ここ数日のスポーツに関する雑感

サッカー日本代表が、決勝トーナメント進出を決めた。とはいっても、グループリーグ最終戦であるポーランド戦は0‐1で負けた。最後は、反則数がセネガルより少ないことで、グループリーグを2位で通過したのだ。私は、家事をしながらほとんど見ていなかったけれど、テレビにかじりついていた夫が実況してくれていて、状況は理解できているつもり。

最後の10分は、無理に得点を狙って反則を取られないように、相手にゴールされないように、ひたすら日本チームはパス回しをしていたらしい。同時にやっていたコロンビアvsセネガル戦の戦況をチェックしながら、だという。それが国内外で「日本はつまらない試合をやった」とかで、ブーイング、バッシングを浴びたというのは、報道の通り。

でも、もし、ポーランド戦で、日本が今まで通り攻撃的にゴールを狙いにいって(引き分けたら決勝進出)、途中、1個でも反則を取られたりして、で、得点もできなくて、結果グループリーグ敗退となったら、何を言われていたかわからない。監督は厳しく非難されたと思う。「現状維持していたら、決勝に行けたのに!」みたいなことを言う人は必ず出て来る。また、ああやって10分ほどパス回しをやっている間にだって、何かの拍子でポーランドが追加点を入れる可能性だってあった。セネガルがコロンビアと引き分け以上に持ち込む可能性もあった。そのどちらかが起こって日本が決勝に進めなかったら、「ちゃんと戦っていたらよかったんだ」と非難する人だって出て来るだろう。パスを回しで時間を稼ぐ戦術は、リスクもあったし、監督がどこでその戦術に切り替えるかを決断するタイミングも難しかったと思う。最悪の場合の批判は、全部一人で負うつもりで、監督が決断したのではないだろうか。腹を決めたのだと思う。

非難している人たちは、もし自分が監督の立場だったら、どうしたというのだろう。反則数が順位に影響することは、ルールで決められているのだ。前に五輪で見たバドミントンの無気力試合とは違う。リーグ戦というのは、それまでの戦績を総合的に評価して順位をつけるものだから。とはいっても、監督、選手の顔は複雑そうだった。決勝で、思う存分闘って、ぱーっとして欲しい。

決勝ではいきなり優勝候補のベルギーとあたる。おっとベルギーかぁ、っていう感じだけど、勝ちが約束されているものはいないのだから。いいサッカーを見せつけて欲しい。


つぶやき:サッカー、ほとんど詳しくない私は、一番好きな選手は、ずーっと宮本恒靖だった。宮本さんが選手だったときで時計がとまっていたのだ。このたび、やっとそれが現役選手の吉田麻也選手に更新!吉田選手、野武士みたいでワイルドでかっこいい。海外勢と競っても負けないフィジカルもいいわー♡ がんばれー(黄色い声)


日大アメフト:
すっかりワールドカップ報道の影に隠れていたけど、日大が雇った人で構成されている第三者委員会でも、内田・井上両氏の指示で反則プレーが行われたという結論が出た。学連の調査と同じ結果でよかった。第三者委員会がとったアンケートでは、120人の部員全員が内田監督らの指示だと答えたことが判明したらしい。また、アメフト部員に口止めの圧力を日大職員らも行っていたこと、内田・井上両氏には反省の様子が見られないこと、などなども明らかになった。日大はこの結果をどう受け止めたのだろうか。

指示されて反則プレーを行った日大の選手が、勇気を出して自分の言葉で、たった一人で記者会見をしたことで、結果的にいろいろなことが明らかになったし、状況が変わったのだと思う。彼の勇気がなかったら、彼だけが悪者になって、また陰でこういう反則戦術が繰り返されていたかもしれない。









[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2018-06-30 10:31 | スポーツなど | Comments(0)