ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

周回遅れで購入したもの

世の中から7周以上の周回遅れだと思うが、今年にはいり有名なストウブを購入した。色は黒、直径20センチのラウンドタイプである。ネットで並行輸入しているお店から、出来る限り安く購入した(つもり)。ストウブの評判は雑誌やネットでよく見聞きしていたけど手を出さなかった理由として、普通の鍋よりも高いし、手にしたところでお料理が上手くなるわけでなし、と思っていたから。錦織選手と同じラケットを使ったからといって4回戦ガールが急に試合に勝てるようになるわけでなし、ドレミしか弾けない人がシュタインウェイを買ったところで、リヒテルになれるわけでもない。ストウブも同じ文脈にあると考えていたからだ。

でも、クックパッドでも「ストウブ」を入れるだけで1800近いレシピがヒットするくらい認知されていることを知る。あら、結構、一般的なツールなんだろうかと。寒くなると煮物の登場が増える我が家としては、やはり魅力的である。ストウブは、「錦織選手のラケット」ほど使い手を選ばないのかなぁと思い始め、そうなると気になっていろいろリサーチすること数か月。夫は百貨店に出向いて、よく出るサイズとか、ル・クルーゼとの違いとかを店員さんに訊ねたりもする。ご飯も炊けるみたいだし、いろいろ考えた結果、大きすぎず小さすぎずのサイズにし(重いのだ)、色は鉄のフライパンやステンレスの他の鍋と喧嘩しない黒にした。

何度か使ってみて、ストウブは、私のような、結婚25年目をすぎ、まだ煮物を普通に失敗することがあるレベルの人の技術不足を補うツールだということを実感する。どういうレベルの人が使っても、その人比で、同じメニューが美味しくできるようになると思う。料理研究家が使えば、美味しいものはますます美味しくなるだろうし、それなりの人が使っても、それなり以上の出来栄えになる。それを確信したのは、肉じゃがを作ったときである。とにかくジャガイモがすごく美味しいのだ。まんべんなく「ほっくほく」で、味が濃くて、ぎゅっとつまっている。蓋してほっておけばいいから楽ちんで、テクニック不要。水が不要なので、水臭くならない。ストウブの蓋の内側には、イボイボがついていて、水蒸気がこれにあたると水に変化して、そのまま鍋の中に戻る仕組み?蓋をあけると、ぽたぽたと水が垂れているので、そういうことかと理解している。白菜と豚バラの重ね蒸しとか、ジャガイモとチキンの蒸し焼きとかも美味しくできた。ただ、白菜と豚バラは、土鍋のほうがいつまでも熱々で、これに関しては土鍋に軍配があがるけど。

そんな感じで、ちょっと楽しい。


今朝も寒かった:
実家の庭の鉢の今朝の様子。たてかけてある氷は、24時間前に私が取り出したものだけど、まったく溶けてない。そして鉢の水はまたしてもカッチカチに凍っている。
c0221299_9291515.jpg
(昨日の氷の厚さを見よ。全然溶けてない。)
c0221299_930024.jpg
(今朝の鉢の氷は、昨日に比べたら薄い。)

近所の小さな姉妹が、お母さんと一緒に家を出るところをケンと前を通りかかった。女の子の1人が私に「全然寒くないよ!」と言ってニッコリ笑うと、もう1人も「寒くないね!」とニッコリ。すると、お母さんが「寒いよー、なに言ってるのー」と笑ってこっちを見た。子供は元気だ。







[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-01-26 09:33 | モノ | Comments(0)

特記事項なし。寒い。

太陽が出ていて、青空が見えているが、ものすごく寒い。実家の庭においている鉢の水は、完全に凍っていて、氷の厚みは指の第一関節くらい、2センチ近い。朝6時に2階の床暖房がつくようにタイマーをかけているのだが、7時の段階でも室温15℃。これは、今期最低である。

最近思うのは、ベッドの枕元に置くものが増えたなぁということ。目覚まし時計は普通として、テニスボール(朝起きるときに肩が痛かったら、腋に挟んでストレッチするため)、ハンドクリーム、鼻呼吸テープ(口元に貼って口呼吸を防ぎ、鼻呼吸するため)、マスクの箱(喉の乾燥を防ぐ)、万歩計(気が向いたらつける)、緊急ボタンの受信機(送信機は隣の実家の母が持っていて、ほんとに緊急のときに母が押すと我が家の受信機が点滅して大きな音が出るのだ、まだ鳴ったことないけど)、エアコンのリモコン、こむら返りのときに飲む薬(起き抜けにたまにふくらはぎとか、土踏まずがつる、水無しで飲めるものと、水がいるものがある)などが、寝たまま手が届くところにずらりと並んでいる。そういうグッズが年々増えている。あー、年齢ですかね。

でも、スマホは2階に置きっぱなし。一応、寝室に子機を置いているからいいかなと。

『& Premium』の最新号を買ってしまった。いろいろなお部屋が紹介されているのだけど、すべての部屋が、初めて見る部屋だった。だいたい雑誌のインテリア特集は、同じ人の物件が何度も複数の雑誌で取り上げられていることが多くて、既視感ありまくりなので、めったに買わないのだが、今回はちがった。妙に断捨離に走ったミニマリストの部屋でもなかった。センスのよい、でも華美ではない素敵なお部屋ばかりだった。ほとんどの部屋が小さな部屋というのもいい。やっぱり、気に入ったものだけを持とう。モノが増えるのは、絞り込めないからであるし、ちゃんと選んでないからだと思っている。中途半端なものを買うと、すぐ飽きるし。家具はかなり吟味して買うようにしているけど、それより小さなものは、つい選びきって買うことを怠ってしまう。

今、一番見たいのは、石田ゆり子の家。きっとモノがいっぱいで、楽しい部屋だと思う。

いつもならこの時期は、一番のんびりできて本も読めるのだけど、今年はちょっと忙しい。来月のタスクが終わるまでは、絶対に風邪をひけない。早く全部終わってのんびりしたい。








[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-01-25 10:58 | 雑感 | Comments(0)

新たな魅力

去年の暮れに駆け込みで受けた人間ドックで、2つ再検査にひっかかってしまった。昨日、再検査を全て終えて、やっと年末の懸案事項が落ち着いた。こうやって記録しているということは、再検査の結果は「異常なし」だったからである。普段は書かないのだけど、今回はちょっと書いてもいいかなと思ったので、書いてみる。

新たな魅力を発見する:
便潜血が陽性となって、大腸内視鏡検査送りになってしまった。実は便潜血でひっかかるのは、これが2度目である。はじめて大腸内視鏡検査を受けたのは、近所の病院だった。このときも異常なしだったけど、検査はかなり痛かった。なので、大腸内視鏡検査には苦手意識がある。今回、偶然にも夫も便潜血でひっかかったので、同じ総合病院(ドックを受けたところ)で、同じ日に検査を受けることにした。

大腸内視鏡検査は、検査前日から始まっている。私たちは、前日の朝食後にまず所定の便秘薬を服用し、昼食からは検査食となり、9時までに検査食の夕食を済ませたあとは、また所定の下剤を飲んで就寝である。前日は、7時すぎには夕食を済ませたので、ここから検査終了後までは、水かお茶かスポーツドリンク以外は口にできなくなる。

検査当日の朝7時から、大腸内視鏡検査では避けることのできない下剤を飲むという苦行が始まる。今回渡されたのは、1.8リットルの下剤である。これを、1時間から1時間半の間に、一定のスピード(200㏄を5分から10分で飲む)で飲み干さなくてはならない。「まずい」以外形容のしようのない液体をひたすら飲む。飲み始めて20分経過したところで最初のトイレ。こうやって固形が一切でてこなくなるまで、トイレを往復する。夫は8回、私は12回トイレに行った。合間に、二人で口直しにお茶を飲みながら、なんとか飲み干して、検査のために病院へ行く。

人間ドックのときに胃カメラをこの病院で受けたのだが、すごく楽だった。夫は、胃カメラのとき鎮静剤が入った瞬間から、ずーっと寝ていて意識が毎回ないらしいのだが、私は寝落ちすることは全くなく、胃カメラの間もずっと意識があった。でも、全然苦しくなかった。大腸内視鏡も夫によると、楽だったらしいので、安心して検査室に入る。

胃カメラのときと同様に鎮静剤を使ったのだが、ずっと意識はあって、検査担当の女性医師と看護師2名と一緒に自分の大腸を「観察」していた。S字結腸のあたりをカメラが通るときは、やや「痛苦しい」感じがしたけど、今回の内視鏡は楽だった。検査中、女性医師と看護師たちが「キレイやなー」「うん、キレイ、キレイ」と「キレイ」をやたら連発するので、「何がキレイなんでしょう?」とお尻を突き出して寝転がったまま訊ねると、「大腸です、大腸がキレイ」という。「大腸がキレイって、どこで評価するのですか」と訊ねると、女性医師が、「なんというか、粘膜のみずみずしさというか、全体の感じね、あとうっすらと血管が透けているんだけど、その透け具合とかがキレイ」という。「私たちは、毎日いろんな大腸を見ていますから」と看護師。ほー、そうなんだ。そんなこんなで検査は終了し、鎮静剤が抜けるまで休憩室で寝てから、別室で検査を同時に受けていた夫と一緒に、検査結果を夫の検査を担当した男性医師から聴く。

夫も私も「異常なし」だった。ポリープもなく、今回はこれで終了である。夫の検査を担当した男性医師も、私の画像を見ながら、「奥様も、異常ありませんね」とコメントをし、最後に「とてもキレイですね」とここでもまた褒められる。病院を出るときに夫が、「えらい褒められてたやん」とからかう。

私の数少ないチャームポイントに新たに「大腸」が加わった。複数の人から、こんなにも「キレイ、キレイ」って声をかけられたのは人生始まって以来である。残念ながら、大腸の魅力は、外にアピールできないけど。でも、嬉しいかも。大事にしよう、大腸。

もう一つの検査:
別の日に受けたのは、乳がんの再検査である。マンモと超音波検査を受けたのだけど、石灰化が一か所に集中している場合は、がんの場合が多いから、組織検査をするように言われたのだ。組織検査は、ボールペンくらいの太さの針を突き刺して、バネの力を利用して、中の該当組織を吸い取るのだ。これ、めっちゃ痛かった。麻酔打ってもらっても普通に痛いんですけどね。こちらも病理検査の結果は「悪性の所見なし」ということで、ほっとする。乳腺症だったらしい。

2つも再検査を受けるなんて初めてだけど、なにもなくてよかった。胃カメラは毎年、大腸内視鏡は今の感じだったら2年に1度受けたらいいとのこと。乳がん検診は、マンモと超音波を毎年受けるのがいいとのこと。

年をまたいで、ずーーーーっと気になっていた案件が、解決して、やっと懸案事項が来月のケンキュウ案件一つだけになった。ここからやるのだ。


追記:
大腸内視鏡検査は、最後だった。外は真っ暗。昨日の夕食は8時過ぎになったので、なんと、25時間絶食していたことになる。お腹が空きすぎて、何も感じなくなっていた。







[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-01-23 10:32 | 雑感 | Comments(0)

拍手なし

夫は、10年くらい前から同じ先生についてジャズギターを習っている。関西でジャズを教える先生たちは、横のつながりがあって、互いのライブを見に行ったり、それぞれのジャズ教室の定期演奏会を合同で行うこともよくあるらしい。夫が習っている先生の知り合いの先生は、月に1度、神戸某所のカフェを借りて「ジャズセッションカフェ」を主宰されている。夫もそのカフェの存在は、同じ教室に通っている人に教えてもらった(*1)。人前でジャズを演奏したい人が集う場所で、安い参加料を払えば、誰でも、どの楽器でも参加できるのだ。演奏の機会があまりない人や、度胸をつけたい人や、上手くなりたい人などが来る。上手い人と一緒に演奏したり、人の演奏を見ることは、すごく勉強になるらしい。

参加者が演奏希望曲を主宰者に伝えると、主宰者がその場に集まっている人に「この曲でX(楽器名、ギター、ドラム、ベース、キーボード、管楽器などなどが入る)をお願いできますか」と参加者の都合を訊き、セッションを組む。初心者から、上級者、プロまでジャズが好きな人が集まる。この日、夫は2曲セッションに参加した。夫と同じ先生に習っているKさんもいらしていた。

この日集まっていた人の中に、すごくギターの上手な人がいた。上手いオーラ全開で、あきらかに他の人とは次元が違っていたという。ただ、夫が気になったのは、ベースや他のパートがソロのときのバッキング(伴奏)のときも、ギターの音量を一切下げずにソロの演奏者の音をかき消すような音量で、上手いオーラ全開で弾いていたことだった。「上手なのはわかるけど、他のパートの演奏の邪魔をしているみたいだった、バッキングはソロを引き立てる役目があるのに」と夫。参加者はみな参加料を払っていて、各々に割り当てられているソロ演奏の時間は限られている。なので、他の人がソロを弾いているときは、その人の演奏を尊重するのがマナーである。そのギター演奏者のふるまいについての違和感は、他の参加者も感じていたようだった。その人がギターのソロを「上手いだろう」と誇示しながらドヤ顔で弾いた後、拍手をする人がいなかったという。普通、ソロ演奏の後は、拍手したり、声をかけたりして聴衆はセッションを盛り上げるものらしい。それは、演奏の巧拙にかかわらずに行うものなのだ。

セッションの後、夫とKさんが行った飲みの席で、件のギター演奏者の話題になった。Kさんもあのギター演奏者の態度をこころよく思っていなかったという。「あの場の空気は変な感じでしたよ、あの場の全員が、あのギタリストに対して同じように感じていましたよ、誰も彼のソロのあと拍手しなかったでしょう?」とKさん(*2)。あとでわかったのは、そのギター演奏者は超絶技巧で知られるプロで、ギターを教えている人でもあったらしい。「なら、よけいにああいう態度はよくないですよね」とKさんが言い、夫も同意した。

私は楽器の演奏ができないので、そういう世界の不文律的なことは知らない。ジャズのセッションというのは、みんながよく知っているスタンダードを、はじめて会った人とかと一緒に演奏することが多い自由参加の活動らしい。他のメンバーや聴衆のことを考えずにソロを長々と演奏しないとか、演奏が下手な人をけなしたりしないとかがマナーである(By 夫)。バッキングがソロ演奏の邪魔をしない、というのも、とても大事なマナーみたい。話を聞いていると、そのプロのギター演奏者は、演奏は上手くても、聴衆が自分の演奏をどう感じるかという意識がなかったという印象を受けた。その日のそのギター演奏者は、「演奏が上手い」という誇示と事実確認だけで終わるようなステージだったのだろう。プロならば、聴衆に(聴衆の感情に)作用するような演奏をすべきだったと思う。聴衆にそっぽを向かれる演奏という意味では、「作用」はあったのかもしれないけど。


*1)こういう形式のセッションカフェというのは、東京とかでも沢山あるらしい。そこは小さなカフェだから、ほんとに口コミでジャズ好きが集まっているらしい。
*2)夫は最初、彼自身の年齢(50代)からくる「保守性」も関与しているのかなとちょっと思っていたようだが、29歳のKさんも同じように感じていたことを知って、ほっとしたという。ようするに、演奏をする人なら誰にとっても、そのギター演奏者の行為は、マナー違反だったということだ。


昨夜の『すべらない話』の、小藪の話は面白かった。何度お願いしても、オーベルジーヌの弁当を手配してくれない女の事務員の話なんだけど、こういう人いる。どうしてやらないのか、全然意味わからん人。コミュニケーションが取れていないなーって思うのだけど、こういう人と私とでは、コミュニケーションの概念が違うんだなって今は思う。 







[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-01-21 09:43 | 雑感 | Comments(0)

最近美味しかったもの

最近美味しかったものの記録である。

チョコレート:
最近意識して炭水化物系のおやつとか、生クリームたっぷり系のおやつは減らしている。週末だけのお楽しみにするとか、頻度を減らしている。好きなものを好きなだけ食べていてよい年齢は過ぎたのだ。好きなものを完全に絶つことはできなくても、節制はするようにしている。で、普段のおやつは、たまーに、「ザ・チョコレート」を少しとか、(なぜか)カマンベールチーズをひと切れとか、ナッツとか、芋ケンピとかにしていて、何もないときはミルクたっぷりの紅茶で我慢している。

とはいっても、たまにめちゃくちゃ美味しいものを少し口にする贅沢は忘れない。お酒はほとんど飲まないから、そういう場合はちょっといい和菓子とかちょっといいチョコレートになる。前置きが長いけど、先日夫が買ってきたチョコレートが激ウマだった。節制続きだった私の舌がびっくりしてしまうほど美味だった。誰が言ったか忘れたけど、「なにがあってもチョコレートだけは絶対にやめられない」という一節がぱっと頭に浮かんだ。悪魔の食べ物だ。こんなの食べてしまうと、平日のおやつを全て我慢してでも、週に1回は食べたいと思ってしまった。

一粒ずつ選んで詰めてもらうらしい。宝石のよう。宝石ほどでないにしても、一粒のお値段は、「ハレの日」価格である。
c0221299_9541117.jpg

左から右へ:説明文は、お店のブローシャ―から一部を引用
「珈琲豆やカカオ豆をローストしたような風味のワトルシード」
「ベルガモットとジャスミンの春らしい香りが、まるでダンスのように立ち上がって」
「塩味を効かせたキャラメルにダークチョコを絡めて……際立つ甘さとほろ苦い交響曲を奏でて」
「日本の陶芸をモチーフに、ミルクチョコの溶解を生かした斬新なデザイン」

「ダンスのように立ち上がって」とか「交響曲を奏でて」とか、「?」となる箇所もあるけれども、チョコレートは全部美味しかった。私は、右の2粒、「交響曲を奏でて」のものと、「日本の陶芸モチーフ」のものが気に入った。キャラメル味がすごく美味しいのだ。他にも食べてみたいチョコレートが沢山ブローシャ―に載っている。文章だけで食べてみたくなったのは、「「スパイスの女王」と表現されるカルダモンに甘酸っぱいシトラス。隠し味にはグランマニエを添えました」というもの。今度食べてみたい。

お店:http://www.nakamura-choco.jp/
まだサイトは途中みたい。


冷凍食品のお好み焼き:
がらっと変わって、先日スーパーで買った冷凍のお好み焼きが、美味しかった。商品名は、テーブルマークの「ごっつ旨いお好み焼き」(@267円←上記のチョコレートよりも安い)のエビイカ玉である。大昔から読んでいる人のブログで絶賛されていたので、買ってみたのだ。カフェの厨房を手伝い、いつも美味しそうな手料理をアップされているその方が、たまに手を抜くときとか、時間がないときに召し上がられるとか。その方のブログでは、「豚玉」が一推しだったけど、地元のスーパーでは、「エビ・イカ玉」しかなかった。生地に山芋が入っているのかな?ふんわりしていて、この値段で、この味、この手軽さは、貴重。










[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-01-20 09:56 | | Comments(0)