ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

ちょっとずつ日常モードへ

9月に入ってから急に秋の空気になった。カラッとしていて、爽やかな気候である。今朝は特に涼しくて、ケン散歩のときに夏中履いていた五分丈のパンツでは寒かった。九分丈のジョギングパンツに履き替えた。

私のリズムは少しずつ日常に戻ってきた。先々週の週末は、庭のオリーブとモッコウバラの剪定を行った。父のこともあって、庭に全く気が回らず(普段から気が回ってないけど)、モッコウバラとかオリーブが伸びすぎて、ご近所から完全に浮いていた。とりあえず最低限見苦しさを取り除こうと剪定をして、45リットルのゴミ袋5袋までやる。昨日は、土が痩せて保水力ゼロとなった草屋根に上る。とにかく、朝夕水まきをしても、全く足りなくてどんどん枯れていくのだ。で、枯れた芝とか雑草を取り除いて、土が痩せて減ったところに土を補充した。全ては無理なので、この作業は毎週少しずつやる予定。屋根にはコスモスが元気だが、ほとんど花をつけていない。百合は頑張って咲いてくれている。

いつだったかの週末は、夫と久しぶりに人混みにでて肉を沢山食べた。

今は大学が休みなので、毎朝散歩のあとはまず隣の実家にケンと顔をだし、父にお線香をあげて、母と話をする。午後もケンと隣に顔を出して母と話をして帰る。母は、毎朝父にハチミツ入りの紅茶を淹れている。今朝は、私が淹れた。

8月はずっと妹が実家で母のサポートをしてくれた。先週末は関西で仕事があったので、実家に泊まっていった。母は、苦手な書類仕事を頑張っている。
c0221299_10274178.jpg
(実家で書類仕事と格闘している母を見守るケン先生。妹撮影。)

私は、ケンキュウもゆっくりだけど進めている。今書いているものを提出したら、やりたいことがいっぱいある。まずは、提出できる状態にしなくては。それが心配。

落ち着いたら、とにかく物を減らしたい。食器も服も、気に入ったものだけを、適量持って身軽に暮らしたい。ものだらけの実家を見て思うのだ。実家の片付けもゆっくり進めてゆく予定。


追記:
昨日の夕方、80代くらいの男性が、かなりの老犬とゆっくりお散歩していた。ゆっくり、ゆっくりなのだ。老犬は日本犬の雑種で、前に実家にいたゴンちゃんに少し似ていた。すれ違うときに男性に「ワンちゃんは、おいくつですか」と訊ねたら、「18歳になります、おじいさんです」と男性はニッコリする。男性によると、目は視野が狭くなってはいるけれども、見えているらしい。認知症もちょっと出てきたけど、お散歩が大好きで、お散歩に行くとわかると、嬉しそうなんだとか。ゆっくり、ゆっくりだけど、丁寧に草をクンクンしていて、お散歩を楽しんでいるのが見ていても伝わる。ずーっと元気でいてね。 








[PR]
by himarayasugi2 | 2017-09-04 10:30 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 忘れない夏 その後の母 75歳のスマホデビュー >>