柴犬、2度目の鳥取 後編

鳥取砂丘を後にして、宿泊するホテルに向かう。日本海側の道を走行している途中に、急に車のナビが混乱し始める。フリーズしたり、考え込んだりするのだ。で、道なりに走っているのに、「Xメートル先を右に曲がれ」と指示する。どこにも曲がるところなんてないのに。これは、ナビには頼れないと、スマホで対応しようにも、普段使わないからわけがわからない。ホテルに何度も電話をして(こういうときに携帯があってよかったなと思う)、3時チェックイン予定のところ、4時半ごろにやっとこホテルに到着する。

ホテルは、今年の5月にオープンしたところで、看板も建物も新しい。最近オープンだからこそ、2日前でもまだ空室があったのだ。このホテルは、あっという間に人気になって予約困難の宿になる予感がする。ケンは、「カフェに来たのだ!」と勘違いして、嬉しそう。ホテルのスタッフに「僕、ケンちゃん、よろしく」と愛想ふりまくり。

ぎりぎり予約の取れた部屋は、このホテルの一番安い部屋なんだけど、これで十分である。広くて、アメニティもそろっていて、清潔で、お洒落である。ラウンジでのウェルカムドリンクも美味しかった。ドッグランの芝生もよく手入れされているし、各出入口に設けられた犬の足拭きとか、傘とか、犬のトイレ関係の備品とか、犬のことをよく知っている人がアイディアを出したのだなとわかる。ケンのお陰でこういう素敵なホテルに泊まれるのだ。
c0221299_10404299.jpg
(ラウンジでウェルカムドリンクをいただいていたときのケン。ケンにはスタッフから、お洒落なおやつをもらう。)
c0221299_10415697.jpg
c0221299_10424055.jpg
(朝食と夕食をいただくレストラン。天井が高くて、開放感がある。)
c0221299_10433341.jpg
(客室にて。「今日はここに泊まるの?」となにか問いかけるような顔のケン。)
c0221299_10443473.jpg
(部屋に入ったところ。夫は早速、iPadを見始める。Wi-Fiが使えるのだ。これで一番狭い部屋、実際とても広い。私が立っているところの後ろは扉で仕切られていて、トイレ、洗面所、部屋のお風呂がある。広い広い。)

部屋のお風呂とは別に、温泉の大浴場が2か所ある。夕食前に1度、寝る前にも1度入浴する。大浴場へは、夫と交代で行く。ケンを部屋で一人にしないためだ。

夕食は、レストランでみんなでいただく。夕食だけ、ケンの分もホテルで頼んでみた。チキンハンバーグセットらしい。ケン、大喜び。
c0221299_1047322.jpg
(これは八寸。デザートを含めて全部で10皿のコース。お魚は鰆の西京焼きで、お肉は豚の角煮で付け合わせにトリュフのはいったスモークしたジャガイモ?か、何かだった。地元の食材をふんだんに使ったコース。ものすごくボリュームがあって、満腹になる)
c0221299_10492555.jpg
(これはおつくり。とても新鮮で、美味しかった。甘海老、ほんとに甘い。)
c0221299_10502189.jpg
(おつくりの次にきたのが、いちぢくの田楽焼きで、これ、めっちゃ美味しい。他のテーブルでも、「これ、美味しいわー」という声が聞こえてくる。)
c0221299_10514977.jpg
(これは、30分かけてじっくり火を通した地元のサツマイモの1本揚げ。これも、熱々で、めっちゃ美味しい。こういうシンプルなお皿が光っていた。)
c0221299_10531419.jpg
c0221299_10533234.jpg
(食事中に、「僕のは?」とアピールするケン。)
c0221299_10541249.jpg
(ケンのハンバーグ。大きなお皿に入って運ばれてきたものを、私が食べやすく切って、半分お皿にいれたもの。なので、この写真と同じ量をおかわりしていた。)

翌朝、また温泉に入り、朝食をいただいてチェックアウト。蒜山高原のあたりをウロウロして、神戸に戻る。一泊二日だとやはり慌ただしい感じ。このホテルはとても快適だったけど、旅程が短い場合は、もうちょっと近場のほうがいいかな。今度は琵琶湖にまた行きたいけど。八ヶ岳に行くのなら、最低でも3泊しないと、移動に時間がかかりすぎてしんどい。でも、八ヶ岳は来年のいい時期にまた行きたい。 
c0221299_10562892.jpg
(私が頼んだ洋朝食。写真には写っていないけど、これに熱々のロールキャベツと、デザートにヨーグルトとフルーツも出て来る。あと、パンとフリードリンク。左奥のは、クラムチャウダーのパイ包みで、熱々であった。ボリューム満点で、昼過ぎまでお腹すかず。夫は和朝食にしていて、それもすっごいボリュームだった。朝からミニしゃぶしゃぶがついていたし。普通の和朝食の2倍くらいのおかずの量だった。)
c0221299_10592029.jpg
c0221299_1059417.jpg
c0221299_110872.jpg
c0221299_1102726.jpg
(いつもよりは写真は少な目。雨が多かったし。夫がその代わりに、ビデオカメラをえらく回してくれた。)
c0221299_1112488.jpg
c0221299_1114920.jpg
c0221299_112745.jpg
(最後の写真は、そばの花畑。道の駅で、ピオーネのジャムとそば茶と新甘泉という甘い梨を買って帰った。すっごく甘くて、美味しい。水臭くないのだ。)

鳥取砂丘が私的今回の旅行のハイライトだったような。

宿泊したホテル:狗賓(ぐひん)https://guhin.jp/
アメニティが充実していて、化粧品を忘れたとしても、全然平気。シートマスクまであった。犬のお洒落おやつ(添加物なしの、お肉を干しただけのシンプルでいいおやつ)も部屋にあったし、至れり尽くせり。お料理も美味しかったし、温泉もよかった。スタッフもみんな親切。







[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2018-09-17 11:11 | | Comments(0)