見ても見なくてもいいらしい会見の一部を見た。

日大のアメフト部の内田前監督と井上コーチの会見の一部を見た。見ても見なくてもいい会見らしいけど。

深く反省し、謝罪し、真摯な態度だった日大アメフト選手の会見を受けての緊急会見だったから、てっきり真実を話し、謝罪する会見だとばかり思っていた。ところが、実際の会見は言い訳に終始していた。この会見の模様をご覧になっていた人は、同じように感じると思うけど、率直にいって、やらないほうがマシだった会見かもしれない。なんかもう、グダグダだった。

前監督とコーチは、反則をしろ、怪我をさせろという主旨の指示ではなく、思いっきりやれという意味だったと、繰り返す。ようするに、最初に関学に提出した回答書の「指示する側と受け取る選手の間に乖離があった」をそのまま出してきたわけ。これは、当該選手には言葉を読み取る能力が欠如していたと暗に批判しているようにもとれる。

「QBを潰せ」という指示は、他大学アメフト部でも使う言葉(ジャーゴンというかそういうもの?)で、本来意味するところは「思いっきりやれ」的なことらしい。おそらく当該選手も今まで何度かそういう言葉を試合前に耳にしてきただろう。今回がはじめてではないはずだ。でも、同じ指示を受けたにもかかわらず結果として意図的にラフプレーを行い相手に怪我をさせた。それはなぜか。

やはり指示(言葉)というのは、受ける相手がどのように受け取ったかが全てだと思う。さらに言うと、受け取る相手がいてこそはじめて指示として成り立つ。指示する側がどのようなつもりでいったかが問題ではなく、受けた側がどのように指示内容を理解し、そしてどのような結果をもたらしたかが、遡ってその指示の本当の意味となる。当該選手が、今までも耳にしていたであろう「潰せ」の指示を、今回に限って「怪我をさせろ」と理解したのは、その指示に至るまでの背景、文脈が今までとは異なっていたからだ。

はっきりと「殺せ」という単語を使わなくても、よくドラマとかで「どういう意味かわかるな」とか「あいつがいないといいかもな」的なことを、黒幕がほのめかして手下に実行させるという場面があるけれども、そういうのをちょっと思い出してしまう。そこまででないにしても、指示した側は、この「潰せ」指示を、当該選手がどう解釈してもかまわないとすら思っていたのかなと思う。推測であるが。

あくまで個人的にいだいた印象だけど、当該選手の会見では、彼が認識している真実を包み隠さず話してくれていたと思う。一方、前監督とコーチらは、彼らが認識している真実をそのまま語っていないと感じた。井上コーチは、なんどか言葉に詰まっていたし、ここは嘘なんじゃないかなと感じる瞬間もあった。なんだかとても迷っているように見えた。

びっくりしたこと:
当該選手の会見のあとに日大広報が出したコメントがひどいと思ったのだけど、昨日の会見を仕切っていた人が、広報部の人だったと知って、納得した。大学の重要な公式の会見の司会をできる人が、ああいう人しかいないのなら、広報部のひどいコメントも仕方がないかも。つらかったかもしれないけれども、当該選手は1人で会見をしてよかったかもしれない。あの広報の仕切りで会見をしなくてよかった。昨日の会見を見ている限り、日大は学生を守る気は1ミリもない大学なんだなと感じた。

昨日の日大広報の司会者の振る舞いや、キレ気味の発言(「見ても見なくてもいい」「(日大ブランドは)落ちません」)で、イメージがかなり悪くなったのでは。広報の本来やるべきことと反対の方向に向かった会見だった。同じような質問が重なったとしても、言い方があると思う。 












[PR]
by himarayasugi2 | 2018-05-24 10:03 | スポーツなど