選手の会見:現時点での感想 追記あり

関学のQBに対して危険なタックルを行った日大の選手が、個人として記者会見を開いた。これをご覧になった人は、みななんともいえない気持ちになったと思う。全てを見たわけではないのだけど、見た範囲で思ったことなど。

記者会見を行った当該選手は、事実をありのまま語っていると私は感じた。もう彼には嘘をつく必要もないだろうし。なので、以下は、彼の発言が全て事実に基づいているという前提で書いている。

大方の予想通り、反則タックルは、監督とコーチからの指示だった。今回はじめて明らかになったのは、「秋の定期戦に関学のQBが怪我していたら、こちら(日大)にとって得だ」というコーチの発言、「世界選手権には出てはいけない」という監督の発言、そして反則を指示する最終的なコーチからの念押しの言葉である。そして、監督やコーチは、これで関係が悪化して関学との定期戦がなくなっても別に構わないとまで言い切っていた。具体的な発言内容が明らかになるにつれ、ここまで酷かったとは、とびっくりする。想像をはるかに上回っていたのだ。また、練習に出ることも禁止したりと、坊主にさせたりと、監督コーチ陣から彼への「いじめ」のように感じた。

監督とコーチは、こういった言葉で当該選手を精神的に追い詰めた。今まで、アメフトが日常生活の全てという20歳の選手から、それを取り上げることをほのめかし、反則をやらせた、そういう印象を受ける。

だからといって、あのような行為は許されるものではない。それは当該選手が一番わかっている。彼は何度も反省の弁を口にしていた。そして、何度マスコミから監督とコーチ批判するように誘導されても、決して批判をしなかった。いくら監督の指示でもやっていいことと、悪いことがあり、それを判断できなかった自分の責任であると、はっきりと言った。

彼のやったことは、許されないが、このような会見を行った彼は、勇気がある人だ。この勇気がある限り、彼はまだやり直せると思う。ただ、20歳になったばかりの選手が、大学のサポートもなく、個人として会見を開くこと自体、異常事態ではないか。内田前監督らは、まさか彼がこのような会見を開けると思っていなかったかもしれない。

「もうアメフトをやるつもりはない」と言う当該選手が痛々しかった。見ていてとてもつらかった。 


追記:
さきほどテレビで、当該選手の会見を受けて日大が出した文書でのコメントの内容に絶句する。この期に及んでも、まだ「指導と選手の受け取りの間に乖離があった」という「乖離」路線を繰り返すばかり。まともな人が今日は非番だったとか?「信じられへん」とテレビの前でつぶやく夫と私。日大が守りたいのは、なんだろう?選手でないことは確かだ。もしかして、内田前監督と井上コーチを守っている?







[PR]
by himarayasugi2 | 2018-05-22 18:12 | スポーツなど

日常の雑感、衣食住、犬についての記録。


by himarayasugi2