途中で駅から戻られるご近所犬友のKさんの奥様と会った。Kさんの家は、我が家の斜めむかえである。Kさん、ケン、私は、ゆっくりと坂道を上りながらお話をする。ケンはKさんの奥さんのことは知っていて、ちょっと笑いかけてから、奥さんに甘えたりする。Kさんのおうちの白柴ちゃんは、数年前に散歩途中に飛び出してきた大きな犬に噛まれて大怪我をして以来、犬が大嫌いになった。きっとまだ怖いのだと思う。ほんとにかわいそうに。

その白柴ちゃんに怪我を負わせた犬は、お庭で放し飼いにされていて、飼い主が門扉をちゃんと閉めていなかったために、飛び出して散歩中の白柴ちゃんを襲ったのだ。Kさんの奥さんは声をひそめて「うちの犬だけじゃないのよ、うちのが怪我させられる前にはすぐ近所の私の知り合いの犬が噛まれて、うちの犬の事件のあとにも、近所の私の別の知り合いの犬が噛まれたのよ」と教えてくれる。いずれも飼い主が門扉をきちんと閉めていなかったために犬が飛び出して襲ったのだ。白柴ちゃんの怪我は、全治3か月近かった。しばらくはちゃんと歩けなかったし、とても痛々しい様子だった。私が驚いたのは、飼い主が少なくとも3回は門扉を閉め忘れているということである。飼い主は全く学習していないと言わざるを得ない。

Kさんの奥さんは、あの通りは散歩で行かないようにと注意してくれたけど、問題の家がどれかはあえて黙っていらした。先方を特定して悪く言いたくなかったのだろう。普通の飼い主だったら、一度でもよその犬に大怪我をさせたなら、絶対に注意して門扉をしっかりとしめておくと思うのに、この飼い主は学習をしないというのもそうだけど、少し変な人じゃないかと思いかけたとき、ふと1人の顔が浮かんだ。

「あのう、その飼い主は、もしかしたらその通りにあるX色の壁のお家の方じゃないですか」とKさんに訊ねると、「そうよ。どうしてわかったの?」とKさん。実は、1度、ケンと散歩をしていたときに、道幅の狭いところをその犬を連れた飼い主とすれ違ったことがある。犬は、大きくてぐいぐい飼い主をひっぱっていて、リードは長く、一直線にケンのほうにむかってきたのだ。私はケンのリードを短くして、ケンを奥に私がケンの前に立つようにして、立ち止まった。このまま先にその大きな犬を行かせようとしたのだ。

普通の飼い主であれば、こちらの意図がすぐわかる。先に道を通してもらうということなので、すれ違うときに軽く会釈して(こちらも会釈する)、犬のリードは相手の犬に届かぬように短くし、犬同士が近づかないように配慮して足早にすれ違う。ところが、その飼い主はまるで私とケンが見えていないかのように、リードは長いまま、犬の好きなようにさせて、まったく犬を制御しない。で、ケンは大きな犬がすごい勢いで来るから、ウーウー唸り始めるし、私は、この飼い主が全くこちらに配慮する気がないことがわかって、ケンを危険な目に合わせないようにどうしたらいいか、ちょっと慌てたのだ。咄嗟に「すいませんが、リードを短くしていただけますか」と声をかけたのだが、無視された(これホント)。私が限界まで道の端っこにケンと逃げて、間一髪でその荒くれものの犬からケンを遠ざけたのだ。その無視をした飼い主は、アラフォーの女性である。なんかこう、1人だけ違う世界に生きているような、他人の声が全く聞こえていないような、私とケンのことも全く視界に入っていないような、そんな様子だった。会話が成り立たない感じ。すごく素敵な家に住んでいらして、本人も森口瑤子に似ていて、きれいな顔立ちで。

Kさんの奥さんも同じことを感じていたようだった。私が「周囲に無頓着な感じの人だったんです」というと、否定しなかった。Kさんは詳しくお話されなかったけれども、その様子から先方の態度について疑問をお持ちだということが窺われた。また同じことを絶対にやるんじゃないかと(すでに被害者が新たに出ているかもしれない)、口に出しては言わなかったけど、私は思っていて、Kさんもおそらく同じお考えだと思う。犬のことがなくても、関わりたくない、そうこちらが考えるような人である。Kさんも私も、犬は悪くないと思っている。問題なのは飼い主だ。

夏のイベントがぼちぼち入る。ゼミ関係もなんかあるみたいだし、こういうイベントを楽しみにして、やることをどんどんやっていかなくては。夏バテしないように、数日前から、マヌカハニーを摂取し始めた。








[PR]
by himarayasugi2 | 2017-06-30 09:26 | 雑感 | Comments(0)

わりとよくある1日

午後から雨だというから、濡れてもダメージの少ない装いをチョイスした。リネンのカットソー、デニム、靴下、(レインブーツ代わりの)ブランドストーンのサイドゴアブーツ、ナイロンのリュック、折り畳み傘を入れて日傘はなし……である。が、大学の行きかえり、1滴も降らないどころか、めっちゃ晴れてて、日傘なしでは、かなりきつかった。むっとするような湿気と30度近い気温で、ブーツを履いたことを後悔する。どうしてこうなるのだ。先日も同じことを書いた気がする。

今書きまくっているものを、書けたところまで持ってくるように言われていた。原稿を某先生の時間にみんなで見てもらう。某先生が読むように言われた文献も内容に反映させているけど、これでいいのだろうかと不安だった(というか、雷落とされるんとちゃうかと戦々恐々だった)。が、意外と内容がよかったみたいで、めったにでない「いいでしょう、これで、このまま書き進めて」(by某先生)をいただき、ほっとする。授業後、Iちゃんが文章のわかりやすさをえらく褒めてくれた。嬉しい。6月最大の山場はこれで終わり。が、年内は山場が何ダースもある。やるのみ。ときどき息抜きをしないと滅入る。

地元の駅を降りて、普段はめったに歩かない道を歩いてみた。なんか、「テナント募集」の貼り紙が目につく。軒並み閉店しているのだ。駅からすぐなのに、なぜこちらの通りは閑散としていて、あちらの通りはにぎわっているのだろう。ついでにもっと歩かない道を歩いてみたら、マンションの花壇のところに小さな看板があった。記憶をもとに再現。

「お散歩に行くときは、ウンチ袋とペットボトルの水を人間に持たせてください」

これ、犬にあてたメッセージなのだ。こういうユーモア、好き。きっと、こんなに手入れされた美しい花壇にオシッコさせる飼い主がいて、迷惑されているんだろうなと思う。犬は、ニオイを嗅いだところにオシッコをかける確率がかなり高いので、よそ様の玄関前とか、花壇とかでは、そもそも立ち止まらせてはいけないと思う。この看板を書いた人(マンションの管理組合だった)は、花壇にオシッコさせても平気な飼い主には、何を言っても無駄だと思って犬宛にメッセージを書いた体を装いつつ、「こんな飼い主よか、犬のほうがよっぽど賢い」と皮肉っているのだろう。そのとおりだと思う。うちの家の斜め前にもうすぐ家が建つ更地があるのだけど、その更地の縁石に連日ウンチを放置している飼い主がいる。小さなウンチだから、小型犬だ。そこにそういう貼り紙をしてみようかな。

「あなたが連れている人間に、ウンチを拾うように指導してください」とかなんとか。

帰宅後、ケンと散歩に出る。ものすごいゆっくりと歩くケン。ゆっくりすぎてこけそうになる。そこを、ウォーキングで通りかかった70代半ばくらいのシャキーンとした女性が、「ずいぶん、ゆっくりねー!」とケンに笑いかけて追い越していった。

重い荷物を持って歩いたから、ほんとに疲れた。


土曜日に、『ブランケッツ・キャット』というドラマが始まった。初回を見た。いい感じ。矢野顕子の曲がすごーーーくいい。 
[PR]
by himarayasugi2 | 2017-06-27 18:10 | 雑感 | Comments(0)

日曜の作業の記録だけ

草屋根が雑草でえらいことになっているので、草むしりを行う。実は、いつから屋根に上っていないか覚えてないくらい、ここんとこ遠ざかっていた。梅雨が明けたら毎日水遣りに上るのだけど、それ以外の期間はもうね、上がることもなく放置していた。草ぼうぼうと思っていた屋根は、そうでもなかった。というか、先週まったく雨が降らなかったので、枯れている草が目立つ。クローバーとか、完全に枯れていたし。夫が先に上ったので、彼の背中に「とにかく目につくものから先に抜きはじめておいて」と声をかけて、軍手をはめて少し遅れて上ると、夫が「なんやこれ、目立つなー」とバンバン抜いている。みると、わざわざ種をまいたコスモスだった!

「ちょっとー、それコスモスよ!やめてよ!」と屋根の上で激オコの私である。毎年コスモスは花を咲かせるのに、なぜ覚えないんだ、夫。コスモスから離れろ!と怒り、夫をコスモスとかお花が咲くエリアから追放し、夫の抜いたコスモスをなんとか抜いた穴にいれて蘇生を試みるも、多分ダメ。

機嫌を直して草むしりを続けると、なんと、百合の茎を確認する。毎年、実家の庭で自生する百合の種を屋根に撒いていたのだけど、1本も生えなかった。4年目でやっと百合が屋根に根付いてくれた。嬉しい。数えたら5本あった。このまま無事に咲きますように。夫が抜きませんように。夫には、百合を絶対に抜かないようにと、レクチャーしておいた。心配だけど。

雑草の量は、45リットルのゴミ袋3杯だった。1時間半くらい大人2人での作業である。曇ってはいたが、汗びっしょりになった。

写真はなし。咲き始めたらまた撮影するかも。
暑い。でも、まだエアコンなしで耐えられる。梅雨が明けると、怖いくらい暑くなるのだ。 






[PR]
by himarayasugi2 | 2017-06-26 13:13 | 雑感 | Comments(0)