2017年のドラマ

今年、全話視聴したドラマは、以下の通り、
『CRISIS』、『小さな巨人』、『リバース』、『警視庁ゼロ係』、『相棒』、『奥様』、『刑事ゆがみ』、『陸王』

『陸王』の最終回がまだなのだが、2017年のドラマをまとめてしまう。私の小さな楽しみでもある。選定過程は、以下の通り;まず、初回をチェックする、そのうえで2回目以降も視聴するドラマを決める。そこから、途中で視聴をやめるものがでてきて、最終回まで視聴したものからあれやこれや勝手に批評する、といった感じ。最初から視聴しないものは、なんとなく決まっている。面白いと思うのだけど『ドクターX』だけは何シーズン目からか見ていない。理由は自分でもよくわからない。パターンが同じだからだろうか。医療モノは、最近は見ないことが多い。

主演男優でよかった人:
これは、『刑事ゆがみ』の浅野忠信。彼が演じるから面白かったのだと思うし、浅野忠信って素はどういう人か知らないのだけど、弓神刑事みたいな人なんじゃないかなぁーって役柄と俳優を見ている側が切り離せないくらいはまっていたと思う。とてもよかった。今までにない新鮮な俳優を見つけた!って感じだ。次点は、強いて言えば『小さな巨人』の長谷川博己。でも、『嘘の戦争』の草なぎ剛もよかった。二人とも次点かな。

助演男優でよかった人:
めちゃくちゃ迷ったけど、やっぱり『刑事ゆがみ』の神木隆之介。浅野忠信に全然負けてない切れのある演技を見せてくれていたし、彼がこの役だから主演がより輝いたとも思う。これからどんなドラマに出るのかすごく楽しみ。次点は、香川照之。ドラマって、助演にこういう存在感と個性があって巧い人を配役すると、ぐっとクオリティが上がり、画面が締まると思う。助演はすごく大切だ。

主演女優でよかった人:
うーん、該当者なし。次点で綾瀬はるか。女優が主演のドラマですごくいいものがなかったこともある。『ドクターX』を私が視聴していたら、きっと米倉涼子にしていたと思うけど、全く見てないので除外。

助演女優でよかった人:
稲森いずみ@『刑事ゆがみ』と戸田恵梨香@『リバース』で、すごく迷っていて決められないから、二人とも。稲森いずみをドラマで見たのは久しぶり。今回の役で、人気がまた盛り返すのではないかと思った。戸田恵梨香は、いかにもこういう女の子いるっていう、リアリティがどんな役を演じていても感じさせるところが好き。実際は、戸田恵梨香みたいにかわいい女性って、そんなにいないけど、『リバース』では、パン屋で働くけなげな女の子を自然に演じていてよかった。

存在感を強めた人:
市原隼人。途中で見るのをやめたけど、『直虎』の武闘派のお坊さんの役もよかったし、『リバース』の中で、左遷されて傷ついているけど、どうってことないようにふるまう、「学生時代はリア充でチャラいけど、今深刻」な男性も印象的だった。

実は意外と好きだったドラマで、ひそかに続編を期待しているもの:
『警視庁ゼロ係』 コメディっぽくしているかもしれないけど、実は、謎解きが本格的でよかったと思っている。毎回ひそかに楽しみにして視聴していた。小泉孝太郎が、これまた「意外」とよいと思うのだ。

2017年、毎週楽しみでしょうがなかったドラマ:
独断と偏見で『刑事ゆがみ』。この世界観が好き。謎解きに走って、犯罪の背景にある人間を置いてきぼりにせず、ちゃんと犯行に至った事情を描いているから好き。唯一の不満は、視聴率が低いこと。なんでだよ。こんなに面白いのに。


日常:
昨日は年内最後のゼミコン。久しぶりの中華だった。楽しくみんなと話せてよかった。軽く2軒目に行って、解散。実は、今晩は別の研究室の飲み会。昨夜のメンバーから私を含めて3人(私、ゼミ先生、Tくん)が参加する。2夜連続か。それもあって、先生はお酒の量は抑え気味だった。でも、先生は土曜も飲み会みたい。 






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2017-12-15 12:18 | エンターテインメント | Comments(0)