ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

文章を書くのにかかる時間

午前中の授業、珍しくA嬢がうとうとしていた。後で「いやぁ、ここ数日睡眠時間3時間が続いていて」と言う。発表準備でどうしても深夜にかかってしまうらしい。「でも、このままだと持ち時間の半分もいかないんで、どうしようかなって」と困っている。「最後にささっと文章追加しておくとか」と提案すれば、「いやぁ、私、文章書くのが遅いんですよ、500字書くのに8時間かかったこともあるんですよ」「ひー、なにそれ、純文学の大先生みたい」「あははー」みたいなやりとりをする。A嬢はメールの返事は早いので、文章の種類によるのだろう。ちなみにA嬢が睡眠時間を削ってまで準備をしている発表は、私も来週する、その次の週も別の発表で、絶体絶命のピンチのはずなのに、のんきにブログを書いている。A嬢の心配なんてしている余裕はない。

私はわりと長めに書いてしまいがちだ。なので、面識のある方でブログを読んでくださっている人から、時折「あの長さだとどれくらい時間がかるのか」と質問される。ブログはいつも、「書きたい!」と思った出来事、食べ物、ドラマ、映画、会話なんかを仕入れたら、だだだっと書いてしまう。そうすると、30分以内で作業終了なのだ。メールでもなんでも、だらだら長くなる傾向にあるので、1000字前後は言いたいことを書ききるには必要のようだ。また30分以上かかっても書き終えられないトピックは、私自身が書く必要を感じていないことが多い。ネタはないけど、とりあえず更新しておこうかという感じだと、読んでもつまらないことしか書けない。自分が面白くない記事を、他人が面白いと思うはずがないので(もちろん、自分は面白いと思っても、読み手がつまらないと思うことのほうが多い)、そういうときはあきらめて、ブログの神様が降臨するのを、他の用事をこなしながら待つ。

けれども、どうして毎日更新する必要があるのかと問うてみても、よくわからない。書きたいことがあるうちは、出来るだけ書こうかなと、なんとなく思っている。そのうち頻度も落ち着いてくると思うし。今年はいちびって書いているだけなのだ。まだブログを始めて1年未満だし。
[PR]
by himarayasugi2 | 2010-06-22 08:26 | 雑感 | Comments(2)
Commented by 江草乗 at 2010-06-22 16:44 x
そういえば、私もいろんな方から「日記1本書くのにかかる時間」を聞かれます。私は車通勤なので、昔の時事ネタ以外を書いていた頃は車を運転しながら頭の中で日記のネタを考えて文章を書いて、それを思い出しながら家で書くということが多かったですね。今はニュース記事中心なのでささっと15分くらいで書くようになりました。寝る前の作業です。(たまに朝に書いてます)
Commented by himarayasugi2 at 2010-06-22 18:22
江草さん、
15分であれだけの長さを書けるのですか。慣れてくると考えをまとめるのが速くなるのでしょうか。私は一気に千字くらい書くと満足する(?)みたいで、そうすると30分越えないで終了します。でもこれ、毎日続くかなぁと思っています。最初の1年は嬉しいんですよね、更新することが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< エコでロハスでスロー 『龍馬伝』25回/『新参者』最終回 >>