ブログに現実逃避

暑い。今、2階リビングの室温は、30度!

タンクトップに素足である。湿度が低いからまだ耐えられるけど、だんだん「秋」の時間が短くなっている。意地でもエアコンはつけない。夏の暑いのから、いきなり寒くなるというパターンになりそう。セーターとか手に取る気が起こらない。

先日、父の友人が来てくれて、昔話などをたっぷり3時間して帰られた。最初こそ父の思い出話だったけど、途中からは自分の自慢話になって(どうしてこうなったんだろ)、母、私、夫の3人でほぼ「傾聴ボランティア」状態であった。この言葉は、Tおばさんに教えてもらった。Tおばさんによると、「傾聴ボランティア」は3時間が限界というのが通説らしい。その父の友人がもってきてくれたお花。
c0221299_10575130.jpg

立派なカサブランカである。これは、もってきてくださった日には、全部蕾だった。1週間から10日かけてこうなった。これ、実はたった3本なのだ。1本に5-6個も花がついているのだ。香りが強くて、実家に入った瞬間からすぐにわかる。

Tおばさんが買い物の帰りに実家に寄ってくれた。Tおばさんの家のジョニー(トイプー、16歳)も一緒。ジョニーは、目も見えるし、耳も大丈夫。元気な16歳で、いつも堂々としている。ケンとなんとかツーショットを撮る。微妙に目をあわさない二人である。
c0221299_105899.jpg
(実家にて。ちょっと後ろにごちゃごちゃと書類の入った箱があるのは、見逃してくだせえ。)

そのケン、だいぶ雑草が刈とられた実家の庭でクンクン。むっちりお尻。
c0221299_10584946.jpg
(ケンはめっちゃ元気。)

録画していた将棋の藤井四段の『NHKスペシャル』を視聴した。

14歳とは思えない。

彼のように、打ち込めるものがあって、その打ち込んでいるものからも愛され、選ばれている人というのは、独特のオーラがあると思う。その人の周りの空気が澄んでいる感じ。体操の白井選手とか、浅田真央さんとかもそう。同じタイプの人だと思う。彼らはみな、テレビ越しでも「澄み切った空気」をまとっているのがわかる。この録画はしばらく置いておこう。また見返そう。

世界体操、日本の体操が男子だけでなく女子も強いことを知った。種目別床運動で金メダルを獲得した村上選手は、体の中にバネが仕込まれているのかと思うほど。ものすごい躍動感だ。

藤井四段のお母さまも、村上選手のお母さまも、めっちゃ若いことにショックである。ひょー、お母さまたち、おいくつなんでしょ。今後は、活躍する選手のおばあさまと同い年とかになりそうで、競技とは別のところでドキドキするこの頃である。

やることいっぱいあって、発狂しそうだなのに、ブログに逃避してしまった。










[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2017-10-11 11:03 | 雑感 | Comments(0)