人気ブログランキング |
ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

あれやこれやコネタ

夫はなんだかんだいって、吉高由里子が好きである。彼女が4月スタートのドラマに主演すること、それが小説が原作の『わたし、定時で帰ります』であること、放送日が火曜日であることまでしっかりと把握していて、知らない間に録画予約も済ませていた。他のドラマや女優には一切興味がないというのに。吉高由里子のどういうところがいいのかと訊ねたら、「身近にいそうな感じで、天然っぽいところ」だそう。いっとくけど、あんな可愛い子は、身近になんて探してもおらんわ。

で、ドラマを視聴したのだけど、なんか内容がちょっと古い感じがした。自分の仕事が終わっておれば帰ってよくて当たり前だと思うのに、このドラマでは、やることすませた吉高由里子が定時で帰ろうとすると、後輩が「手伝わなくていいんですか」と小声できいてきたりする。手伝うといっても別のチームのプロジェクトだし、手伝ってと頼まれたら考えたらいいのだといって帰る吉高由里子は、すごく常識的だと思うけど。それに、後輩に厳しくする三谷さんという女性、こーんな人いまどきいるんだと驚くような古い人だった。新人は始業30分前に来るなんて、私のときですらなかった。ただ、体育会にいたときはそうだったけど。夫と、三谷さんのやっていることは完全にパワハラであるし、三谷さんにしごかれて辞めた新人は、パソコンのパスワードを変えてデータにみながアクセスできないようにするのだけど、その行為は損害賠償ものではないかと思ったのだった。

というわけで、なんか古い話だなぁと思ってみていたのだけど、きっと来週も夫は見るのだろう。「吉高は、ええこや」とつぶやいていたし。


今朝の日経新聞の社会面で、40歳から64歳の中年世代の引きこもりが61万人いると内閣府の調査でわかったとあった。記事を読んでも全く他人事とは思えなかった。今はまぁ、行くところが一応あるから外出していて、社会性をかろうじて維持しているけれども、生来そんなに外交的で活発で社交的で活動的ではないから、なにかのきっかけで引き籠ることなんて大いにあるなと思う。夏から秋に博論書いていたときも、ある一定の期間なんてほとんど夫以外の人と話をせずに(メールはしたけど)いたけれども、とくに苦痛にも感じなかった。年老いてきたら、もっと意識してどこかコミュニティに属すこととかを考えるべきかもしれない。コミュニティというのは、家族親戚関係からは独立したものを指している。趣味でも、なんでも。趣味、かな。


新学期が始まってから何度か大学にはすでに行っているのだけど、休み中に大量に借りていた本の貸し出し延長やら、返却やら、返却の前に必要な箇所を念のためコピーをとるやら、新たに借りるやら、やらやらやらのために、新学期が始まってからずっとリュックである。本が重すぎるのだ。で、学期が始まって10日も経っていないのに、2回もリュックにぶらさげているチャーム(?)を褒められた。MKちゃんは、「わ、かわいー、めっちゃリュックに合ってますね、それどうしたんですかー」とガチで褒めてくれたし、Tさんも「そういうのつけるんだ、いいじゃんそれ、ヒマラヤスギさんにしては攻めてる」と褒め(?)てくれた。

褒められまくりのチャームのついたリュックはこれ。去年からずーっと使っている。
c0221299_20385022.jpg
(最近、重い本をガンガン詰め込んで「酷使」しているため、よれよれになっているけど、インクブラックという色で、わりといい黒。ハロルルのもの。)
c0221299_20401572.jpg
(チャームの表。C3POである。本来は、キーカバーらしい。)
c0221299_20410848.jpg
(裏)

チャームは小学校5年生から、中学高校大学とずっと一緒で付き合いのあるJから「これ見たら、あんたを思い出してつい買ってしまってん」と昨年暮れにもらったのだ。スターウォーズに出て来る通訳ロボットのC3POである。実は、私、このロボットの被り物をして高校のときの寸劇に出たのだ。そのときの被り物の制作をしてくれたのがJである。一緒にJの家で作った。懐かしい。せっかくもらったから、どこかにつけようと思ってリュックにぶら下げてみたら、想定外に褒められたので、嬉しい。今度Jにも話さなくては。

こういうささやかなことが嬉しかったりする。











# by himarayasugi2 | 2019-04-18 20:46 | 雑感 | Comments(2)

片付けでモノを減らしたい。

先日の『NHKスペシャル』で、コンマリ流片付けのドキュメンタリーを放映していた。片付けコンサルタントの近藤麻理恵さん(コンマリさん)は現在アメリカに移住していて、日本ではコンマリさんのお弟子さんが、そのビジネスを継続されているようだった。番組では、コンマリさんは現場で片付けは行わなかったが、NHKのインタビューに答える姿が時折挿入された。

番組で紹介された依頼者は、3組である。女性ばかり。ある人は、結婚前に現在のご主人とのデートのときに着ていた服がどうしても捨てられなかった。また痩せたら着るからといって捨てられない服もかなりの量がある。この人については、片付けコンサルタントが「一番自分がよかったときの思い出だから手放せないのだ」といった主旨のことをやんわりと指摘していた。コンマリさんもインタビューで、人が片づけられない原因は二つあるとしていて、一つは「過去への執着」、もう一つは「未来への不安」であった。楽しかった過去に関係するものを捨ててしまうと、よりよい未来が来ないのではないかと心配する、という感じだろうか。明らかに流行遅れだけど昔デートで着た服を捨てられないという人は、なんとなく現状に満足していないような印象を受けた。彼女は、まだ過去に生きているような感じ。

コンマリメソッドでは、本人が納得して前を向かない限り無理に捨てさせたりはしない。物理的にただ捨てるだけでは根本的な解決にならないからだ。私の場合、ホンヤクをやっていたときに作った単語帳や、集めた資料や文献のうち、専門性が高く今後使う予定がないものはもう捨てるべきだと思った。IT関係や製薬関係のホンヤクをすることはもうないだろう。でも捨てられずにおいているのは、専門性が高かっただけに、その業界に慣れるのに苦労した時間もなかったことになりそうな気がしているから。でも、もう、なんぼなんでもこの分野でホンヤクをすることはないだろう。特にIT関係の資料なんて、半年前のものでも内容が古い。10年以上前のものなど古文書である。

コンマリさんは、捨てるかどうか決めるために必ず全てのアイテムに実際に触ることが重要だと言う。同意。見ているだけではわからないものでも、触ればわかることがある。特に衣類の場合、触覚で好ましいと感じるものは捨てずに長く手元に残される傾向にあると思う。私も19年前と24年前に買ったコートは、形もシンプルなのだけど、当時ちょっと背伸びして買ったこともあって、生地もよいものだ。だから触るといまだに「ときめく」ので、クローゼットに居座っている。実際に着ているし。一方、数年前にセールで買ったコートは、もういいかなって思っている。

夫の会社の同僚の女性、佐藤さん(仮名)は2年(2シーズン)袖を通さなかった服は問答無用で捨てることにしているらしい。それを「佐藤式」(仮名)と夫は呼んでいた。

番組を見終わって、私もモノを減らそうと思った。昭和時代のものは、大切な思い出のものだけ、それこそ宝箱にしまうようなものだけを残してあとは捨ててしまおう。平成時代のものは主に衣類と書類と雑貨を減らそう。令和の時代は、持っているものは現役のものだけ、というのが理想だけど、まだまだ。










# by himarayasugi2 | 2019-04-16 16:38 | 雑感 | Comments(0)

柴犬と人間の健康のため/アラフィフのお肌

柴犬と人間の健康のため:
混合ワクチン接種のためケンを朝一番で獣医に連れていった。無事、今年度のケンの予防関係は一段落する。半年後にもう一度健康診断のための血液検査を受ける。今年度の血液検査で、基準値から出た項目が増えたのでいろいろ食事やサプリを試してみて半年後に改善されたかを見るのだ。かわいくて、元気といっても、ケンはもう13歳である。中型犬の13歳は人間でいうと68歳くらいだという。ついに我が家の最年長になったケン。健康にさらに気をつかわないといけない。

私は最近、スピルリナをタブレットに固めたものを毎朝10錠飲んでいるのだけど、犬猫用にもスピルリナがあり、それが人間用と全く同じものだと知る。なら、ケンにもあげようと最初は私が飲んでいるものを包丁でカットして0.5錠やり、下痢をしていないかチェックし、今は1錠をやっている。今のところいいウンチなので、今月いっぱいは1日に1錠をやり、来月以降は2錠に増やそうかと考えている。そのことを獣医に話したら、体重で投与量を決めると(ケンと私の体重比だとケンは私の五分の一の量でよくなる)、少なすぎるらしい。最大5錠までは大丈夫だと言う。でもまぁ、2-3錠くらいでもいいかと思う(人間でも副作用が稀に出ることもあるみたいだし)。獣医のところの猫には、ユーグレナと青汁をやっているらしい。スピルリナはその種の「緑系」の中でも値段が一番安いのだ。


アラフィフのお肌:
アラフォー、アラフィフの美容啓発系の記事をサイトや雑誌の立ち読みで見ると、だいたいが「気になるところをカバーしようとして厚塗りすると逆効果で、かえって老けてみえる」という結論に落ち着いている。でも、気になるところは隠したいんですけど。こういう話を美容院の女性美容師@31歳とすると、「カバー力のあるパウダーを塗り込むのは絶対に老けてみえますよ、私、日焼け止めを全顔に塗って、あとは気になるところは本気のコンシーラーで隠してベースメークは終りです」と言う。コンシーラーも全顔に伸ばしているらしい。それなら同じことのような気もする。

で、現時点では、日焼け止め下地(うっすらと色がつく程度)を全顔に塗って、色付きの軽いジェルファンデを目の下を中心に外へ薄く伸ばして、シミ地帯に日焼け止め効果とコンシーラー効果もややあるスティックファンデを重ねてなじませ、目の下のクマにオレンジのコンシーラーを塗っている。はっきりいって、見た目は「しないよりは、マシ」程度だけど。これに眉毛造設、マスカラ・リップ塗布によってやっと電車に乗れる顔になる。一応、失敗しないスティックチークも持っている。塗ってもふんわりとしか色が乗らないから失敗しないのだけど、あまり塗った感じもない。顔色が悪いときは塗るようにしている。これも見た目は「しないよりは、マシ」程度。思うに、アラフィフになってくると「しないよりは、マシ」程度の積み重ねが大事なんじゃないかと。

シミは完全には隠れないし、しょうがないなぁと思う。若い頃テニスをやっていたときにもっと気合をいれて日焼け対策をしておくべきだった。顔も体も髪も、骨に内臓にといろいろ気を回さないといけないところが増えてきて、大変だなと思うのだった。とりあえず今は現状維持が精一杯。









# by himarayasugi2 | 2019-04-13 11:02 | 雑感 | Comments(0)

10年目かぁ

この研究室に所属するようになってもう10年目になる。M1からずっと通っている。先輩も後輩も年々減っていって、先日の研究室の大飲み会のときに「平均年齢が高い」と思った。外で専任や正規雇用のポストを得ても、非常勤で来られたり、飲み会にはかけつけてくれたりする先輩後輩は何名かいる。でも、院生自体は減っている。この10年で研究室の風景もだいぶ変わったと思う。この変化に気持ちがついていっていない。

先輩のNさんに飲み会の席で、「X先生もあと数年で定年ですし、なんかとても寂しいです、気がついたら私の年次も上になっていて、そのうち私もここの所属は外れますし(Nさんは数年前に某専門学校の専任となり今は非常勤で来てくれる)、なにごとも終わりがくるなぁって思いますわ」と弱気な発言をしてしまう。

「ダメだよ、ヒマラヤスギさんそんなこと言ってちゃ、あなたはもう授業ももっていて先生でもあるでしょ、研究室でどーんとして後輩の話を聞いてあげて、自分の研究もどんどんやんなきゃ」とNさん。「僕もちょくちょく来るし、頑張ろうよ」とも。Nさん、ええ人や。そのNさんも普段は研究室にいないんよね。

この10年間、出席し続けているのは、ゼミと某先生のゼミである。どんなときも顔を出している。某先生のゼミは、ドクターを取ったら出席しない人がほとんどだけど、私は某先生から「お客さん」扱いされない限りは、授業に出ると決めている。後輩に煙たがられても出る。なぜなら、某先生は私が落ち込むだろうなというようなことなど一切配慮せず「それ、ダメ、くだらない」とか「意味がわかりませんけど」と忖度ゼロでガンガンダメ出しをしてくれるから。この年齢になると、それがどれだけありがたいことかよくわかる。先日の授業で、宿題を出された。そういうのも嬉しいのだ。私にもまだ伸びしろがあるのかなとか思って。

研究室の人になって10年目を迎えて、どういうベクトル、あるいはテンションで行くべきなのか定まらず不安定だったけど、某先生から普通にガンガンタスクをもらって気持ちが定まった。先輩のTさんに「このG会に一緒に出ませんか」とか、頑張って声をかけてみたりもした。どうなるかわからないけど、ちゃんとやります。

『なつぞら』
完全にはまっている。子役がかわいくて演技が達者である。あの年齢で両親を亡くし、兄弟とも生き別れになるってどういう気持ちか想像もできない。とんでもなく孤独だということはわかる。でも、歩き続けたら主題歌にもあるように、見たことのないものに出会えると思う。毎回、毎回、泣いてます。 



追記:
『ストロベリーナイトサーガ』の初回を視聴した。うーん、このシリーズ大好きだけど、キャストを一新して同じ話をやらなくてもなと思う。あれから7-8年たっているからキャストの若返りはありかもしれないけど、そもそも同じ話をまだオリジナルキャストの記憶が鮮明なタイミングでやる必要があるのかと思っている。前作のキャスト、姫川=竹内結子、菊田=西島秀俊、ガンテツ=武田鉄矢、井岡=生瀬勝久は続投して欲しかった。竹内結子のあの強さと脆さが共存している感じ、あの美しさとか影は素敵だった。ガンテツは江口洋介にするのなら、ガンテツという役を継続させる意味がないのでは。ガンテツは、武田鉄矢だからガンテツなんよ。地味に、井岡も「コレジャナイ感」がすごい。生瀬勝久がいいの。他、今泉係長も高嶋政宏をそのままでもよいのでは~。これは、今回のキャスト批判ではなくて、全く同じ話をオール新キャスティングでやってしまうと、比較されることは不可避だと思う。比較すると、そりゃ、こっちのほうがいい、とか、あっちのほうがいい、という議論になってしまうもの。好みの問題。

桐谷健太とか、小出惠介とかもやっぱり華があったと思う。








# by himarayasugi2 | 2019-04-11 19:31 | 雑感 | Comments(0)

初めて行ってみた。

*字のサイズが途中で小さくなるのですが、なぜだかわかりません。大きさを揃えられずすみません。

Nが数日前に「チケットをいただいたから、生田神社である曲水の宴に一緒に行かない?」と誘ってくれた。曲水の宴とはなんぞやということで、ウィキで調べてみる。

水の流れのある庭園などでその流れのふちに出席者が座り、流れてくるが自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を読み、盃の酒を飲んで次へ流し、別堂でその詩歌を披講するという行事である。流觴(りゅうしょう)などとも称される。略して曲水、曲宴ともいう(『広辞苑』第2版)。
これを最初読んで、「え?私が歌を披露するの?」と壮大な勘違いをやらかして「いくらなんでも無理や、ハードル高すぎるし、何を着ていくんだ」と考え込むも、他の神社の曲水の宴について書かれた記事などを読んで、すぐに「なーんだ、観客なのね、よかったー」と安堵する。最初から必要のない心配をして、勝手に自己解決しただけなんだけど。

曲水の宴を描いた山本若麟の1790年作の『蘭亭曲水図』
c0221299_09490379.jpg


2時過ぎに三宮で待ち合わせて生田神社へ。お天気がよくて暖かでよかった。ただ、観客席は木陰にあるから、Nから絶対に冷えるから暖かい服装でと指定されていたので、ユニクロの薄いダウンを持っていった。

生田神社の奥には生田の森というのがあって、そこに水が流れていて、その水辺に歌人が座り盃が2回目に流れてくるまでに歌を詠む(間違っていたらごめんなさい)という流れ。といっても歌は既に出来上がっていて、歌人たちはその場で「詠む」ふりをしている。

開場を待つ人の列はかなり長い。みなさん良い席で見たいのだ。ただNは、お年寄りが多いから私たちは席がなければ立つか、空いていても最後列の席にしたほうがよい、と事前にアドバイスが。確かに年配の方が多い。

始まった。以下、式次第の順に取った画像。
c0221299_09493283.jpg
c0221299_09503830.jpg
(参宴者(歌人)のみなさん。一応、顔が映っていないものをセレクトしました。とはいっても全員お名前はパンフレットに書いてある。)

女性は、みなさん十二単みたいなのをまとっていて、裾を持ってもらっている。
c0221299_09524127.jpg
c0221299_09534162.jpg
c0221299_09540026.jpg
c0221299_09565627.jpg

c0221299_09544163.jpg
c0221299_09551338.jpg
c0221299_09554615.jpg
生田の森の木々に、会場の様子。

c0221299_09581361.jpg
この日のお題は、『初(はじめ・はつ)』である。

神酒の注がれた盃が歌人のもとへと流されるところ。最初はうまく流れず、このポイントを通過するとスムーズに流れだした。
c0221299_10020215.jpg
この盃のアップがこれ。
c0221299_10025520.jpg
この形は由緒正しきもので、いろいろ説明があったが、失念。なかなかにかわいい。

c0221299_10042834.jpg
詠み終わった歌を披講者(近衛忠大さん:宮中歌会始披講会の方)へと届ける。
c0221299_10061778.jpg
和歌朗詠をされる近衛さん。独特の詠み方だけれども、聴きとれる。全員の歌を詠み終わったら、退場となる。
c0221299_10080049.jpg
c0221299_10082801.jpg
入場の順番で、退場である。

会場の様子。
c0221299_10091715.jpg
c0221299_10094596.jpg
c0221299_10100788.jpg
この青と白がきれい。神社の人にこの色はどういう意味があるのか質問したのだけど、「うーん、とくに」とのこと。他の神社の曲水の宴のときも同じ青と白だった。よーく調べたらわかるんだろうけど、ま、いいか。

生田神社の桜も少し。
c0221299_10114593.jpg
c0221299_10120443.jpg
私の隣に座ってらした年配の女性(アラエイトくらい?)は、地模様のパンツセットアップの上に墨黒に白のストライプが入った着物を洋服にリフォームされた上着を羽織って、足元がピンクのナイキのスリッポンだった。これ、ニット?メッシュみたいで、かわいらしいのだ。思わず、「素敵な靴ですね」と話しかけたら、「うふふふふ、子供みたいでしょ」って笑ってらした。で、この人、iPadで撮影されていた。かっこいい!
c0221299_10143768.jpg
出口でその日の歌の一覧と、お菓子をいただく。歌は、春の情景が浮かぶもので、ひとつだけここにも記録しておく。

初あかり低くさしつつ草原の霜の衣の融けゆく早し  
       新屋修一(兵庫県歌人クラブ副代表)

兵庫県知事の井戸さんも詠まれていた。

木陰の席は、やっぱり冷えたのでこの後Nと星乃珈琲に行ってパンケーキセットを食べてあれこれ話をして帰る。Nとは近所なので、帰るタイミングも同じである。いろいろ話すことはあった。

この日は、午前中は大学であれこれあって、一度帰宅して、ケンにトイレをさせてから、お昼ご飯にチキンラーメンをお腹に入れて、すぐに慌てて三宮に向かった。めちゃくちゃ疲れて、夜は気絶するように眠る。



新学期が始まった。

















# by himarayasugi2 | 2019-04-10 10:25 | Comments(2)