人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

読書倶楽部

何度もブログに書いているのだが、母は周囲のだいたい同年代(70代後半から80代前半)の友達と本の貸し借りをずーっと続けている。ちょっとした読書倶楽部みたいである。倶楽部の概要の記録など。

メンバー:
神戸支部は、母、T叔母さん(親戚)、Mちゃん(母の中学からの親友)、Tさん(ご近所)、Nさん(ご近所)で構成されている。Nさん以外は全員、自分が面白いと思った本をメンバーに勧める。フィクション、ノンフィクション、ジャンルは一切問わない。週刊誌のムックとかでもOK。それぞれに得意分野があるようだ(例えば、写真家の大竹英洋さんや作家の梨木香歩さんのことを私に最初に教えてくれたのはT叔母さん)。Nさんだけはいつも「何か、面白くてすぐに読める本を貸して」と言うようで、自分から本を勧めたりはしない、基本受け身。現時点でNさんが「めっちゃ面白かった」と言った本は、『兄の終い』と『海賊と呼ばれた男』らしい。ちなみに『兄の終い』は私が母に貸して、あっという間にこの読書倶楽部を駆け巡った本である。この本については後述する。

東京支部メンバーは、東京の叔母(実家の母の妹)だけ。時折参加する。

非常勤メンバーは私とMちゃんのご主人。私はめったに参加しない。ごくたまーに読み終わって捨てるだけの文芸春秋などをもらったり、母に無理やり「これ、面白いから読みなさい」と指示されて、大慌てで読むくらい。そしてたまーに私が母に貸した本はこの倶楽部内の「どこか」に旅立っていつまでも戻ってこなかったりする。Mちゃんのご主人もときおり自身の「おすすめ本」を投下してくれる。過去に勧めてもらった推理小説では、『カササギ殺人事件』が面白かった。またMちゃんのご主人は大竹英洋さんのエッセーに嵌り、エッセー、写真集、大竹さんの写真の師匠の作品が表紙の海外の写真雑誌などすべて買いそろえた。

『兄の終い』事件:
村井理子さんのこのエッセー、面白かったから母に貸したら、母がメンバーにも推薦した。T叔母さんのご近所の数名にも回り、なかなか私のところに本は戻ってこなかった。なのになぜか「これって、フィクションでしょ、こんな悲しいことってないわ」とか「身につまされる……」とか「なぜ、こんな恐ろしい本をヒマラヤスギちゃんは知っているのか」とか、感想だけはボンボンかえってきた。数か月後に我が家に戻ってきた本は、水滴?涙?を落とされたのだろうか、ぼこぼこと凹んでいたり、煎餅のカケラらしきものがページに挟まっていたりと長旅の疲れが顕著だった。   もう貸さねー!

今、読書倶楽部で熱い「すぐ読める面白い本」:
最近母に「あんた、これくらい2時間くらいで読めないとだめよ」と無理やり押し付けられたのが、百田尚樹の『夏の騎士』である。この本は、百田さんのサイン会に行ったMちゃんの長男のお嫁さんから、Mちゃん家族をぐるっと一周し、母のところにやってきたのである。このあと、TさんとT叔母さんとNさんに貸すらしいのだが、なぜか「あんた、先これ読みなさい」と私のところへ。後ろが詰まっているので、大急ぎで読んだ。面白かった。勇気と元気が出るやん。詳しく感想を書きたいところなのだが、とにかく読んだらすぐ返してと言われていたため、我が家には数時間しか滞在しなかったため見返すこともできない、細かく書くことができない。

この読書倶楽部、コロナの外出自粛期間の間により活動が活発になったみたい。これはこれでいいかも。

実家に顔を出したら、今売れている作家Xの本が置いてあった。Mちゃんからの本である。Mちゃんはベストセラー小説の王道をいつも貸してくれるみたい。MちゃんはXという作家の小説を最近よく読むらしい。「Xの小説って面白いの?」と訊くと「Mちゃんから回ってきたXの本は、これが3冊目。もうこの作家の手法というかパターンがわかってしまったので、4冊目が回ってきても私は読まないわ」と母。私は一度も読んだことがない。母によるとXのリサーチは徹底しているけれども、パターンが同じでイマジネーションがないから、らしい。

特にフィクションの場合、その人だけのイマジネーションを見せてもらいたいというのは読者の(勝手な)希望である。イマジネーション、は個性とか感性という言葉に置き換えられる。リサーチは大切である。でもリサーチがすべてではない。ノンフィクション、たとえばエッセーでは、同じ出来事をどう書くか、どう表現するか、というところでその書き手の個性が出る。出来事が知りたいのではなくて、その人だけの視点を知りたい(体験したい)のだ。













# by himarayasugi2 | 2021-10-13 14:02 | 雑感 | Comments(6)

なんでもいいわけないと思う

夫と前から気になっていたリーズナブルな和食のランチへ。中心街からちょっと外れた駅なので予約をせずに開店前に行くことにした。私たちと同じように開店前に並ぶ女性が一人いた。彼女も予約なしらしい。彼女は50代前後で、何度か来ているようだった。おひとり様だけど、四人席の奥のテーブルに案内された。私たちの隣のテーブルである。女性は「カウンターがいいんですが」と訴えるも、カウンター席は予約でいっぱいらしい。少し不服そうだった。「ぱぱっとすぐ食べて出ていこうと思っていたのに」と言うのが聞こえる。

カウンター内には板長、アシスタント、フロアには女将、ベテランバイト、新人バイトが忙しく働いていた。八寸は凝っていたし、天ぷらは揚げたての熱々サクサクで、お料理すべて美味しい。これでこのお値段だから人気なのもわかる。

私たちが食事をほぼ終え、お茶を飲んでいたら、隣の女性がお店の人を呼ぶのが聞こえた。近くにいた新人バイトがすぐに女性のテーブルへ。「なんか、もう一品欲しいんだけど、ご飯が少し残ったし、ビールも少し残ってるから、これに合うもの、なんかもう一品、なんでもいいんです」と女性が言うのが聞こえた。新人バイトが「こちらがお昼の一品メニューです」とメニューを見せると、「なんでもいいんです、ご飯とビールにあうもの、お勧め、ほんとになんでもいいんです」と女性。怒っているという風でもなく、声はにこやかなのだ。新人バイトが「ええと、すぐお出しできるものでしたら、こちらとか、こちらとか」と説明すると遮って「なんでもいいんです、ほんとになんでもいいんですよ、お勧めとか、なんでもいいんで」と女性。女性は笑顔なんだけどなんとなく様子が変わっている。新人バイトは困ってしまい、「じゃあ、○○とかはいかがですか」と答えると女性がまた「なんでもいいんです、なんでもいいんです、ほんとになんでもいいんです」と。なんとなくやばい空気になったなと思ったところで、女将が様子を見にやってきた。

「ご飯のお供ということでしたら、焼き魚、煮魚なども合いますが、少々お時間かかります」と女将。板長がカウンター越しに「煮つけだと20分くらいお待たせするかもしれないですが」と後ろから言うと、また女性は「なんでもいいんです、なんでもいいんです、時間はかかってもいいんです、急ぎません、なんでもいいんです、ほんとになんでもいいんです」と言うのだ。誰かがメニューについて説明しようとすると一切それを聴かずに「笑顔」で「なんでもいいんです」を繰り返すだけ。夫が後で「またなんでもいいって言うんじゃないかと思うと、途中から怖くなってきてん、ずっとあの人笑いながら言うてたやろ」と言っていたけど、私も横で聞いていてちょっと怖くなっていたのだ。女性はニコニコしながら一切メニューの希望も言わずにただ「なんでもいいんです」とだけ繰り返す。

結局、女性は時間のかかる煮つけを追加注文することになった(板長「20分お待ちいただけるのでしたら○○の煮つけをご用意いたします」女性「ではそれで、なんでもいいんです」というやり取りの果て)。夫と私が席を立つときちらっと女性を見たら、両手で頬杖をついて無表情で一点を見つめていた。ビールは飲み干され、空になったお茶碗に味噌汁のお椀が重ねられていた。

店を出てから夫と「なんでもいいんです」というのはお店の人に失礼だよねと話す。もしかしたら、これはこういうクレーマーのひとつのタイプなのだろうかと考えていた。女将と板長の対応も緊急対応っぽかったし。新人バイトは即引っ込められてたし(多分、対応できないと判断されたのだろう)。


とにかく暑かった。10月も中旬になろうとするのにこの暑さって洒落にならない感じだ。実家の母も朝からずっとエアコンをつけている日が何日もあるという。実際、エアコンの効いている店に入ると心底ほっとできる。歩き回ってからの(10,000歩越え!)帰宅後はどっと疲れて小一時間ほど横になっていた。途中前を通った洋菓子店にハロウィーンのお菓子やデコレーションが陳列されていたのが、なにか冗談のように見えた。真夏のハロウィン!

母の読書サークル、Mさん→母→Tさんの奥さん→Nさんの奥さん→T叔母さんでぐいぐい回している本が、なぜか私のところにある。母がTさんの奥さんに回す前に「あんたすぐ読めるから、面白いから読みなさい」と。早く読まなくては。


ドラマ『日本沈没』初回:
面白かった。次回も視聴予定。異常気象といい、頻発する地震といい、未来を予言しているかのよう。
















# by himarayasugi2 | 2021-10-11 15:57 | 雑感 | Comments(2)

謎の研究所

近所のある一軒家は、長く雨戸が閉じられたまま、玄関アプローチの植栽は、雑草が生い茂りぼさぼさで放置されていた。随分前から人が住んでいなかった。

最近通りかかったら、駐車場に車が入っていて、植栽も手入れされていて、窓も玄関も開け放たれていた。奥からは人の気配がする。今は住人がいる。視線を感じるなと思ったら開いた玄関ドアから一頭の大きな犬が寝そべって私を見つめていた。

情報の早い実家の母に話すと、犬の名前だけ知っていた。「確かパロちゃんと呼んでいたような」と母。パロちゃんの飼い主とは話をしたこともなく、何も知らないという。しかし、パロちゃんとは、少し珍しい名前だと思う。今度その家の前を通ったら「パロちゃん」と声をかけることにする。

パロちゃん(仮名)はその日はいなかった。表札はなく、代わりにテプラのシールが門柱に貼ってあるのが目に入る。「GAFA研究所(*1)」と書いてある。住宅街にある、長く空き家だった一軒家に「GAFA研究所」とは。あまりに不釣り合いである。パロちゃんといい、GAFA研究所といいなにか不思議な感じがする。近所に「株式会社ポンテヴェッキオ(*2)」と小さな看板がかかった普通の家があって、以前検索しまくったけれどもなにもひっかからずに、いったいなんの会社なのかずっと謎のままなのだが、これでGAFA研究所も近所の謎会社リストに入りそう。

株式会社ポンテヴェッキオは、いまだに検索しても一切手掛かりなしなので(いい加減住人に訊いたらいいと思うけど面識がないし勇気がない)、GAFA研究所もきっとなにかわからないままだろうなと思っていた、テプラのシールを貼っているだけだし。が、念のため「GAFA研究所」で検索してみた。

すると、いきなりヒット!ちゃんとした作りの(失礼)サイトだった。

ドキドキしながらGAFA研究所のサイトにアクセスする。

GAFA研究所は家族で運営しているオンラインショップだった。よくある日用品の販売が主である(ぼやかしている)。創業者(=住人)のそれまでの人生(幼少から現在まで)なども熱く語られていた。ブログもあって、そこに犬の情報があった。驚いたことに犬の名前はパロちゃんではなかった。というか、名前に「パ」も「ロ」もない。一文字も合ってなかった。母はどこから「パロちゃん」という名前をひねり出したのだろう。

犬の名前は個性的なためここで書くとバレるんじゃないかと思うので伏せるのだが、どっちにしてもこの名前の犬は、もしかしたら日本で一頭しかいないかもというくらい変わった名前だ。海外の(その分野の人だけが知っている)学者からおそらく取ったみたい(ウィキ調べ)。珍しい名前としてはパロちゃんといい勝負だった。仮に「オオタニ」としておく。

「オオタニ」はケンを二回りくらい大きくした犬で、味のあるかわいい犬である。仲良くなりたいなと思ってさりげなく「GAFA研究所」の前を歩いてみたら、ちょうど研究所代表(=住人、オオタニの飼い主)がオオタニを散歩に連れていこうとしていたときだった。オオタニは、散歩の気分でなかったようでぷいっと横を向いて「散歩いかない」と意思表示をしていた。私はわざとらしくゆっくり歩きながら、「ワンちゃん、お散歩行きたくないのでしょうか」と愛想よく研究所代表に話しかけたら、「そうみたいですなぁ」と笑顔が返ってきた。サイトの雰囲気から個性的な人を想像していたら、普通の人だった。

*1)もちろん仮名。いろいろぼやかしている。そうでないと、すぐネットでわかるほどの研究所のようだから。
*2)これも仮名。以前より何の会社かずっと気になっている一軒家オフィス。いまだに謎のまま。こちらは凝ったおしゃれな看板が表札のところについている。


真夏のような日常:
左足小指の骨折の診察に行く。完治(跳んだり走ったりもOKな以前の状態)を100%としたら、80%ほどの状態まで戻ったそう。骨折から4週間なので、こんなものらしい。歩くのには全く支障はないが、登山やランニングや過度のウォーキングなどは100%完治まではやめたほうがいい、という状態。整形外科医によると、普通にしていたら2週間もたてば折れてたことも忘れていると思うと言われる。なのでこれで一応整形外科に行く必要はないとのこと。ひとつ問題がクリア。

愚痴になるけど、暑すぎる。湿度は低いけど、日中はノースリーブにサンダルでもおかしくないような暑さ。絶対おかしい。この暑さであんまり外出する気がおこらない。











# by himarayasugi2 | 2021-10-09 11:04 | 雑感 | Comments(0)

食生活傾向、もやもや

7月に中高時代の友人と会ったときに教えてもらってはじめたアプリ、「あすけん」で毎日の食事を記録するようになって二か月以上がたった。いつまで続くのかわからないが、ここまで記録して気が付いたことなど。

食生活の傾向:
「あすけん」の無料コースは、1日の終わりに健康度と摂取カロリーと栄養素バランスがAIの未来ちゃんのコメントとともに通知される。私の食生活で不足しがちなのは、ビタミンAと鉄分であることが判明する。そして意識していないのに常に基準以上摂取できているのは、ビタミンEと食物繊維である。「あすけん」にアカウント登録するときは、年齢、性別、身長、体重などのデータも入力するので、「この年齢の女性だったら」という前提で「果物取りすぎ」とか「乳製品取りすぎ」とか「○○不足」などなども1日の終わりに総括してくれる。また、週ごと、月ごとという単位でも同じ分析をしてくれる。二か月続けて自身の食生活の傾向はだいたい把握できたと思っている。

おやつ:
今まであまりに外出していなかったこともあり、間食を控えることが多かった。とはいっても朝食と昼食の間にお腹が空くことはよくあることで、そういうときは意識して「ナッツ」「ドライフルーツ」「カカオ72%の小さいチョコひとかけ」などで気を紛らわしていた。実際のおやつも「井村屋のあずきバー」とほうじ茶、カカオ72%チョコとカフェオレあるいはミルクティー、切り餅にゆであずき、というようにできるだけ200カロリー前半に収めようとしていた。こえても300カロリー以内とか。週に一度くらいは自分に甘い日を作ってストレスをためないようにしている。

気を付けないといけない食べ物:
こういう記録をするようになってわかったことは、「あすけん」において洋菓子はおそろしいほど健康度のスコアを下げる悪者だということ(*)。ケーキひとつ口にしただけで、その日の脂質と飽和脂肪酸がどーんと基準値を越えてくる。あと、パンも悪者である。最初、バタートースト、はちみつをかけたヨーグルトを食べていたのだが、途中からトーストを「ごろっとグラノーラまるごと大豆」に豆乳をかけたものにし、あとはヨーグルト(はちみつとMCTオイルを1、2滴たらす)、という内容に変えたら栄養バランスが改善されたので、今もそれで続けている。パンはたまにおいしいお店のもの(サンドイッチとかカンパーニュっぽいものとかとか)を食べるようにして、ストレスをためない。この大豆グラノーラは、友人が教えてくれたもので、意外とおいしい。夫がこれを気に入ったのには驚いたけど。

やっぱり:
あまり神経質になっても味気ないので、一週間単位でだいたいのバランスをまとめるようにしている。毎日ベースで完璧になんてできるわけないし。アッシュパルマンティエとか餃子とかをもりもり食べたい日もあるし、これから外食ももう少し増えるだろうから。毎日記録していて実感したのは、お魚、味噌汁、納豆、野菜の小鉢×2種みたいな献立が入るとその日の食事健康度は一気にアップすること。ある日は、シラウオが安かったのでシラウオ丼と野菜の胡麻和え、具沢山味噌汁、だし巻き卵、トマトといろいろサラダ、みたいな夕食にしたら、いつも微妙に足りていないビタミンAの摂取量が基準値を大きくクリアできていた。やはりお魚(お刺身、煮つけ、焼き魚)と野菜系、具沢山味噌汁はよいみたい。

調子にのると:
スイートポテトとマロンパイ、二つ合わせて100グラムちょっと越えたくらいをある日のおやつに食べる。美味しいお店のものをチョイスしたのだ。とてもおいしかったのだけど、どちらか一つでよかったみたい。しばらくしたら胃が重くなった。

結論:
腹八分目にする。でも美味しいものはあきらめない。うんと美味しいものを適量食べて欲張らない(←重要)。安易に外食するのではなくて、美味しいものを狙って外食する。このアプリを教えてくれた友人は、夜にワインとナッツとチーズをつまむのが楽しみだけど、量は控えめにして楽しむようにしているとのこと。

*)私はほぼお酒を飲まないからアプリに記録したことがない。スイーツの量を調整するのは重要だが、もっと重要なのは飲酒量らしい。友人に言わせると、お酒は「適量」が鉄則らしい。正直に実際の飲酒量を記録するとAIに注意されるとか。




もやもや:
『おかえりモネ』が今、あんまりおもしろくない。菅波先生が登米から東京に戻って、モネが島に戻ってすれ違いになってからどうも話がおもしろくなくて(菅波先生が不足しすぎ)。モネが故郷に帰って役に立ちたいことに対して、りょーちんが「きれいごと」と言うのはよくわからない。あと、初対面の中学生にも「きれいごと」と言われる必要があるのかなぁと(なんて生意気な子なんだと)。始まりは「きれいごと」でも、まず始めることが大切なのではないだろうか。ボランティアと同じで、偽善だと言われても、行動を起こす人がいないと物事は動かない。何もせず他者の行動を「偽善だ」と言うのは簡単である。そのような言葉をなぜ抵抗なく浴びせることができるのだろう。

妹の未知の湿っぽさが画面越しでも今観ていてとてもしんどい。










# by himarayasugi2 | 2021-10-06 19:04 | 雑感 | Comments(2)

睡眠、テレビ、SNS

うっかりしていると、どんどん更新が空いてしまう。月が変わったので、日常のメモくらいはアップしよう。


10月なのに神戸は日中の最高気温が30度に届く。最低気温ですら20度なのだ。湿度は低く、からっとしているけれど日差しが刺すように強い。痛いくらい。いつと比較したらよいのかわからないが、神戸においては1か月季節が遅れている感じだ。今の気候の感じは昔の9月に近い。「残暑感」が強すぎ。

こういう気候のせいかどうか、最近中途覚醒が頻繁だ。昨夜は、10時半に就寝して、暑さで0時15分に目が覚める。股関節によさそうなので抱き枕で寝ているのだが、枕も私も汗だくになっている(この寝ているときだけ暑くなるというのは、もしかしたらお年頃かもしれないけど、だって夫は「全然、暑くないで」と熟睡してるし)。眼科で「おまもり」代わりに処方してもらったゆるい睡眠導入剤(今までめったい飲まないから減っていなかった)を飲み5時過ぎまで眠る。

確かに抱き枕で安定的に横向きで眠るようになって、左股関節の違和感(つっぱった感じ?)が消えたから、抱き枕は続けたいのだけど、通気性のよい素材のものにしたほうがいいのかな。

左足小指の骨折は順調に治っている。薬指を添え木にして湿布とテーピングはしているが、普段は忘れている。坂道を降りるときに少し痛みが気になるので、下りはいつも慎重である。今は暑いこともあってTEVAのサンダルでも浮かないけれど、紐靴とか履けるのだろうか。寒くなったときのために予行演習をせねば。

緊急事態宣言が解除されても、すぐ動く気が起こらない。どのテレビ局でも「絶対に第六波は来る」と言っているし。

テレビでよく見るお笑い芸人の顔ぶれが少し前と変わってきている。千鳥とかまいたちの勢いがすごい。サンドイッチマンはしばらく安泰という感じだし。かまいたちは確かに実力があって面白いから、M1では優勝できなかったけど安定している、安心して見ていられると思う。ミルクボーイは、あれだけM1でうけて優勝したのに、思ったほどその後の露出がない。二人とも感じがいいのに、なんでやろ。フリートーク力なのか?

インスタのアカウントは閲覧のために持っている。で、フォローしているアカウント以外でもあれこれインスタが「これ、面白いよ」と勧めてくれるのだけど、見ていたらあっという間に時間がたってしまう。時間泥棒的な感じ。同じことを感じた人が、SNSはパソコンからしか見ないと前に書かれていたのを思い出した。そうしたほうがいいのかな。

だらだらと記録。












# by himarayasugi2 | 2021-10-03 13:49 | 雑感 | Comments(0)