ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

『占い師アタル』、お守り、おまじない

『占い師アタル』の初回を視聴した。ドラマの四分の三は、ストレスだらけの職場の風景を、ラスト四分の一は、解決策と(やや)明るい未来の呈示だった。おそらく、これが基本の構成だと思う。「解決策と(やや)明るい未来」の呈示は、主人公の占い師アタルの見せ場である。初回では、占いというよりは霊能カウンセリング、みたいな感じだった。

志田未来が、とんでもなく人をイラつかせる優柔不断で自己評価の低い女性を好演している。志田未来を見ているだけでイライラしていて、チャンネル変えようかとまで思ったほどのウジウジした女性になりきっていて、これは演技でなかったらヤバいわー、というほどの演技力であった。すごいわ。トイレで「あたし、もう、どうしたらいいかわかんないのよ」と涙声で叫ぶのだけど、そのときの声が、涙と絶望とアタルへの(なんとかしてっ!的な)懇願とが微妙にミックスされて、コーラスみたいな感じで、ほんとに上手だった。

アタルは、その特殊能力ゆえに心の闇を抱えてそうで、友達もいなさそうに見える。これがどうストーリーに影響してくるのか。そのほかの職場のみなさんのキャラも、類型化された感じで、こういう人、いるいるいるっ!と思った。誰にとってもストレスたまりそうな職場だった。

アタルは、志田未来演じる「神田」に(アタル以外はみんな山手線の駅名だ)「(自分に自信がないから)ラッキーカラーやパワーストーンにすがって、上手くいってもそのおかげになって、あなたは何もしていない」と言う。で、神田は第一話のラストにパワーストーンのブレスレットと香水(彼女は自分が臭うと気にしていた)を捨てるのだ。ついでにあの心の冷たい彼氏も捨ててしまえ。

でも、女性でお守りとかをいつも携帯している人って多いと思う。19歳のときに祖母にもらった指輪は、普段の外出時につけている。私が海外旅行に行くときに、祖母が「旅のお守りに」とそのときはめていた指輪を外してくれたのだ。以来、外出時は、常にこの指輪をつけている(つけていなかったときは、他の指輪をつけるようなオケージョンのときくらい、「ケ」の日はいつもこれ、19歳のときから)。外で恐ろしい目とかに遭ったことがないのは、この指輪のお陰だともう思い込んでいて、今さらこれを外すことは逆に怖くてできない。アタルに怒られそうだけど。

それから、夫が朝会社に行くときに、必ず夫にかける言葉がある。気がついたら毎朝言っているという感じ。事故やトラブルに遭わず、職場で元気に楽しく仕事できて帰宅しますようにという願いを込めた、シンプルでどうってことない言葉だけど、私の中では「おまじない」になってしまった。これも効果があると思いたい。

今年は、なんでも思いついたらメモを取るようにしようと思う。ケンと散歩しているときとか、入浴中とかにふといいアイディアがわいてくるから。








# by himarayasugi2 | 2019-01-18 09:51 | 雑感 | Comments(0)

乾燥の日々、ドラマ、仕事論、24年

空気が乾燥している。両親指の爪の端がすぐに割れる。ネイルクリームを塗っても、塗っても駄目だ。内側から水分が減ってゆくのは仕方がないにしても、外からも奪われるのはきつい。この時期は、自分比最大限に高保湿ラインナップでお肌のお手入れをしているが、お昼ごろには、目じりに乾燥皺がチラホラでてくる。常に、ハンドクリームとかバームを携帯している。

昨夜の『家売るオンナの逆襲』は、高齢であることを理由に、部屋を借りることができない女性が登場した。彼女はずっとインターネットカフェに暮らしている。インターネットカフェはドラマでしか見たことがない。神戸だと三宮、元町周辺にあるようで、調べてみたら、ネット、シャワー、漫画に加えてフリードリンク、フリーソフトクリーム(なぜソフトクリームなんだろう、設置しやすいから?)というサービスがある。一泊するなら安い。終電を逃した際に活用する人が多いのかも。

お正月番組だったと思うが、林先生が高学歴ニートに授業をするという番組を見た。高IQ、高学歴の彼らは「好きなことしかしたくない、働くなら週3くらいで給料のよい好きな仕事でないと働く意味がない」といったことを傲慢な態度で言い放つ。そういう彼らに対して林先生は冷静に仕事について話をするのだけど、その話がよかった。どこかサイトでまとめていないかなと思ったら、やっぱりあった。詳細はここを参照してもらうとして(https://news.careerconnection.jp/?p=65604&page=2)、先生の「好きなことを仕事にすることは、偶然にたよることが大きいが、できることを仕事にすることは必然だ」という言葉がすごく印象的だった。

やりたいことを任されたら、それはラッキーだけどほとんどの人は自分が向いているかどうかもわからない分野の仕事、あるいは、やりたくないことをやれと言われてやっていることが多いと思う。でも、他人にやれと言われることは、その人がそれを出来るからで、出来ることが仕事になるのは必然なのだ。林先生も昔、やりたい仕事でうまくいかなかった。なぜか塾講師を手伝うとどこでも「ずっとここで教えて欲しい」と言われていたので、塾講師として現在に至っていると番組で言っていた。社会に必要とされる自分の能力というのは、意外と自分ではわからないものかもしれない。

同じ番組で萩本欽一が同じことを言っていた。彼は坂上二郎と最初はコンビを組みたくなかったらしい。でもやれと言われて組んだらうまくいったという。自分に与えられたタスクに全力で取り組むことで、その仕事が「自分の仕事」に変化してゆく可能性があるということだ。また萩本欽一は、今まで仕事上、いろいろな人と会って話をしたけれども、一流の職人というのは自ら志願してそうなったというよりは、跡を継がないといけないから仕方なく、とか、そのつもりがなかったのにやるしかなかったからやったらこうなった、みたいな人が多いとも言っていた。

夫がこの番組を見た翌朝、林先生の言う通りだ、と朝食を食べながらぽつりと言っていた。仕事に限定せず、いろいろな場面でも当てはまる話だと思う。


24年前の今日、阪神大震災があった。今聴いているラジオでも言っているけど、昨日と同じ日を迎えられることがどれほど幸せなことか、毎年この日になると強く思う。










# by himarayasugi2 | 2019-01-17 11:19 | 雑感 | Comments(0)

思春期のややこしさが詰まっている本とか、いろいろ

今は、ちょっと時間に余裕があるので、前から積読していた本を少しずつ読むようにしている。母から借りていた『文藝春秋』は読んで返した。昨日やっと読めたのは、近藤史恵の『インフルエンス』である。これは、ネタバレ厳禁だと思うので、アマゾンのあらすじを引用する。

巨大団地で生まれ育った戸塚友梨は小学校二年の時、仲良しの里子が祖父から虐待を受けていることに勘づいたが、救えなかった。
中学生になった友梨は、夜道で襲われかけた友人の真帆を助けようと暴漢を包丁で刺してしまうが、翌日その事件で警察に連行されたのはなぜか里子だった――。
心の底に秘めていた小さな思いがからみあい、取り返しのつかない人生の場面へと繋がって行く。
大人になった三人の同級生の人生が三たびからむ時、この関係が行き着く意外な結末とは。

ミステリーというよりは思春期の女性の友情のいびつさ、ややこしさを、ねっとり描写した物語という印象を受けた。思春期ならではの友人に対する異様な独占欲とか、自分とクラスメートを区別(格付け)する目に見えないラインの存在とか、誰でも読んでいて何か思い出すものがあると思う。この小説に書かれている世界と全く無縁だったという人は、逆に信じられないかな。文体は、すぐに改行されているから、文字数としては少なくて、ストーリーはぐいぐい引っ張っていく感じなので、ほんとに「あっ」という間に読める。

映像化されるのではないかな。ラストなどは文字よりも映像で見せたほうが、衝撃が大きいかも。


ドラマ『科捜研の男』:
2回目にしてリタイアしそう。とにかく船越英一郎が演じている人物が苦手。船越氏は役柄に忠実に演じているだけだと思うけど、ほんとこういう人が職場にいたり、上司だったら私ならすぐ会社やめそうだ。この男は常に会話が怒鳴っているのだ。普通の声で落ち着いて話をすることがドラマでは全くない。このドラマの主役は誰やねんっていうくらい、主役の影が薄くて、継続視聴はかなりつらいので、ここらで。

大河『いだてん』:
初回から視聴している。まだ話が全然見えてこない。主役の中村勘九郎の声が意外と高いことを知る。ドラマを見ていて飽きそうになったら、すぐ場面が変わるので、最後まで視聴できている。

ドラマ『グッドワイフ』:
全く期待しないで見ていたら、面白かった。常盤貴子がすごくいい。小泉孝太郎もはまっている。

小さい財布:
今は長財布を使っているのだけど、小さな財布に替えたくなっている。長財布は、重いし、鞄の中で場所をとるのだ。もっと身軽にコンパクトにしたい。ただでさえスマホが大きくて重いのに。そう思ってネットであれこれ見ていたら、どのサイトにいっても二つ折財布とか、マネークリップとかの広告が私を追いかけてくる。













# by himarayasugi2 | 2019-01-15 10:22 | 本など | Comments(0)

寿司 → シャンプー → 救急車

三連休も折り返している。休みはいつもあっという間に終わる。

土曜の夜は、母と夫と三人で新年会だった。母のリクエストでお寿司である。場所は、私と母の周囲の人間3名以上がお薦めする店である。お値段もリーズナブルで、美味しかった。お店は清潔で、サービスもいいし。お刺身の新鮮さにも感動する。住宅街にあるお店で、満席だった。お店に活気がある。また行こう!二つ星の寿司屋もいいけど、こういうお店は普段使いにいいし、高すぎないから海外から誰か来た時も連れていきやすい。夫が「お酒もいいもの揃えてるわ」と嬉しそうにしていた。

お店
http://www.edomaesushi-take.com/

日曜は朝から忙しかった。
朝9時からケンのシャンプーである。ケンをシャンプー屋さんに預けている間に、ホームセンターであれこれ生活雑貨を買う。お迎えの時間まで20分ほど余裕があるから、ホームセンター内にあったモスでコーヒーを飲む。モスに行くこと自体が、何年振りか思い出せない。10年ぶりくらい?コーヒーのあまりのまずさに驚く。コンビニの100円のコーヒーに完全に負けていると夫が言う。モスのは250円くらいした。

トリマーさんが、ケンの歯肉炎がものすごく改善されていると報告してくれる。4000円近い歯磨きジェルで毎晩ケンの歯磨きをしたかいがあった。前が歯肉炎のひどさ指数が95/100くらいだったのが、35/100までになっているそう。このまま歯磨きを続けていく。もっと早くから歯磨きしてあげればよかった。その点は後悔している。ごめんね、ケンちゃん。

昼前に帰宅。夫は昼から大阪でバンドの初練習の後、バンド新年会である。ケンはシャンプーの疲れもあるから、午後いっぱいはお昼寝であるし、私は大きな書店とマッサージに行くことに決めた。大きな書店で、あれこれ本を見て、足裏マッサージを受け、古本屋に寄ってイシグロカズオと梨木香歩の文庫本を買う。お洒落な酒屋で、マイブームの甘酒を買う。

酒屋を後にし、歩いていると、道の向こうに黒いものが落ちているのが見えた。大きな犬が伏せをしているようにも見える。近づいていくと、すぐに倒れているのが人間だと判明する。片足をぴくぴくしている!思わず駆け寄る。道に倒れていたのは、小柄な女性だった。「大丈夫ですか?どうされました?」と上ずった声で訊ねると、うめき声しか返ってこない。これは、救急車を呼ぶべきではと、「きゅ、救急車呼びましょうか?呼びますね!」とまた上ずった声で言うと、「はい」とか細く返事が返ってきたので、近くのお店に入って住所をきいて、スマホから119番する。

気が動転して、スマホの暗証番号の画面で、何度も119番を押してエラーを出すということを繰り返して、やっとこ119番する。落ち着け、私。お店のバイト男子と店長女性も飛んできてくれて、私が電話で話している間に、女性を安全な場所にかついで移動させてくれる。そのころには女性は意識が戻っていて、両脇を支えられながらも自分の足でゆっくりと歩けていた。かなり、あぶなっかしいけど。

「倒れているのは、女性?男性?年齢は?」
「女性です、年齢は、ええと、(その女性に向かって)おいくつですか?ななじゅういち?あ、71歳だそうです」
「どういう状態で発見されましたか?」
「ええと、帰り道に倒れていらっしゃるのを見て、顔から血を流していて、うめき声をだすばかりで、立ち上がれる状態でなかったので、電話しました、今は、落ち着いて支えられてなんとか立ち上がり、近くの階段に腰をかけられています、ちゃんとお話もできます」
「あなた、お名前は?Xさんね、救急車が来るまでその人に付き添ってもらえる?」
「わかりました、到着まで一緒にいます」

待つこと10分。救急車がやってくる。女性は、歩いていて急に意識を失って、気がついたら倒れていたという。顔からこけたため、頬骨のところを二か所、怪我をしていて、ドキッとするくらい血が流れていた。もともと脚が悪く普段から通院されていたらしいのだが、脚のせいでこけたのでないことは本人もわかっていた。救急隊員は、それを聞いて「ちょっと検査して、お顔の傷を手当しましょうか」と優しく話しかけてストレッチャーを出されていた。私は、「お大事に」と女性に声をかけて家に帰った。

救急車を待つ間、近くのマンションの階段に女性と並んで座っていた。私が「お家の人に連絡しましょうか」と申し出ると、「家族は誰もいないから」と返ってくる。女性を階段まで誘導するときから手を握っているのだけど、不安だったみたいで、しばらくずっと手を離さないので、そのままにしていた。私の母はもうすぐ76歳になるのだけど、その母より5歳も若い71歳の彼女は、母よりもずっと年上に見える。85歳くらいかと最初は思った。とても小さい人だった。

「私は病院に長く勤めていたから、こうやって急に意識を失って顔からこける人は何人も見てきたけど、自分がそうなるなんて思わなかった」と言う。「病院でどういったお仕事をされていたのですか」「私、介護士だったの、施設とか施設の病院とかいろんなところで働いた、血圧や脈拍を測って、あれこれやるの、沢山人がいるのに、どんなにテキパキやっても一人15分以上は毎朝かかって、大変だった」「私、リツコって言うのだけど、みんながりっちゃーん、こっち来てくれって声をかけてくれて、嬉しかったわ」

私は、亡くなった父は在宅介護の間、介護士さんに随分とお世話になったのだという話をする。「そう、お父さんが、お家でよかったわね」と少し笑う。会話の途中に何度も何度も「ありがとう」と彼女から言われる。彼女の話し方から関西のイントネーションはほとんど聞こえてこなかった。若い時に働きに関西に来られた方かもしれない。

私はもっと落ち着いて対処しなくては。慌てすぎである。この年で初めて電話で救急車を呼んだのだった。彼女の症状がたいしたことないものでありますように。お顔の傷が早く治りますように。









# by himarayasugi2 | 2019-01-13 18:13 | 雑感 | Comments(0)

ゆるーい今年の目標

ひっそりと今年の目標をたててみる。目標よりも緩い感じの、「気をつけたいこと」くらいのもの。

健康 食生活編 
私自身について言えば、食生活は減塩を意識する。夫の実家も私の実家も薄味だけど(関西なので)、もっと食品に含まれている塩分量を意識して減らしていきたいと思っている。各種調味料の大匙と小匙の場合の塩分量を頭に入れておく。それから、白い砂糖の多いスイーツは減らす。週末だけとか、頑張ったときだけとかにする。

健康 運動編
今まで通り、ストレッチとかスクワットとかは続けるけど、もう少し負荷を増やしたい。ラジオ体操は、真夏で途切れてから、週に1-2回とかになってしまったので、頻度を上げる。スタジオに行くのが無理であれば、山の上の神社までのウォーキングを取り入れようかどうしようか。

健康 家族編
夫にお酒の量を減らすように、ひたすら言い続ける。ケンは、いつものようにウンチの様子、目やにの有無、食欲、運動に気をつけて、家の階段を下りるときは抱っこ(昇りはOK)、寝る前の歯磨きを忘れずに。

ケンキュウ
モチベーションの維持。もっともっと一次資料や文献を読み込む。その上で自分の視点、見解をきっちりと持つ。講義の準備は念入りに。とにかく知識が足りないから、補う。


見苦しくないように、屋根も庭も一応注意しておく。

生活全般
不要なものを捨てる。ケンキュウと無関係の本を読む。

美容
シミが気になってきた。なにか対策を講じる。

社会生活
去年会えなかった人、しばらく会っていなかった人と、会う。

その他
なんでもいいから、「なにか新しい」モノ、コト、ヒト、場所と出会えるように動く。ひとつでもいいから。

ゆるーく、頑張る。









# by himarayasugi2 | 2019-01-12 13:18 | 雑感 | Comments(0)