ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

全日本フィギュア 女子SP備忘録的な

全日本フィギュアスケート選手権の女子SPをTVで見た。生放送だった。変な煽りVTRも少なくて、快適だった。走り書き程度の感想など。

女子SP
坂本選手のときは、終始お祈りポーズだった。最後のループジャンプが着氷するまでは、生きた心地がしない。ジャンプ全部成功、加点もあった、レベルも全部取れていた。スピードもあるし、高さも、幅もあるジャンプ、もっと加点がついてもよいのでは。SPでは髪をおろしているけど、なんか滑っているときに邪魔になってそうなので、個人的には編み込みにするとかして、頭は小さくまとめて欲しい。衣裳もねー、なんかもっと似合うものがありそう。アメリのときのカーキの衣裳のほうが合いそう。私は坂本選手がこのSPは1位だったと思っている。フリーでもよい演技ができますように。

三原舞選手もよかった。滑らかで切れ目のないスケーティングは、彼女の個性である。樋口選手の空中にぽんっと身体を投げ出すようなジャンプも好き。表情もいいし、あのステップは彼女でないとこなせない。ちょっとジャンプが惜しかったけど、山下選手もよかった。スケーティングもいいし、表情もいいし、あの滑っている感じが、16-17歳ごろの浅田真央選手っぽいなーと思う。マスコミはポスト真央=3A跳べる人に限定しているけど、全体の雰囲気とか、愛らしさとか、スケーティングの感じとか、脚が長い感じとかとかは、山下選手が最もそのころの浅田選手に似ていると思った。

坂本選手のジャンプへの加点は、他の選手との相対評価でもう少し突き抜けていてもいいかもーと思っている。あと演技構成点と技術点がスコアに占める割合は、今は1対1だけど、0.5対1でいいんじゃないか。少なくとも同じ比率ではないと思っている。

荒川さんの解説に、なんとなく偏りを感じていて、信用できない。これは、今に始まったことではなくて、ずーーーーーーっと前からだけど。別の人に解説してもらいたい。

今朝の日経新聞のスポーツ欄では、紀平選手が転倒してSP5位だったことが一番大きな扱いで、写真も転倒写真が一番大きかった。次に大きな記事は、宮原選手がSP1位だったこと。これも小さいけど写真つき。坂本選手がSPが2位だったことは、小さく報道しているけど、技術点が1位だったことは報じていない。写真もないし。なんなのこれ。昨日の女子SPでは、細田選手が3Aを決めているのだけど、日経では一切扱っていなかった。モヤモヤしている。 








by himarayasugi2 | 2018-12-22 10:58 | スポーツなど | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 暖房なしなのに室温が23℃ 発言には人柄がやっぱりでる。 >>