ずっと雨/最近の柴犬

わかっている限り、少なくとも木曜の朝の時点で降っていた雨は、現在まで1秒も止まることなく降り続いている。近所でも「避難指示」が出ているし。亡くなった方もいらっしゃる。これ以上被害がでませんように。そして、雨も止んで欲しい。

スマホに何枚か画像があったので、最近のものをアップしておく。

まず、ヒヨに見つかるまでは3日に1度は順調に収穫できていたブルーベリーのある日の収穫量。
c0221299_9403877.jpg
(これ、以前にブログにアップしたでしょうか。重複していたらスイマセン。)

暑くなったある日、ケンの冷え冷えマフラーを巻き始めた。来週から暑くなるので、またケンに巻いてやる。
c0221299_9421721.jpg
(豆絞りに、保冷剤を巻き込んで、それをケンの首に巻いてやる。笑顔のケン。ケンはこれが冷たくて気持ちいいことを知っているので、巻くときはとても協力的で、自分から首を押し付けてくる。)
c0221299_9434213.jpg
(テーブルの上が信じられないくらいぐちゃぐちゃなので、映せないところだらけ。ケンも暑くてぐったり。エアコンは28度設定で扇風機と併用である。今年は、サーキュレーターのいいやつが欲しいかも。)

昨日の夜、寝室に行ったら、ケンが熊のぬいぐるみを自分でベッドに持ち込んで一緒に寝ていた。かわいいから撮影する。
c0221299_9463416.jpg
「僕のクマちゃん」
(ケンは最近は、このクマのぬいぐるみが気に入っているみたいで、よく持ち歩く。)
c0221299_9473660.jpg
(このあとクマちゃんの上に顎をのせて眠っていた。)






死刑:
昨日、オウム真理教の死刑囚7人の死刑が執行された。サリンがまかれたあの日のことはよく覚えている。あの朝は、夫と私は荻窪から丸の内線に乗り、私は新宿で降り、霞が関で日比谷線に乗り換えの夫とそこで別れた。夫が霞が関についたら、少し前にサリンがまかれた後で、駅は騒然としていて、駅員は「入ってこないでください、すぐに地上に出て!地下鉄は止まります!」と叫んでいたという。みな「テロらしい」「爆弾らしい」とヒソヒソいいながら、地上に出たら、夫の目の前に見たことのない光景が広がっていた。たくさんの救急車と、道路一面敷かれたブルーシートに横たわる大勢の人の姿が飛び込んできた。上空にはたくさんのヘリが飛んでいて、夫は「なにがなんだかわからなかったけど、恐ろしいことが起こったんだなってわかった」と今でも話してくれる。夫はオフィスまで歩いていって、一足早く西新宿のオフィスにいた私に電話をしてきた(当時は個人で携帯などもっていなかったのだ)。「すぐテレビ見れるか?霞が関がすごいことになっている」
休憩室に行くと、すでに大勢の人が画面を見つめていた。あの日、1本早い地下鉄に乗っていたらと思うと、今でも脚が震える。荻窪時代に経験した最も恐ろしい出来事だった。

オウムのやったことは、7人の死刑執行だけでは償いきれない。あんな形で家族を奪われた人、心身に傷を負った人の悲しみ、苦しみは、そんなことでは癒されないと思う。ああいったカルトの恐ろしさを、サリン事件を知らない世代にも伝えて、あのような集団が二度と現れないようにする必要がある。












[PR]
Commented by 江草乗 at 2018-07-08 07:27 x
こんにちは
お久しぶりです。

ヒマラヤスギさんが、あの事件とそんな
形で関わっていたことに驚いています。

私はオウムの元信者で、サティアンの強制捜査で救出された方からメールをもらったことがあります。教団の犯罪性を末端の信者は知らずにせっせと働いてお布施を出していたわけです。それらはすべて悪のために使われたことを思うと、カルト教団の罪は大きいと思います。
Commented by himarayasugi2 at 2018-07-08 09:21
江草さん、
おはようございます。お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

私が、というよりは夫が事件発生後に居合わせたんですが、その後街中で警官の姿が目立つようになりました。リュックの若い男性が職務質問を受けている場面というのも何度か目にしました。事件後は空気ががらっと変わり、ほんとに怖かったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2018-07-07 10:04 | | Comments(2)