夏の終わりのいろいろ

FM Cocoloでは、昨日からよく『夏の終わりのハーモニー』がかかる。関西は、おとといの夜あたりから、やっと秋が近づいてきたような空気になってきたので、この選曲は、ど真ん中だなと思う。昨日は1日雨だったこともあり、今朝はぐっと気温も下がって、ケンの散歩も久しぶりに気持ちよかった。体感的には5-6度は気温が下がったよう。そうなると、ほんとうに体が動かしやすい。8月からずっと10キロくらいの鎧をつけて生活しているように体を動かすのが面倒くさかったけど、現在はものすごく軽やか。掃除洗濯をしても汗ひとつかかない。もう、気温は戻らないで欲しいけど、どうだろうか。残暑は厳しいらしい。

この夏に気づいたことなど記録:

いつも朝散歩でお見かけする若いお洒落夫婦について、あるとき若いイケメンご主人が、自転車の前かごと後ろ籠に小さな双子の男の子を乗せて、爆走していたことを数年前にブログに書いたのだけど、この夏、そのご夫婦をまた見かけた。自転車を漕ぐのはお洒落奥様で、前と後ろの籠には双子の幼稚園年長くらいになった男の子たち、そして、奥様の体には、抱っこ紐で小さな赤ちゃんがしっかり巻き付いていた。すれ違う瞬間にこの赤ちゃんの存在に気がつき、思わず「お!」っと声が出そうになった。あのイケメンとセクシー美人のカップルは、8年ですっかり子だくさんママとパパになっていた。時間が経ったんだなぁとしみじみする。

先日、リオ五輪のメダリスト数名がスタジオでトークをするという番組をちらっと見た。そのときの並びが、前列中央にレスリング4連覇の伊調選手が座り、その隣にカヌーで銅メダルをとった羽根田選手が座っていた。他にもいたのだけど、この二人についてだけちょっと思ったことを。

羽根田選手が、すごく伊調選手をリスペクトしているのがよくわかった番組だった。伊調選手みたいな佇まいを身につけてもっと邁進したい、みたいなことを言っていた。羽根田選手は、確か「伊調選手は、強いのに、さりげなく、自然体で、(かっこいい)」みたいなことを憧れる理由に挙げていたけど、よくわかる。私も、伊調選手の佇まいは今回特に素敵だなぁと思ったから。普段はどちらかというとポーカーフェイスだけど、勝ったときに、ニコッと小さく笑う彼女は、ものすごくチャーミングだ。口数は少ないし、大きなことを言わないけど、厚みのある人柄が窺えるし、この人のことをもっと知りたいって思わせるような魅力がある。インタビューでもキャッチ―なフレーズなど一切言わず、当たり前のことをさらっと言うだけ。自分を大きく見せようとか(*1)、目立とうとか、全然考えていないのがわかる。飾らないのだ。そこに気づいた羽根田選手もいいわー。彼と伊調選手は、ひっつかないかしら。余計なお世話か。

『真田丸』、毎回視聴している。このドラマの直江兼続がすごーーーく好き。声がいいし、顔がいいし、それこそ佇まいがいい。前回の直江状のシーンもすごく好き。皮肉書きまくっているときが生き生きしていて、そこがすごく好き。それを読んで、キレまくる徳川家康がおかしかった。徳川家康、だんだんふてぶてしくなってきて、いい感じ。

*1)大きく見せる必要ないもんね。

夏の終わりっぽい曲を貼ろうといろいろ迷ったけど、結局は『夏の終わりのハーモニー』にした。陽水が一緒に歌っている動画。ちょっと画像が粗いけど、音声は問題なし。この曲、夫が会社関係でカラオケに行くと必ず先輩、同期の誰かから「一緒にハモってくれ」と要請がでる曲である。この曲は、ハモりがあるほうが断然いいと思う。








[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2016-08-30 10:00 | 雑感 | Comments(0)

日常の雑感、衣食住、犬についての記録。


by himarayasugi2