お彼岸時系列、好きなものが同じ人、

お彼岸時系列:
三連休の二日目は、夫実家に集合することになった。夫の母から、10時にお坊さんが来るから、間に合うように家に来て欲しい、その後、みんなで車に分かれてお墓参り&お昼ごはん、とショートメールで指示が。夫が念のため、前日に電話をして時間をもういちど確認をする。「うん、10時に来てちょうだい、それからお墓参りの後は、(購入を検討している)永代供養のお墓を見に行くから(車を出すように)」と追加指示が。私は、永代供養墓ツアーは、パスする。その場所がめっちゃ遠いってこともあるけれども、そこは夫の両親と夫の祖母だけが入る墓なので(関心がない)。夫と夫姉夫婦がお付き合いすることに。

9時55分に夫の家に行くと、なんとまぁ、お坊さんは帰るところだった。お坊さんは9時半に来ていて、御経をよみおわっていた。私たち以外(=夫姉夫婦、夫妹夫婦&子供)は、みな夫実家の近所に住んでいるために、早めにきていたのだ。私と夫は、何しに行ったのか。っていうか、10時って言ってたじゃん!気まずかった。

その後、夫実家のお墓(墓じまい予定)に行き、お昼を国道沿いの和食ファミレスみたいなところでいただく。私は最寄りの駅まで連れていってもらい、そのまま一人三宮まで行く。

三宮では、気ままにお店を見て回る。暫く懸案事項が心に重くのしかかっていたために、お店をブラブラする気になかなかなれなかった。本屋で立ち読みしたり、器をみたり、文房具を見たり、セレクトショップを冷かしたりと、贅沢な時間を満喫した。

帰る電車の中で、中高時代の同級生のNさんとばったり会う。彼女とは5-6年前に地元の駅前の坂道で会って長話をして以来だ。中高時代、同じグループではなかったけれども、私はNさんと同じ駅ということもあって、帰りが一緒になることも多く、よく話をしたと思う。大変な読書家で勉強ができ、物静かで大人びていた彼女と話すのは楽しかった。無知丸出しの私をバカにすることもなく、楽しそうに笑いながら、いろいろと優しく教えてくれたのだ。Nさんは、高校の先生である。

Nさんと地元の駅でちょっとお茶して帰りましょうとなる。あれやこれやとおしゃべりして、とてもとても楽しかった。Nさんは、知的でクールで、温かい人だ。また会って話したい。

連休最終日の今日は、父のお墓へ行く。お盆のとき以来である。草むしりをして、落ち葉を拾い、墓石を磨いて、お花を生けて、トマトジュースとリンゴジュースをお供えして、写真をとってラインで八ヶ岳にいる母へ送る(墓参代行サービスみたいじゃ)。お彼岸ということもあって、かなり大勢の人が来ていて、新しく生けたお花が沢山あった。夫がお墓を後にするとき、「お墓をきれいにして、最後お花を生けたらなんか気持ちええな」と「らしく」ないことを言う。

好きなものが同じ人:
涼しくなってレザーのバッグが欲しいなぁと、前から気になっていたブランドのサイトをあれこれ見ていて、そのブランドのインスタ経由で、私が欲しいと考えているバッグの名前をハッシュタグにしている人のアカウントを見つける。その人の他の投稿を見てみたら、私が前から気になっていたバッグに、前から気になっていた文房具を並べて「お気に入り」とコメントしている画像を見つける。私が欲しくて大好きなものを二つも持っている!私、この人と同じものが好きみたい!と、テンションが上がって、他の投稿をじっくり見ると、インテリアも「黒いホーローのランプシェード」「古いキリムのクッションカバー」が「好き」とかとか画像と一緒にコメントしているのだ。どっちも私も大好きなもので、実際に使っている。なんか嬉しくなる。

その人は、お料理の写真もよくあげていて、家庭菜園で育てた野菜で、お洒落なサラダやら、パスタを作っては、コメントされている(「上手にできた」とか「ちょっと味が濃かったか」とかとか)。器も素敵で、私が三宮でかなり気に入って見つめていたのと同じお皿も映っていた。うわー、好みがツボだ。好きな色も同じだし、時々映っているコートとか靴も素敵である。途中で気がついたのだけど、この方は、58歳の男性であった。横から撮影した女性の画像に「ツレアイが……」とコメントをつけているのを見て気がついた。私は、ユニセックスデザインが好きだから、特にバッグは男性も持つようなものを好む。やっぱり、こういうのが好きなのよね、と再確認する。 








[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by himarayasugi2 | 2018-09-24 16:57 | 雑感 | Comments(0)

日常の雑感、衣食住、犬についての記録。


by himarayasugi2