人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

朝から六法全書で泣く

『虎に翼』の第五回。

寅子の母、はるは、寅子が女学校にいる間に見合いをさせて婚約までもっていきたいと次から次へと見合い話を持ってくる。女の幸せは結婚であり、学をつけすぎて行き遅れることほどみじめなことはないと言う。はるは、寅子が明律大の女子部で法律を学ぶことを最後まで反対していた。絶対に許しませんと。

しかし、「甘やかされたお嬢さん、どうせ泣いて逃げる」という娘への桂場の発言をきいたはるは、「お黙んなさい!」と啖呵を切る。ぴしっと。進学の最大の障害が、最強の援軍に変わった瞬間だった。どうしよう私の涙腺が緩み始める。そして予定していた見合い用の振袖ではなくて、六法全書を寅子へ買いあたえる。ここで泣いちゃった。はるがかっこよくて。嬉しくて。

はるは、賢すぎる寅子が、自身の賢さを隠さないまま世の中に出ていくことが心配で心配でたまらなかったから、寅子を「見合い→結婚→良い奥さん」のレールにのせて幸せになって欲しかった。でも、地獄を見てでもやりたいことをするという寅子の強い意志を認めずにはおられなかった。聡明な愛する娘を侮辱する桂場の発言も許せなかったのだろう。そんなこと言わせてなるものか、はるは「すん」とするのをやめてしっかり意見を桂場にぶつける。寅子ははるに似たのだ。「すん」とした仮面を脱いだはるは、強くてしっかりしていてやっぱり賢かった。

この時代法律で社会的に「無能力者」とされていた女性が、本当の自由を得るためには、これまでにない新しい道を女性が切り開くしかなかった。そして道を切り開くことは困難であること、でもその道の先にしか本当の自由はないことをはるは、うっすらと気づいていたと思う。はる自身は自らに期待された実家の旅館に利益をもたらす相手との結婚が嫌で、誰でもよいから実家から逃れられる相手と結婚しようと考え、実行したのだ(今のお父さんと結婚してよかったと思っているけど、とフォローしてたけど)。はるは自分の人生に満足しているというが、自分の道を見つけられなかったことに少しは後悔があったと思う。だからこそ自分で居場所を作ろうとしている寅子を、どんなことがあっても応援しようと決意したのかもしれない。

石田ゆり子は美しくてかわいらしいけど、演技という面で今まで印象に残ったことはなかった。『虎に翼』のこの第五回での石田ゆり子が素晴らしかったのは、彼女自身がセリフに共感して演技したからではないかと思う。気持ちが入ってセリフを言っていたから、視聴者に届いたのだと思う。

NHKプラスも含めて2度も第五回を見てしまった。六法全書を買ってわたすシーンが見たくて。このままの面白さを維持してドラマが続きますように。

このドラマ、通行人のセリフのない女性もなんか事情がある感じなのが面白い。悲しそうに歩いていたり、立ち止まって泣いていたりする、でもセリフも説明もない。寅子は少し気にしながらも、自分の方向へと急いでいく。何度か出てくる「橋」がなにかのシンボルのようでもある。橋は、この時代の女性の往来の縮図なのかも。腰をまげてゆっくりと悲しげに橋の上を歩く老女もなんだか意味深だ。

もう10年単位で朝ドラを視聴していなかった実家の母がなんと、『虎に翼』を視聴していた!面白いって。六法全書の回はよかったって!石田ゆり子を「あの子、いいじゃない」と褒め、米津玄師の曲も「なかなかいいじゃない」と褒め、伊藤沙莉のつんと上向いた鼻がなぎと同じであることも認めた。「伊藤沙莉ってなぎちゃんに似てるでしょ」と言うと笑って否定しなかったから、やっぱ似ているんだ。

ドラマもいいし、米津玄師のオープニングの曲もいいし、アニメーションもいいし、今のところ全部いい。この調子を維持してくれたらいいな。オープニングの最後にアニメから実写になって伊藤沙莉が、手のひらをこちらに向けた状態で両手を広げるのだけど、マネしてやったらすごく心が開かれるような感じ。




なぎの下痢はひとまず収まった。油断は禁物だけど。このまま問題がなければ週末に狂犬病ワクチンを打ちにいけそう。












by himarayasugi2 | 2024-04-05 15:54 | エンターテインメント | Comments(2)
Commented by しろた at 2024-04-07 08:35 x
だいぶ以前にコメントしたことのある、しろたと申します。
六法全書のところ、良かったですよね。
伊藤沙莉さんも魅力的ですし、ストーリーも楽しみですよね!
さて、美容師探し、、、本当に難しいですよね。
そのビジュアルの違いはかなり詐欺だと思いました。びっくりです。私も紆余曲折を経て、昨年夏からレンタルスペースでやっているフリーの美容師さんに落ち着きました。インスタで探しましたが、穏やかな方ですが自分一人で意地もやっていくという気概を感じますし、実際、カットも上手で良かったです。
Commented by himarayasugi2 at 2024-04-07 18:15
> しろたさん
『虎に翼』、子役時代のないスピーディーな展開がいいなって思いました。六法全書の回は、泣けました。これからの話もとっても楽しみにしています。

美容師さんも途中でイメチェンするんだって思いました。別人レベルのビジュアルチェンジではあるのですが、ま、施術自体は普通にやってくれたので次回も多分行くと思います。

レンタルスペースでフリーでされている方がいらっしゃるんですね。それで私も検索したら、確かにフリーランス美容師のためのレンタル美容スペースというビジネスがあるみたいでびっくりです。ちょっと興味があるので、私も近所の美容院レンタルスペースというのを探してみようかと思っています。いろいろなやり方があるんですね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 桜と小さい犬と4年前のケンと 新年度が始まっていたここ数日の... >>