ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

久しぶりに夢中のTVドラマ:JIN

『JIN』というドラマがとても面白い。
現在の脳外科医が、タイムスリップして江戸時代に行き、限られた設備しかない中、患者を治療し、また歴史上の実在の人物とも絡んでゆくというストーリー。

タイムスリップして江戸時代へ・・というストーリーが荒唐無稽ではなく、かなり現実的に感じられ、江戸時代に迷い込んでしまった現代の医師、南方仁の目線でドラマを見ることができる。なぜ現在から江戸時代へとタイムスリップできたのか、あの胎児様腫瘍の意味することはなにか、植物状態の恋人の運命はどうなるのか、など今後は謎解きも展開していくことと思うが、このドラマに惹き付けられる理由は、ドラマの中心にあるヒューマニズムの存在だと思う。優秀だが、仁徳のある医師とは言いがたかった南方仁が、江戸時代に行き、目の前の患者の命を救うのに理由など必要なのか?と問われ、それをきっかけに次第に「仁術」を施す医師へと成長していく。その過程で、素直に南方仁に感情移入ができる。

また、坂本竜馬役の俳優、内野聖陽さんの存在感は出色ではないだろうか。実在の坂本竜馬の逸話に基づく人物像に忠実に演じているから素晴らしいのではなく、彼が演じる人物が、おおらかで、温かく、豪快で、真っ直ぐで、登場するだけで、セリフを言うだけで、見ているこちらの目を釘付けにし、そういう魅力溢れる人物を坂本竜馬としてドラマに存在させていることが、素晴らしいと思う。

三話の放送が終了した時点で、JINはこの秋の一番お気に入りのドラマである。次回の放送が本当に待ち遠しい。

(JINとは全く関係のない、いただきものの林檎)
c0221299_19345140.jpg

[PR]
# by himarayasugi2 | 2009-10-26 19:36 | エンターテインメント | Comments(0)

犬のおやつを買いに行く

ケンが家に来てから、初めて行くようになった場所はいくつかある。

まず獣医さん。それからペット用品を扱う店、ドッグカフェ、トリミングサロンなど。犬が喜びそうな公園やら、犬と泊まれる宿などもネットで検索するようになった。ケンとの生活が始まるまでは、何度も前を通っていたのにそこが獣医さんであることも、ドッグカフェやペット用品店であることも気がつかなかったということも多い。

今では、ネットで探し出してわざわざ新しい店を開拓するのである。変われば変わるものだ。

ケンのお留守番用のおやつがそろそろ無くなりそうなので、補充しに駅に近いペットショップへ行く。ケンが来た最初の頃は、おやつの種類が多くて、何を基準に選ぶのかわからなかった。ネーミングが美味しそうなどという理由で買ったりしていたのだが、ある日思い切って獣医さんにおやつの選び方について尋ねてみた。

「なんとかジャーキーっていう、スティック状のサラミみたいなやつとか、ようあるでしょ、あれはやめといたほうがいいね。油ばっかりやから。それから、皮みたいなのをリボンみたいに結んでいるガムもね、真っ白いのは避けてみたら。あんまり素材を加工してないのが犬にはいいから。肉や魚干しただけとかそういうやつね」。手持ちのボーロを先生に見てもらうと、「馬鈴薯、はちみつ、さつまいも、あーこれならやってもええわ」。砂糖やら食塩、香料など添加されているものは避けるようにとアドバイスをもらった。

購入したのは、馬のアキレス腱と、豚耳スライス。店内をぐるっとまわって、口臭を防ぐ水と、歯磨きセットも籠にいれた。お会計が四千円近くて、ちょっとふらっとする。

c0221299_20194680.jpg

ドッグカフェで、犬用ワッフルを見つめるケン。「早くちょうだい!」
[PR]
# by himarayasugi2 | 2009-10-24 20:26 | | Comments(0)

秋の朝

秋の朝の散歩は、一年のうちで一番気持ちがいい。ケンも涼しくなって気持ちよいのか、よく歩く。近所には金木犀を植えている家が多く、その香りが散歩の楽しみのひとつになっている。微かに金木犀の香りはするけれど、どこに花が咲いているのかわからない咲き始めの時期が一番わくわくする。最初は甘酸っぱい香り、それから酸っぱさが消えて甘い香りになって、甘い香りが強くなって、花が落ちていく。昨日の散歩でも、ご近所の老夫婦が道に広がった金木犀の花を掃除されていた。金木犀もそろそろ終わり。

朝食時に新聞を読みながら「クライマックスシリーズなんて、関係ないもんな」と夫が不機嫌そうに言う。阪神タイガースがペナントレース終了直前に4位に転落してしまったので、今年のクライマックスシリーズは、「どこがどこに何対なんぼで勝とうが、負けようが興味なし」の状態。そうそう、テレビのニュースでクライマックスシリーズがどうたら、こうたらとアナウンサーが話しだしたら、即刻チャンネルを変えてしまうのだった。プロ野球には興味ないけど、阪神タイガースに関していうと、「ちょっと出来は悪いけど、気立てのいい親戚の子供」みたいな意識で見ている。まぁ、来年頑張ればいいねん。毎年言うてるけど。
(散歩の途中で見かけた立派な金木犀の木)

c0221299_10553517.jpg
[PR]
# by himarayasugi2 | 2009-10-23 10:44 | 雑感 | Comments(0)

ケンのこと。

ケンは去年の今頃我家にやってきた。
町を放浪していたところを、警察で保護され、保護期限がきても飼主が迎えにこなかったため、ボランティア団体が保護し里親を募集していたのだ。保護当時は推定二歳くらいとのことだったので、2009年10月現在で、三歳半くらい。

実家で飼っていた柴犬が死んでしまって16年経っていた。今度犬を飼うとしても、柴犬か日本犬の雑種がいいと思っていた。ペットショップでコロンコロンした柴犬の仔犬を迎えたいと最初は思っていたのだが、捨てられた犬や猫などを保護し、新しい飼主を探し譲渡するボランティア団体の存在を、そういった団体が資金調達のために毎年作成しているカレンダーを購入して届けてくれる妹を通じて知った。

里親募集のサイトを見るようになって半年以上がたち、優しそうな顔をしたケンを見つけた。保護している団体に連絡をとり、トライアル期間を経て正式に「うちのケン」になった。

きっと「僕はまた捨てられたんだ」と思ったのだろう、我家に到着してすぐは、心細そうに部屋をうろうろしていた。ケンのために用意したベッドにも一週間は入ろうとせず、冷たい床の上で体をキュッと固く丸めて寝ていた。いつ頃かははっきりと覚えてないが、気がつけば、笑顔が増え、甘えた表情で擦り寄ってくるようになり、ケンも「ここは僕の家」と理解したのかもしれない。(写真は、ボールを投げてもらうのを待っているケン)

c0221299_1053447.jpg
[PR]
# by himarayasugi2 | 2009-10-22 10:54 | | Comments(0)

今日から始めてみる。

数年前に家を新築する際、建築記録をブログにしたらどうかと勧められた。どのブログにするか、どういう構成にするか、などなど考えているうちに竣工してしまった。ならば、建築回想録にしようと思うも、時間が経ち記憶が曖昧になって現在に至っている。

何かに乗じて始めようとすると、かえって始められないので、なんでもない日にいきなり始めてみることにした。建築記録は、もうほとんど忘れてしまったので、衣食住、日常の雑感、喜怒哀楽など記録していこうと思う。


プロフィール:(詳細は「プロフィール」欄を参照されたし)
神戸生まれ、神戸育ち。

夫と柴犬とで神戸でのんびり暮らしている。柴犬は、2008年の秋にドッグシェルターから引き取った。獣医師が2006年の4月1日を誕生日と決めた。優しく穏やかな性格のオスの柴犬である。


*ブログを読んでヒマラヤスギの身元がわかっても、どうか黙っていてください。
*コメント欄は、ヒマラヤスギの都合で閉じたり開いたりすることがあります。ご了承ください。
*記事の公開・非公開ステータスが変更されることがあります。ご了承ください。
[PR]
# by himarayasugi2 | 2009-10-21 13:31 | 「はじめに」とお願い