年末こそ気を付けなくては。

昨夜は、夫の母と私たち夫婦との恒例の忘年会だった。夫は昨日から年末休暇に入った。土屋鞄で財布を新調するために、夫は、待ち合わせの時間よりも1時間ほど早めに三宮へ行った。私は、ケンの午後の散歩と、ケンの夕飯を準備してから、身支度を整えて待ち合わせ時間に行くつもりだった。家を出るまであと1時間となったところで、インターフォンが鳴る。モニターには、わりとだらしない感じの服装の、恰幅のよい男性の姿が映っている。宗教ではなさそう、なのでなにかの営業だろうか。怖そうな感じ。おそるおそるインターフォンをとって、応対する。「どちらさまでしょうか」

「警察です」
おっーと!けーさつ!男性はモニターに映るように警察手帳を広げた。少し話を聴きたいとのこと。どうしたんだ。なにが起こったんだ。

ドアをあけると、俳優の渡辺哲のそっくりさんが立っていた。黒いジャンパーに黒いカッターシャツで、めっちゃ強面の人が、改めて私の目の前に「こーゆーものです」と警察手帳を見せる。警部補、とある。兵庫県警の刑事という(*1)。前日の昼間に、近所の集合住宅と戸建てに空き巣が入ったという。集合住宅も近いし、戸建ては、我が家のご近所さんであった。で、泥棒というのは、必ず下見をしているので、犯行当日の昼間、誰かがインターフォンを鳴らして在宅を確かめに来たかとか、近頃怪しい人は見なかったかとか訊ねられる。私は、前日はケンの散歩以外は家にいて、訪問者は宅配業者が一度来ただけだったと答える。怪しい人は最近見かけなかったかと言われたので、ここ数か月前から見かけるXさん宅の周りをウロウロする男性の話をした。
c0221299_913336.jpg

(ほんとに、この人にそっくりだった。
引用元:https://matome.naver.jp/odai/2140920391998797101 フジの昼ドラのまとめサイトからお借りした。)

刑事は最後まで話を聴いてから、「それは、泥棒の下見ではありませんね、それは、不審者、でいいと思います、今度みたら、110番してもらってもいいですし、一度生活安全課に行って今の話をもう一度してください、記録は必ず残りますし、警らも重点的にここを回るようになります」とのこと。私が、「でも、ただ家に興味があって覗いているだけかもしれない人にいきなり110番してもいいんでしょうか、過剰反応というか、それに、110番って、ほんとに緊急じゃないとかけたらダメなのかなって思っておりまして、」と答えると、その刑事「渡辺哲」は、「いえ、どんどん110番かけてくださいよ、私なんて、この見てくれでしょ?歩いているだけで、変なのがおるってよく110番されるんですよねー」と豪快に笑う。

刑事「渡辺哲」によると、空き家に住み着く人っていうのもいるので、空き家に夜中に電気がついていないかとか、気を付けておいたらいいとのこと。あとは、泥棒って、必ず下見に来ているから、ちょっとでも変だなって気になる車や人には普段から注意しといてください、とのことだった。「渡辺哲」によると、この空き巣は、神戸の西から東へと犯行現場が移動しているらしく、同一犯みたい。手口が同じなんだろう。でもって、ベテランの泥棒さんらしい。なので、県警本部の「窃盗専門」(by渡辺哲)の刑事が聞き込みに回っているのだ。年末は、空き巣が増えるというのは、本当みたいで、10年くらい前もご近所で年末に帰省中に空き巣が入ったのだった。渡辺哲は、個人宅で防犯カメラを設置している家を知らないかと訊ねる。やっぱり防犯カメラって、有効みたい。うちは、ケンがいるからとりあえず泥棒は避けてくれているのだろう。でも、防犯カメラはいいかもしれない。設置しようかな。

10分遅れて待ち合わせ場所に到着する。ご飯は、美味しかった。お魚専門店で、〆は土鍋の鯛めし。すっごく美味しかった。余ったご飯は、持ち帰りができた。隣の実家に差し入れしておいた。

泥棒の下見について、ネットで検索したら、いろいろ出てきた。泥棒は必ず下見をし、1週間単位、1日単位で住人のスケジュールなども把握しているらしい。もちろん家族構成も。犬の有無も当然チェックしている。誰も家にいない時間を特定した上で侵入するのだ。今回入られた戸建ては、ゴミ捨て場も同じの、走って10秒のご近所さんだった。泥棒は、我が家の近くをウロウロしていたってことで、我が家もリサーチ対象だったにちがいない。考えただけで気持ち悪い。

お魚づくしのコースの一部:
c0221299_9142962.jpg
c0221299_914461.jpg

(このほかにも、煮魚に焼き魚にと、盛りだくさんでとても美味しかった。忘年会のピークということで、お客さんがいっぱいいた。)

戸締りはしましたか?


*1:このまんま、テレビの刑事ドラマに出ていても全く違和感がないレベルの、「強面刑事」の典型だった。しかも、相棒の刑事が、若くて、ファッショナブルですらっとしたイケメンだったのだ。この組み合わせ、絶対に職場でも話題になっていると思った。 








[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2016-12-23 09:19 | 雑感 | Comments(0)