あれこれ春雑感

少しだけ暖かくなった。来週はもっと気温が上がるらしい。朝のケンとの散歩道も名前の知らない花が沢山咲き始めた。冬の間は一面茶色く枯れていた空き地も、名前の知らない植物で緑に覆われ始めた。実家の庭では雪柳が満開である。お隣の庭の白モクレンもとてもきれい。誰も手をいれていない空き地では、アーモンド(?)の大きな木が満開になっていた。季節が確実に変わる。サイクルがどんどん早くなっていく。

ケンは換毛期の真最中で、家中毛だらけ。午前中掃除しても、夜には巨大毛玉がリビングに新たに発生する。今だけ、今だけ。

夢の中で就活スーツに身を包んだ私は、なぜかクドカンにインタビューをすることになっていた。待合室で名前を呼ばれて、クドカンのいる部屋に入る前に、パンプスを履いたままアキレス腱を伸ばすストレッチをした瞬間、両足のふくらはぎが強烈につって痛みで目が覚める。イタタタタと叫んだら、夫がベッドサイドに常備している「水なしで飲めるこむら返り解消のゼリー薬」の箱をあけて、ゼリーを差し出してくれる。これ、買ったのはいいけど、ずっと出番がなかった。はじめて服用する。箱をあけて出て来たのは、洗顔料のサンプルみたいなアルミのサッシェ。げげ、これを口にいれるの?しかし、口にしないと痛いままだし、としばし逡巡してから目をつぶって口にゼリー薬をいれる。まずい。めっちゃまずい。しばらくすると少しマシになった。

先日の春分の日、夫実家のメンバーで、夫父のお墓参りに行くために集まった。その席で、夫母が私に「博士号、おめでとう」と言ったので驚いた(夫が話したのだ)。というのも、6年前、私がドクターに進学したてのときの法事の席で、夫の親戚(♀)から面と向かって「そんなことを大学院まで行って、勉強することなのか、ほんとに必要あるのか」と言われたので(多分、悪気なく言ったのだとは思うけど、言われた方はずっと覚えているものなのだ、この親戚♀は、なんでも思ったことをそのまま発言することが誠実だと思い込んでいる傾向にある)、それ以来、夫の実家関係者には大学院でのことは一切話さないようにしている。そもそも大学院に行っていることは、ほとんど話していなかった。あのとき法事の席で件の親戚♀に、「お前は(仕事もせず、子育てもせず)、何をやっているのか」と訊ねられたから答えたまでのこと。無関心でいてくれたらいいのに、わざわざ否定してくるところがなんとも。夫の母の「よう頑張ったねぇ、おめでとうやねぇ」が、やっぱり嬉しかった。

FMココロの日曜のばんばひろふみの番組が終了することを知る。結構好きだった番組なので、悲しい。

先日の『スニッファー』スペシャル版を視聴した。映像がなんかいつもと雰囲気が違うな、立体的だなと思って調べたら、8Kというものらしい。8Kがなにか知らないけど、すごいらしい。ただ、筋がそんなに面白くなかったけど。香川照之が、普通のぱっとしない中年男性を演じていて新鮮だった。彼はこういう気の弱そうな役も演じられる(しかも自然に)のだ。演技の幅が広い。

苦手なパソコン操作、試行錯誤してなんとかやりたいことを自力でやれた。ここに書くことも恥ずかしいくらいのことだけど、1人でできたことが嬉しくて、昨日の夜から少しだけ興奮気味の私。こういう刺激が減ってくるとボケそうな気がする。






[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2018-03-23 15:47 | 雑感 | Comments(0)