今日のいろいろ

今日は、私が出席する年内最後の授業だった。授業後に研究室に寄って、少しおしゃべりをして、先輩のYさん、Kさんと一緒に研究室を後にする。「よいお年を!」と声をかけあう。今日1日で、かなりの人と「よいお年を!」と言い合ったような。1年は、早い。


帰りながら先輩Yさんの非常勤先の話を聞く。「そこの学校、非常勤講師が、1年以上続かないと言われているらしくて、私が2年続いていることに、事務局が驚いているんですよ」「どうして非常勤講師がみなやめていくのですか?」「それは、学生がすごいんです」「すごいって?」ここでYさんは、急に「ヤンキーモード」に入り、「センセー、もー、そんな細かいことえーやんけ、授業やめよーやー(*註:大学生です)」と学生のマネをしてから、「だいたい、こんな感じなんですよ、みんな、凄みがあって」と笑うYさん。「Yさん、怖くないんですか?」と訊くと、「最初は、うわー、カルチャーちゃうわーって驚いたけど、慣れました」とニッコリ。Yさんによると、事務局に電話したときだって、事務の女性が、「あー、あんた誰?」って言ってくるような感じなので、少々のことではもう驚かなくなったとのこと。Yさん、流石や。ふんわり、かわいくて、優しい笑顔のYさんではあるが、芯が強いから、ヤンキー学生にびびるような人ではなかった。Yさんによると、その「あーあんた誰?」的電話応対の事務の女性は、先日1日中、宝くじの話をしていたらしく、「1億なんて少ないわ、当たってもすぐなくなるわ、10億くらいないと、ほんまに足りへんで」と言い放っていたのが、Yさん的にツボだったらしい。


10億ないと足りへん生活って、どんな生活なんでしょね」と笑う。ほんまやで。


地元の駅について、スーパーで買い物して、もうお腹すいたし、いい時間だったから、どっかでランチ食べようとカフェに入ったら、私の名前を呼ぶ人がいる。某外国語のクラスメートのKさんだった。「ご一緒しましょう!」と声をかけてくださったので、一緒のテーブルに座り、ランチをいただく。Kさんは、元バリバリのキャリアウーマンのアラセブンである。Kさんは、午前中ずっとマンションの理事会で、疲れたから、ちょっと外で食べようとこのカフェに来たのだ。Kさんから、マンションの理事会の大変さをうかがう。Kさんが住んでいるマンションは知っているのだけど、高級感のある素敵なマンションである。しかし、まあ、マンションの理事会には、困ったちゃんがいて、Kさんは、その対応にいつも時間を取られて大変だと嘆かれていた。どれくらい困ったちゃんかというと、20年以上ずっとよくしてくれていた管理人を、いびり倒して、追い出したのだ。その管理人は、管理会社に言って、違うマンションに異動となって、今は元気に仕事をされている。その「管理人追い出し事件」の余波は大きく、完全にその人は、要注意人物になっているらしい。なるわなー。


いろいろ話を聞いていると、その人は、どこかが壊れちゃっている人のようである。マンション住人も極力かかわらないようにしているけど、Kさんはマンション理事に今年度はなっているから、関わる必要もあって、「正直、しんどいの」とため息だった。お気の毒に。


Kさんに、最近Xさん宅の周囲をウロウロ何度も見に来る人の話を詳しくすると、すぐに「X警察署の生活安全課に直接出向いて説明しなさいよ」と言われる。次に見たときに、いつの、何時ごろ、どうやっていたかをちゃんと記録して、それを持って行けと指示される。「なにかあったら、大変よ」

ごもっとも。


某先生の時間にロンブンの書きかけを見せたら、雷が落ちた。でも、気のせいかもしれないけど、いつもよりもヒントをいっぱいくれたと思うのだ。普段の某先生は、大まかなこと中心のコメントだけど、今回は、「私だったら、こうしますが、それから、この文献は読んでますか」と、具体的で役に立つ情報を、言葉はきついんだけどたっくさん教えてくれた。実は、ちょっと嬉しかった。


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2016-12-20 21:33 | 雑感 | Comments(0)