印象操作?

テレビを見ていて、「もしかしてこれは印象操作をされている?」と感じることがあった。

昨夜(8月30日)の『ニュースステーション』の冒頭で、体操の宮川選手が強化部長の塚原千恵子にパワハラを受けたと訴えた件が取り上げられた。その際に、テレビ朝日のスポーツコメンテーターという宮嶋泰子が、塚原千恵子に独占インタビューをして、その様子が放映された。VTR後に、インタビュー内容について宮嶋泰子が解説をしたのだが、その一連が、パワハラは宮川選手の勘違いだと視聴者をあからさまに誘導しようしたものだった。私は宮川選手の訴えが正しいか正しくないかが精査される前に、はじめから塚原千恵子を擁護する宮嶋泰子の態度に不信感を抱いた。

明らかに宮嶋泰子と塚原千恵子は旧知の仲だと考えられる。そうでないと、独占インタビューが許可されるわけがない。宮嶋泰子は、「塚原さんは、本当に選手のことを考えている人だ、18歳の少女が、71歳の女性と話すだけでも緊張するから、宮川選手は過剰反応したのではないか、彼女のコーチの暴力の方が問題なのに」ということを言い続けていたように見えた。宮嶋泰子は自身が中立であるように見せようと努力していたが、彼女は感情的で、興奮していて、中立ではなく塚原側の人間であることは、明らかだった。報道番組や新聞が、完全に客観的で中立であるとは考えてはいないが、真相がまだわからないのに、ここまであからさまに偏っている様子を生放送で見たことは、新鮮だった。また、踏み込んで言わせてもらえば、こういう人こそパワハラをやってそうだなと感じさせる言動だった。

このパワハラ問題については、真相は明らかになっていないし、なんとも言えない。でも、宮川選手はかなり覚悟を決めているなと思ったし、本気で自分のコーチを守ろうとしている姿には嘘がない。宮嶋泰子の解釈が、完全に間違いだとも思わない。ただ、報道する側が、真相がわかる前に中立性を欠いた態度で語りすぎだと思った。

小川アナウンサーだけが、宮嶋泰子のコメントに対して同意していないようで、険しい表情をちらっと見せていた。この人は、まともだと思った。










[PR]
by himarayasugi2 | 2018-08-31 21:40 | スポーツなど

日常の雑感、衣食住、犬についての記録。


by himarayasugi2