暖かい。

昨日は用事があれこれあって、事務室に行った。学位授与式以来の大学である。暖かくて、空気が気持ちがいい。大学院と一部の学部の入学式があったよう。親がかなり付き添っているのにびっくりである。研究室に寄ってCちゃんにその話をしたら、「子供が関西ではじめて下宿するという親とかは、大学の雰囲気とか周囲の雰囲気を知りたくて、出てきますね、地元の親ほど付き添いません」とのこと。

一時期は、サークルの勧誘のチラシ配りの学生が新入生を待ち構えて、キャンパス付近や、キャンパス内のあらゆるところがチラシ配りの学生で混雑していた。近隣から苦情が寄せられたこともあって、今は学内の決められた場所でしかサークル勧誘はできなくなったらしい。「私なんて、M1になっても学部のラクロスサークルのチラシ渡されたことあります、勧誘すごいんですよ」とCちゃん。「ラクロスとかカーリングをやっている子って、かわいいイメージあるから、いいやん」と私が言うと、「ラクロスサークルって、前から勧誘が激しいって言われているんですよ」とCちゃんが笑って返す。誰もが一度はラクロスサークルのチラシを受け取ったことがあるレベルらしい。……私はもらったことないけどね。当然やけどね。キャンパスでいつも声をかけられるのは、献血くらい。

毎年この時期になると、新しいバッグが欲しくなる。本当に欲しいのは、今はやっている小さめの巾着ポシェットみたいな「かわいらしい」ものなんだけど、学校に行く以外の日でもそんな小さなものでは持ち物が入らない。とにかく、ローガンキョーが入らないものは、外出用のバッグとしては不向きなのだ。昨日は、結局A4のクリアファイルと書類(沢山)、水筒、長財布、手帳、ペン、スマホ、鍵、定期、ポーチ、ハンカチ、ローガンキョーを1日持ち歩いていた。薄い革の大きな横長のトートに最初は入れていく予定だったけど、結局仕切りのない大きなトートって、水筒が倒れるし、書類も皺がよりそうだし、他のものもバッグの中で泳いで外に落ちそうな「気」がして落ち着かない。だから、6年くらい前に買った布のバッグンナウンのツールバッグを持っていった。これのいいところは、水筒を立たせて入れられること、外に大きめのジッパーポケットがあること、縦長だから書類が皺にならないこと、である。でも、もうちょっと違うのが欲しいよ。色に飽きてしまったし、ちょっとごつい感じも飽きた。

大きくて、仕切りのない革のトートって、お洒落なんだけど、使いづらい。スポーツウェアをつっこむのにはいいけど、こまごました持ち物の多い人には向いてないかもなー。

c0221299_10561577.jpg
(1人ランチをしたお店のカウンターのタイル壁。色の取り合わせがお洒落だったので思わず撮影。)







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2018-04-03 10:59 | 雑感 | Comments(0)