ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

雨ばかりだし、とても寒いこのごろ。

気がつけばブログの更新が1週間以上もあいていた。これ以上書かないでいると、戻り辛くなりそうなので、ちょっと時間ができたので久しぶりに書こう。

忙しいのは、ケンキュウのせいなのだ。ちょっと気を引き締めてやらないといけない案件にずーっと取り組んでいて、今、まさに「カキョー」…のはず。過去、先輩方がこの案件に取り組んでいたときは、みな家に籠っていて、というか、周囲から「とにかく学校に来なくていいから、家に籠ってやりなさい!」と言われて、数か月姿を見せないのが通例である。だから私もきっと先生や先輩方から「ゼミとか研究室とか授業とかに顔を見せなくていいから、しばらく家に籠りなさい」って言ってもらえるのだろうと期待していた。なのに、誰も私にはそんなこと言ってくれない。某先生の発表ローテーションにもしっかり入れられてるし。来週はゼミ発表も当たっているし、しかも、ゼミ先生に「11月のゼミコンの店、探しといて」って言われている。私、ゼミコン行くんだ。つーか、「カキョー」なのに飲み会の幹事もやるの?  籠らなくてもいいんですか?

そういうわけで今日も家に籠ることなくゼミに出席した。ゼミ前に研究室でうだうだしていたら、修士を出て社会人となった1年上の先輩がスーツにネクタイで訪ねてきた。懐かしい。最初、ちょっと誰かわからなかった。最後に彼を見たときは、紫のシルクに薔薇の大きなプリント柄のあるロックスターが着るようなシャツをはだけて歌っていた。まさかこの先輩にスーツにネクタイを着るときが来るとは。彼は、革のカードケースから名刺を出して、「今、こんな仕事しているんです」と誇らしげに説明してくれた。

籠ってはいないけど、相変わらずしんどい日々。早くこの苦しみが終わらないだろうか。頑張るけど。


秋のドラマが続々と始まっている。今まで初回を視た中での感想など。

『奥様は取り扱い注意』は、3回目まで視聴したけど、なんかモヤモヤする。最後に綾瀬はるかが、アクションでばしっと解決するのはOKだし、西島秀俊は、かっこいいしOKなんだけど。でも、ドラマ全体を見たら、女性に対するミソジニーが結構あるなーと。まー、こういうドラマなんだろうけど。文句いいつつも視聴している。

『相棒』昨日の初回を視聴した。うーん、初回でこんなにつまらなかったのは初めてかもしれない。2時間ドラマ時代からずっと『相棒』視聴を継続してきたけど、この継続記録が途絶えそうな予感が……。

『今からあなたを脅迫』は、初回は全部リタイアせずに視聴した。そのうえで、2回目以降の視聴はないかも。ディーン・フジオカを使っても、ダメなものはダメだ。

『陸王』は、次回も視聴する。はっきりいって『半沢直樹』を越えることはないだろし、過剰に類型化された登場人物が、「いかにもやりそうな」言動を披露するのだけど、それに少々お腹いっぱい。夫が見るから、たぶん横で見ていると思う。

『刑事ゆがみ』は、今期1番面白いと思った。今から第2回目を視聴するけど、初回は面白かった。視聴率は悪いかもしれないけど、私は、こういう刑事ものは好き。犯罪を表面的に描かず、ちゃんと人間を描いているから。

『直虎』は、大人になった虎松が苦手で、ついに先週は視聴しなかった。次、どうしようか。

忙しいのに、えらいテレビばっかり見ているやん、というつっこみはなしで。
ゼミ関係と研究室関係以外は、あまり外出が出来ずにテレビくらいしか楽しみがないのだ。でも、『ブレードランナー』の続編は見たい。 







[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-10-19 20:46 | 雑感 | Comments(0)

ブログに現実逃避

暑い。今、2階リビングの室温は、30度!

タンクトップに素足である。湿度が低いからまだ耐えられるけど、だんだん「秋」の時間が短くなっている。意地でもエアコンはつけない。夏の暑いのから、いきなり寒くなるというパターンになりそう。セーターとか手に取る気が起こらない。

先日、父の友人が来てくれて、昔話などをたっぷり3時間して帰られた。最初こそ父の思い出話だったけど、途中からは自分の自慢話になって(どうしてこうなったんだろ)、母、私、夫の3人でほぼ「傾聴ボランティア」状態であった。この言葉は、Tおばさんに教えてもらった。Tおばさんによると、「傾聴ボランティア」は3時間が限界というのが通説らしい。その父の友人がもってきてくれたお花。
c0221299_10575130.jpg

立派なカサブランカである。これは、もってきてくださった日には、全部蕾だった。1週間から10日かけてこうなった。これ、実はたった3本なのだ。1本に5-6個も花がついているのだ。香りが強くて、実家に入った瞬間からすぐにわかる。

Tおばさんが買い物の帰りに実家に寄ってくれた。Tおばさんの家のジョニー(トイプー、16歳)も一緒。ジョニーは、目も見えるし、耳も大丈夫。元気な16歳で、いつも堂々としている。ケンとなんとかツーショットを撮る。微妙に目をあわさない二人である。
c0221299_105899.jpg
(実家にて。ちょっと後ろにごちゃごちゃと書類の入った箱があるのは、見逃してくだせえ。)

そのケン、だいぶ雑草が刈とられた実家の庭でクンクン。むっちりお尻。
c0221299_10584946.jpg
(ケンはめっちゃ元気。)

録画していた将棋の藤井四段の『NHKスペシャル』を視聴した。

14歳とは思えない。

彼のように、打ち込めるものがあって、その打ち込んでいるものからも愛され、選ばれている人というのは、独特のオーラがあると思う。その人の周りの空気が澄んでいる感じ。体操の白井選手とか、浅田真央さんとかもそう。同じタイプの人だと思う。彼らはみな、テレビ越しでも「澄み切った空気」をまとっているのがわかる。この録画はしばらく置いておこう。また見返そう。

世界体操、日本の体操が男子だけでなく女子も強いことを知った。種目別床運動で金メダルを獲得した村上選手は、体の中にバネが仕込まれているのかと思うほど。ものすごい躍動感だ。

藤井四段のお母さまも、村上選手のお母さまも、めっちゃ若いことにショックである。ひょー、お母さまたち、おいくつなんでしょ。今後は、活躍する選手のおばあさまと同い年とかになりそうで、競技とは別のところでドキドキするこの頃である。

やることいっぱいあって、発狂しそうだなのに、ブログに逃避してしまった。










[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-10-11 11:03 | 雑感 | Comments(0)

25年

明日、10月10日で結婚25周年となる。銀婚式というのを迎えるわけである。前倒して、昨日はお祝いのご飯を食べに行った。最初の乾杯こそ、「おめでとう」などと結婚記念日っぽいことをするも、食事中の会話は、別にわざわざこの席でするほどの話でもないような、日常感あふれるものであった。

25年なんて、あっという間である。今でも、結婚2-3年目で暮らした荻窪生活の延長みたいな感覚である。結婚してから6都市で6軒の家に住み、旅行もしたし、いろんなところに行って、それぞれで思い出もある。東京や横浜に住めてよかった、楽しかった。当時は、ブログもSNSもやっていないから、写真の整理もいいかげんで、それがもったいないけど。今から別の都市への引っ越しの可能性は(介護付き有料老人ホーム的なところに移る以外は)ほぼゼロで、この坂道の家が今のところは終の棲家になる。ここに住むようになって10年たち、結婚以来、一か所にこんなに長い間住むのは初めてである。そのおかげで、私は大学院に進学できたし、ケンを引き取ることもできた。今からだって、なにか新しいことを始めたい。

夫の両親も私の両親も金婚式は迎えているので、私たちも迎えられるように、いろいろ気をつけたい。

で、お祝いのご飯は食べに行ったけど、記念に何かを買うとか、そういうことは全くやっていない。25周年に合わせるかのように、結婚するときに作ったソファのスプリングが壊れてしまい、その張り替え修理代にまとまったお金が出てゆくのだ。あと、実家の密林みたいな庭を1日でなんとか歩けるようにしてくれた植木屋さんにこちらの庭も頼もうかと思っていて(造園ではなく、剪定と草むしりなんだけど)、それもそこそこかかるし。必要なものにお金がかかりすぎるので、記念に素敵なものを買うといったイベントは自粛した。今年の夏には父も亡くなっているし。

亡くなった父の叔父夫婦(二人ともアラナイン)には、子供がいない。自営業だったのだが、阪神大震災後もしばらく営業を続けるも、おそらく今世紀に入ってしばらくしてから引退している。二人とも元気で、今は戸建てを出てケア付きマンションに入っているとのこと。未亡人で同じく子供のいない父の叔母(その叔父の姉)も95歳で、近くの施設に入所しているらしい。私も85歳をすぎたら、二人でそれもいいかなぁって思っている。それまで二人とも元気でいることが目標だ。

ちょっと先のことを考えたりもしたのだった。

美味しいと人に勧められたお店に食べに行った。普段、私たちがセレクトしなさそうな格調高い、正統派の、シャンデリアキラキラで、絨毯ふかふかで、壁紙に柄がはいって、ロココ調の椅子で、油彩画をかけていて、ソムリエが2人、フロアが2人もいる大きなお店である。接客はとても感じがよくて、東京横浜時代によく通っていたお店の接客に並ぶ感じ(それまで、この店の接客を越える店はなかった、その店は小さなお店だった)。お料理は、「ザ・正統派」で、肉料理に「豚」も「鶏」もなく、代わりに「ジビエ」と「子羊」と「和牛」といった文字が並んでいた。美味しかったけど、好みとしてはもう少し新しいものに挑戦する感じがあってもよかったかなぁ(生意気言ってすいません)。私は、ちょっとエッジが立ったようなのが好きみたい、でも、立ち過ぎは苦手(仕掛けが多すぎるものとか、盛り付けがジオラマみたいなのとかは、苦手)。

少しだけ写真を。
c0221299_10154056.jpg
(夫が選んだ肉料理は鶉。チリメンキャベツで包んだもの。切り分ける前に「お写真を撮られますか?」と見せてくださった。濃厚な味。遠目にはバームクーヘンの上に抹茶アイスみたいに見えた。)
c0221299_10173820.jpg
(メインデザートで、私が選んだのは、モンブラン。マロンクリームの中に、栗とパッションフルーツのソースが詰まっている。もう少し大きければ嬉しい。)

デザートは、全部でお茶菓子もいれて3つもあって、すごかった。チーズもいただいた。チーズはすごいチーズワゴンがやってきて、夫はあれもこれも珍しいものを盛ってもらっていたけど、私は外国産のチーズに混じって唯一あった国産の「弓削牧場」のチーズを少し切ってもらった。めっちゃ美味しい。同じく弓削牧場の「夏のハチミツ」も添えてもらう。これも、ものすごーく美味しかった。

お店は大阪にある。昔、4か月ほどプロジェクトに参加した会社のすぐ近くである。懐かしかった。
帰りは、歩いて梅田まで。
c0221299_1022273.jpg
c0221299_10224070.jpg
(ライトアップされていてきれかった。昼よりも夜のほうがいいよね)








[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-10-09 10:25 | 雑感 | Comments(6)

事件でした。

昨日の夕方、「ぶー、ぶぶぶぶぶぶぶぶー」と、機械が狂ったような音が突然部屋に響く。ケンはシンセサイザーとか、電話の音、インターフォンのような「メロディーのない音」には敏感で(音楽とかテレビとかはいいのだ)、すぐさまその機械音に反応し、吠えて教えてくれる、「なんか怪しいぞ」と。音の発信源はすぐに特定できた。私のスマホである。慌ててスマホを見ると、妹からスタンプが連続で大量に送られてきているのだ。なにかあったのか?

スタンプは、母と妹と私のライングループ「family」に集中して送られている。その時点で99個送られてきていた。そうしているうちに、次から次へとスタンプが送られてきていて、「ぶぶぶぶぶぶ」とスマホが鳴りっぱなしである。ラインを開いてみると、目に飛び込んできたのは柴犬が「マズイことが起こった」と頭を抱えているスタンプが画面にいくつも並んでいる。かと思えば、急に「グッドジョブ」というスタンプがまた連続で並びだすのだ。これはおかしい。すぐに妹の自宅の電話と、Gメールと、携帯に「なんかあんたのラインがおかしなことになっている、すぐに見て!」と連絡をいれる。

妹からのスタンプはその間も送られ続けていて、あまりに音がうるさいので、ラインを開きっぱなしにしておく。しばらくして、妹から「事故みたいだ」とラインのメッセージがあって、「ぶぶぶぶぶ」というスタンプ大量受信はおさまった。送られてきている間も削除しまくっていたので、正確な数は把握できていないが、少なくとも600以上のスタンプがそのラインのグループに送信されていた。妹がよく使うスタンプのうち10種類くらいが、連続で画面に大量に流れる図は、音の不気味さとの相乗効果もあってちょっとしたホラーだった。

スタンプが大量に送信されていたその時間、妹は、仕事を終えて現場で一緒だった人と話をしながら帰っているところだったらしい。その日は、ラインを立ち上げてもいなくて、スマホをいじっていたわけでもないのに、なぜこんなことが起こったのかいまだ原因はわからない。私もちょっとネットで検索したけれども、ラインのバグである可能性もあるという記述を見つけたくらいで、はっきりしない。

さぞ母親は怖かっただろうと思ったら、母は連続で送られてきた脈絡のないスタンプに対して真面目に「どういう意味?今日はお姉ちゃんと三宮にいって用事を済ませたけど」などと返事をしていて笑ってしまった。

でもこれ、私のラインでも起こる可能性もあるし、でもどういう対策を取ったらいいのかもわからなくて、ちょっと怖い。










[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-10-07 09:26 | 雑感 | Comments(0)

平和なので特記事項もなく。

平和で事件のない日々である。

昨日の夕方、ケンと外壁塗装をしているお家の近くを散歩で通った。付近には、業者の車が数台駐車してあった。現場から、小柄で、ブルゾンちえみメークで、金髪で、黒い長袖のTシャツにグレーのニッカポッカと呼ばれる作業着ズボンを履いた20代後半くらいの女性が出てきた。何かを取りに車に戻るようだった。黒の軽のミニバンに彼女が駆け寄っていく。真っ黒のスモークガラスで、後ろ黒いガラス窓の中央に、巨大な白の髑髏のステッカーが貼ってあった。ポリシーを感じた。

ブルゾンちえみ、最初は「ぜーんぜん、面白くないやん、なんで売れてんの」って思っていたのだが、高畑充希のCMでのモノマネを見て、結構はまってしまった。笑うことはないのだけど、なんかわからんけど面白い。夫も同じことを言っていた。「おもんないけど(面白くないけれど)、みてまうわ(見てしまうわ)(←翻訳しないといけないほどでもないけど)」と言う。で、私は唐突に「ダメウーマン!」と叫んではスッキリしている。彼女のマラソンとか、1秒も見ていないけど。ああいう番組も苦手だし、そこで走るっていうのも意味不明だ。


秋ドラマ:

『奥様は取り扱い注意』初回を視聴した。これは、来週も視聴する。綾瀬はるか版の水戸黄門みたい。途中のセリフとか、舞台セットとかは、B級ドラマっぽいけど、腹立つ相手を綾瀬はるかが、最後にシバいてくれるのでそこが楽しみ。最初、西島秀俊をどうして、こういう出番の少ない(誰が演じても問題なさそうな)役にしたんだろう、もったいないと思ったのだが、視聴し終わってから、「西島秀俊も、工作員とか、外事警察とか、あるいは公安(MOZU)なんじゃないか」と疑念がわいてきた。そうでないと、西島秀俊をキャスティングした意味がない。そういえば、オープニングの綾瀬はるかのモノローグで、「合コンに来るような男は、私が5秒で倒せるような弱い男ばかり、ここは私が来る場所ではなかった」とある。その彼女が合コンで西島秀俊に一目ぼれしたという事実は、西島秀俊は、少なくとも「綾瀬はるかが5秒では倒せない=強い」、ということを意味しているのではなかろうか。でもって、西島秀俊も綾瀬はるかに「ここは、君の来るような場所じゃない」って言っていて、そこも意味深だなと。それに、西島秀俊が身寄りのいない設定というのも、偶然にしては出来過ぎ。主人公の夫の設定として、必然性がない。やはり、「西島秀俊=工作員or類似の職業の人説」は、結構あたっていると思う。

『わろてんか』
ちょっと視聴している。NHK大阪製作だから。まだなんとも言えない。








[PR]
# by himarayasugi2 | 2017-10-05 13:59 | 雑感 | Comments(0)