会見の一部を見た。

関学のアメフトのディレクターと監督の会見をテレビで見た。

なんで、被害者側の関学が先に会見をやって、加害者の日大は一切会見をしないのだろうか。いろいろと不思議である。

私には、日大の言い分は「反則を指示していない、選手が勝手にやったこと」としか聞こえなかった。会見で開示された「今回、指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたことが問題の本質」という日大の回答が事実であれば、なぜ、最初に日大の選手が悪質なタックルをした後、日大の監督は当該選手を注意し、ベンチに戻さなかったのかと関学の監督が指摘していたが、ほんとにそのとおりだと思う。それから、驚いたのは、この会見の時点でも日大の内田正人監督は、被害者本人とその家族に直接謝罪をしていないということ。ひとつの悪質タックルの受け止め方に、関学と日大の間にものすごい温度差があると思った。そしてこの温度差は、関学と日大のスポーツマンシップに対する考え方の違いでもある。

また日大の監督は6日の試合直後に報道陣に悪質タックルを容認するようなコメントをしていたが、それを回答書では撤回している。こういう撤回は意味がない。撤回しても一度発した言葉は帳消しになんてならない。とくにこのコメントでは「(悪質タックルは)自分の責任」という文言が含まれていただけに、それを撤回ということであれば、「これ、俺の責任でない、選手が勝手にやったことだ」となる。日大は、そういう事実に捻じ曲げたいのだ。

会見を見ていて、関学側のほうが、反則を行った日大選手に対して配慮しているように感じた。「そういうことをやる選手ではなかった、なぜ彼だけがああいう反則プレーをし続けたのか」と疑問を呈している(*1)。今まで活躍をし、フェアプレーを行ってきた選手が、突然悪質な反則を繰り返す、それ自体異様なことである。また、会見の中継では見ることができなかったが、関学側が「当該選手本人が、このことの真実を自分の口から話すのが、どこかで彼の人生のためにも必要だと私は思います」とコメントしたらしい。これは、日大側が言うべき言葉だったのではないだろうか。

日大は、すべての責任を当該選手に押し付けて幕引きをはかっている。それがはっきりとわかった会見だった。

夜、日大の責任者が被害者とその家族、そして関学アメフトに謝罪に行くらしいというネットのニュースを目にした。世論の批判、マスコミの圧力に耐えきれなくなって慌てて行くという印象は否めない。怪我をさせてから10日以上もたっている。さすがに謝罪にしては遅すぎる。当初はそのつもりがなかったからこういうタイミングになったのでは?そして日大の「責任者」には内田正人監督は含まれているのだろうか。もし、彼が来なかったら、もう日大は体育会の部をやる資格がないと思う。すべてが後手に回っている日大。

日大は会見を開くのだろうか?開くとしたら、かなり厳しい質問が出て来ると思う。ただ、今の日大のアメフト関係者に、まともな会見を仕切れる人がいるとは思えない。会見で一部明らかにされた日大の回答書からも感じたけれども、日大は、自己保身と責任転嫁に関わるレトリックしか頭にないのだ。そういう会見なら開く意味がない。


*1)おそらく関学側は、あのような反則プレーが選手だけの考えでやったとは考えていない。 







[PR]
by himarayasugi2 | 2018-05-18 09:35 | スポーツなど