人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

食生活傾向、もやもや

7月に中高時代の友人と会ったときに教えてもらってはじめたアプリ、「あすけん」で毎日の食事を記録するようになって二か月以上がたった。いつまで続くのかわからないが、ここまで記録して気が付いたことなど。

食生活の傾向:
「あすけん」の無料コースは、1日の終わりに健康度と摂取カロリーと栄養素バランスがAIの未来ちゃんのコメントとともに通知される。私の食生活で不足しがちなのは、ビタミンAと鉄分であることが判明する。そして意識していないのに常に基準以上摂取できているのは、ビタミンEと食物繊維である。「あすけん」にアカウント登録するときは、年齢、性別、身長、体重などのデータも入力するので、「この年齢の女性だったら」という前提で「果物取りすぎ」とか「乳製品取りすぎ」とか「○○不足」などなども1日の終わりに総括してくれる。また、週ごと、月ごとという単位でも同じ分析をしてくれる。二か月続けて自身の食生活の傾向はだいたい把握できたと思っている。

おやつ:
今まであまりに外出していなかったこともあり、間食を控えることが多かった。とはいっても朝食と昼食の間にお腹が空くことはよくあることで、そういうときは意識して「ナッツ」「ドライフルーツ」「カカオ72%の小さいチョコひとかけ」などで気を紛らわしていた。実際のおやつも「井村屋のあずきバー」とほうじ茶、カカオ72%チョコとカフェオレあるいはミルクティー、切り餅にゆであずき、というようにできるだけ200カロリー前半に収めようとしていた。こえても300カロリー以内とか。週に一度くらいは自分に甘い日を作ってストレスをためないようにしている。

気を付けないといけない食べ物:
こういう記録をするようになってわかったことは、「あすけん」において洋菓子はおそろしいほど健康度のスコアを下げる悪者だということ(*)。ケーキひとつ口にしただけで、その日の脂質と飽和脂肪酸がどーんと基準値を越えてくる。あと、パンも悪者である。最初、バタートースト、はちみつをかけたヨーグルトを食べていたのだが、途中からトーストを「ごろっとグラノーラまるごと大豆」に豆乳をかけたものにし、あとはヨーグルト(はちみつとMCTオイルを1、2滴たらす)、という内容に変えたら栄養バランスが改善されたので、今もそれで続けている。パンはたまにおいしいお店のもの(サンドイッチとかカンパーニュっぽいものとかとか)を食べるようにして、ストレスをためない。この大豆グラノーラは、友人が教えてくれたもので、意外とおいしい。夫がこれを気に入ったのには驚いたけど。

やっぱり:
あまり神経質になっても味気ないので、一週間単位でだいたいのバランスをまとめるようにしている。毎日ベースで完璧になんてできるわけないし。アッシュパルマンティエとか餃子とかをもりもり食べたい日もあるし、これから外食ももう少し増えるだろうから。毎日記録していて実感したのは、お魚、味噌汁、納豆、野菜の小鉢×2種みたいな献立が入るとその日の食事健康度は一気にアップすること。ある日は、シラウオが安かったのでシラウオ丼と野菜の胡麻和え、具沢山味噌汁、だし巻き卵、トマトといろいろサラダ、みたいな夕食にしたら、いつも微妙に足りていないビタミンAの摂取量が基準値を大きくクリアできていた。やはりお魚(お刺身、煮つけ、焼き魚)と野菜系、具沢山味噌汁はよいみたい。

調子にのると:
スイートポテトとマロンパイ、二つ合わせて100グラムちょっと越えたくらいをある日のおやつに食べる。美味しいお店のものをチョイスしたのだ。とてもおいしかったのだけど、どちらか一つでよかったみたい。しばらくしたら胃が重くなった。

結論:
腹八分目にする。でも美味しいものはあきらめない。うんと美味しいものを適量食べて欲張らない(←重要)。安易に外食するのではなくて、美味しいものを狙って外食する。このアプリを教えてくれた友人は、夜にワインとナッツとチーズをつまむのが楽しみだけど、量は控えめにして楽しむようにしているとのこと。

*)私はほぼお酒を飲まないからアプリに記録したことがない。スイーツの量を調整するのは重要だが、もっと重要なのは飲酒量らしい。友人に言わせると、お酒は「適量」が鉄則らしい。正直に実際の飲酒量を記録するとAIに注意されるとか。




もやもや:
『おかえりモネ』が今、あんまりおもしろくない。菅波先生が登米から東京に戻って、モネが島に戻ってすれ違いになってからどうも話がおもしろくなくて(菅波先生が不足しすぎ)。モネが故郷に帰って役に立ちたいことに対して、りょーちんが「きれいごと」と言うのはよくわからない。あと、初対面の中学生にも「きれいごと」と言われる必要があるのかなぁと(なんて生意気な子なんだと)。始まりは「きれいごと」でも、まず始めることが大切なのではないだろうか。ボランティアと同じで、偽善だと言われても、行動を起こす人がいないと物事は動かない。何もせず他者の行動を「偽善だ」と言うのは簡単である。そのような言葉をなぜ抵抗なく浴びせることができるのだろう。

妹の未知の湿っぽさが画面越しでも今観ていてとてもしんどい。










by himarayasugi2 | 2021-10-06 19:04 | 雑感 | Comments(2)
Commented by toaruhi at 2021-10-06 22:17
『あすけん』もうどれくらい前やろう…?
結構真剣に、まじめにやってました。
いまだに、『こがけん』て見ると
思い出すくらい(笑)

あらー、モネさんそうなんですか…
たしかに、最近のヒマラヤスギさんからは
『モ熱量』の低下はそこはかとなく
感じていましたが…
大の朝ドラファンの友人によると
終盤になるとぐだぐだしてくるのは
朝ドラの通弊、なんだそうで(小笑)
数作しか観ていないわたしでも、それは
なんとなくわかる気はしました。
Commented by himarayasugi2 at 2021-10-07 09:09
たろさん、
おおお、「あすけん」経験者なのですね。7月の連休に会った友達から教えてもらって始めたのですけど、一緒にはじめた友達は数日でやめました。AIに毎日叱られるのが辛いとか。私、意外と続いていますけど、今後、外食が続いたりすると記録を忘れそう。食傾向がわかったことは収穫でした。

「モネ」今月で終了なのですが、あと数週間ですべて話がまとまるのかなと思っています。菅波先生と別れるのだけはお願いやめて~となっています。製作側が見せたいテーマとは別の要素(菅波先生関連)ばかり期待してしまう私が悪いのですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 謎の研究所 睡眠、テレビ、SNS >>