閉会式など

リオ五輪の閉会式での次回五輪開催国である日本のプレビュー(ショー?)部分を見た。

かっこいい。

日本が世界に誇れるアニメ、CG技術、ゲーム、キャラクターがふんだんに詰め込まれていて、クールな仕上がりになっていた。音楽監督は椎名林檎とのこと。わかる。とても「今」なのだ。洗練されていた。君が代もよかった。スタジアムに広がる日の丸のグラフィックも美しいし。日の丸の赤と白というのは、こういうふうにすると、とても映えるし、お洒落だ。モチーフとして洗練されている。プレビューは、一つの作品を見ているみたいだった。作り手が、日本を世界にどのようにアピールしたいか、どう見せたいか、はっきりとしたビジョンを持っていることがわかる。センスがよい。これが、閉会式の10分足らずで見せてもらえるのだ。ハイレベル。このプレビューを見て、東京オリンピックが楽しみになった。開会式はどういう演出だろうとか、東京にこの時期行って、観戦したいとか、珍しく前向きな私である。グッズも欲しいな。

以前、東京オリンピックの理事に秋元康が入っているとか、専門委にエ〇ザイルの人が入っているとニュースで見たときは、心底がっかりしたのだけど、閉会式のプレビューを見る限り、〇KBもエ〇ザイルの要素も、全く入っていなかった。ほっとした。絶対に開会式に〇KB系列とか、エ〇ザイル系列は入れないでほしいし、ついでにいうと、〇ャニーズも外して欲しい。大丈夫だと思うけど。

夫も椎名林檎の音楽監督は、よかったと言う。開会式は誰が手掛けるのかはまだ伏せているみたいだけど、この路線を踏襲しつつ、かつオリジナルな演出を開会式で期待したい。日本独自のコンテンツを使って、日本でないとできない開会式が見たい。東京オリンピックだから、YMOの『TOKIO』を2020年バージョンでリメイクしてどこかで使ってほしいとか、美空ひばりが生きていたら、とかとか夫はいろいろ妄想している。でも、今聴いても、YMOの音楽って、斬新で、新しいなぁと思う。坂本龍一が開会式に関与してくれないかな。佐藤可士和とか小山薫堂とか、近マリさんとか(違う?)、とりあえず思いつくまま書いてみる。長野オリンピックのときは、質素な開会式だったくらいしか覚えがない。白装束着て、笛とか太鼓で踊っていた?

やっぱりキティちゃんは、世界的に有名なんだ。ドラえもんも人気あるんだねぇ。私は、パティ&ジミー派だった(小学生のころの話)。

YMOの『TOKIO』の動画があったので


『東風』の方が好き。


高校のころ、YMOのレコードを借りてカセットに録音したわー。母が坂本龍一が好きなので、写真集も買った覚えあり。懐かしい。

リオ五輪:
男子体操団体の金に、体操内村選手の個人総合連覇の金メダルに、伊調選手の4連覇と、男子400Mリレーの銀メダルが、とにかくすごいと思った。内村選手と伊調選手は逆転の金メダルっていうところもすごいし。伊調選手って、2004年のアテネから金メダルを獲り続けているのだ。その間も、ほとんど負けてないし。レスリングが強いだけでなく、メンタルも強いのだ。400Mリレーの銀は、とにかく興奮した。9秒台で走る選手は1人もいないし、100Mの決勝に残った人はいないのに、戦略と技術を磨いて、アメリカとカナダに勝ち、ボルトに猛迫したのだ。球技のダブルスと同じで、1人、1人が強いだけでは勝てないのがリレー。こういう勝ち方は、気持ちがいい。今回、卓球の水谷選手のキャラが立っていたと思う。さっぱりした顔なのに、熱い、熱い、ハートを持ち、あのプレー!次の五輪での躍進を期待してしまう。 

毎日書いているけど、こっちは暑すぎる。一滴も雨が降らない。草屋根は干上がっているし。エアコンをつけないと、室内でなにもできないくらい。どうなってるんだろう。




[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2016-08-23 08:36 | スポーツなど | Comments(0)

日常の雑感、衣食住、犬についての記録。


by himarayasugi2