またまた久しぶりのブログになってしまった。日があいてしまう理由の一つに、やらないといけないことがあったり、用事があったりなどなどで、気がついたら書いてない、となるのだ。言い訳はこのへんにして、「フィギュア見ました」の記録など

フィギュアスケート:
グランプリファイナルが終わった。テレビはライブではないし、編集した上に煽りVTRが挟み込まれるので、ほぼ見ない。結果を知って、興味のある動画だけを見るという感じ。

3Aを成功させて、女子の紀平選手が初出場初優勝を飾った。難度の高いジャンプをきっちりきめたら、勝てるという当たり前のことが、やっと現実に起こったという感じだ。3Aをショートとフリーあわせて3本決めた浅田選手が、バンクーバー五輪で優勝できなかったことが、異常なのだとあらためて思う(他の試合だって、辛口評価ばかりだった)。紀平選手の活躍は喜ばしいことである。ただ、それとは別に、浅田選手が当時、なぜ、冷遇(あえて書く)されなくてはいけなかったのだろうとか、どうしても思い出してしまって、胸の奥のほうが、少しヒリっとする。いつまでもこういうことを外野が言うのは、よろしくない。それはわかっている。浅田真央さんは、とっくに前を向いてセカンドキャリアで輝いているのだから。

「誰を越えたか」(「真央越え」などとマスコミは煽るけど)で選手を語ることには、さほど意味がない。選手の最終評価は、引退したときにおのずと定まるものだ。伊藤みどりさんや、浅田真央さんがフィギュアに残したものは、後からどんな選手が出てきても、上書きされることはない。それにこの2人は、特別。

紀平選手は、このまま次の世界選手権でも、ジャンプを決めて優勝して欲しい。ザキトワ選手のスコアと比較してみたのだが、完全に「技術点の差」が勝敗を決していた。これはとても気持ちがいい。紀平選手のSPの衣裳は、もうちょっとシンプルにしたほうがいいかな。

個人的には、坂本選手を応援している。彼女のことは、昨シーズンに初めて知ったんだけど。モダンバレエみたいな振り付けも好きだし、そういう振り付けをしたくなる振り付け師の気持ちも少しわかる。素材が魅力的だから、いろいろ試したくなるのかも。幅、高さのあるジャンプも好きだし、お花が早回しで咲くようなスピンも好き。スケーティングも滑らかで、豪快で、スピードがある。今期、一番好きなフリープログラムかも。SPのときも、髪の毛はまとめたほうが好きかなぁ。彼女は頭が小さいし、魅力をアピールしたほうがいいと思う。彼女の試合結果とスコアに一喜一憂している。

日本人選手以外だったら、ロシアのトゥクタミシェワ選手を応援している。彼女は、大事なときに怪我をしたりして、平坦でない選手人生を今まで送っているけど、必ず這い上がってきている(途中で消えてしまったロシアの女子選手は多い)。プログラムは、いまいち好きでないし、衣裳も過去には謎衣裳(占い師みたいなチュニックとか)もあったけど、一流のジャンパーだと思う。

THE MANZAI
昨日の夜、チラッと見た。インディアンズで大笑いした。面白い。どうしてこんなに面白いのに、M1で決勝にいなかったんだろう。「ミキ」も安定の面白さ。中川家の漫才を見忘れてテレビを消してしまった。

ここ数日:
授業にも出るし、G会にも出るし、飲み会でもはしゃいでいた。夫のバンドのライブにも久々に行った。G会の飲み会周辺の話とか、別記事で書くほどでもないけど、後日に書けたら書いておこう。 








[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-12-10 12:48 | スポーツなど | Comments(0)

今日は暖かいというより、「暑い」1日だった。歩いていたら汗をかいてしまった。先ほどテレビで、12月としては100何年間の観測史上初の最高気温を記録したとか報じていた。これが週末には、どーんと気温が下がるとか。体調を崩さないようにしなくては。

某先生の授業が終わって地元の駅についたら、2時を過ぎていた。お昼をまだ食べていなかったので、買い物をしてからコーヒーチェーン店に入って軽食をいただく。斜めむかえにスーツを着た休憩中の営業マンみたいな30代前半くらいの男性が座っていて、コーヒーを飲みながら熱心に本を読んでいた。

営業マンが手にしていたのは、ホリエモンの写真が表紙にでかでかと載っていて、その写真の横には大きな字で「炎上される者になれ!」というコピーがついている本である。自己啓発本のようである。カバーをかけないのは、なんでだろう。私だったら、こういう表紙だと100%カバーをかけるだろう。誰かに見られたくないというか。帰宅後検索してみたら、この本の正式タイトルは、『自分のことだけ考える。:無駄なものに振り回されないメンタル術』という。一行も読んでないし、彼の著書に限らず自己啓発本は、今後も読む予定はない。でも、どのような読者層を狙っているのかは、ちょっと知りたい。アマゾンを見た限りでは、ホリエモンの自己啓発本は、すでに数冊出ていて、しかも結構売れているようだ。ホリエモンは、色々な世界を見てきて、こういうメンタル本を必要としている人が多いことをどこかで知ったのだろう。失礼ながら、人付き合いが苦手な人が読者層なのかなと勝手に思っていたのだが、店で読んでいた人は、社交的な感じの営業の若い男性だった。


時系列が前後するが、某先生の授業のあと研究室でM1とM2と少し雑談になった。M2の1人は、修論関係の資料をすべてPDFにしてパソコンに入れていて、出先でサクサク修論を書いているらしい。授業の合間、バイトまでの時間などなど、隙間時間を有効活用している。他のM2が、「ひゅー、スタバ女子やん!」とからかうと、「実際はスタバではやってないけど、普通の喫茶店でパソコン広げてる」と返していた。私も修論は、図書館とタリーズで書く時間が長かった。ただ、紙とペンで、「手書き」で思いついたことをうにゃうにゃ書いて、帰宅後それをパソコンにちゃんとした言葉にして打ち込む、といった感じだけど。アナログである。

私のロンブン全般の書き方は、ゼミ先生と某先生の教えに従っていると思う。「はじめに」は、最後に書くということは、最初に習った。が、別ゼミでは、「はじめに」は最初に書くように指導されているらしい。ひゃー、私は絶対にそれでは書けない。だいたい、予定構成通りに論文が書けたためしがなくて、書きながら、寄り道したり、違う道行ったりして、なんとかまとめている。で、最後に全体を読み通して、「はじめに」に着手というのがお決まりのパターンである。「はじめに」が最初に書けるってことは、構成が完璧で、ぶれることがないってことだから、凄いと思う。でも、私は無理だ。

特に事件もなく、重い荷物(牛乳、大根1本、肉、他野菜やら日常品やら)を持ってフラフラになりながら坂道を上って帰宅。しんどい。すぐケンの散歩に30分、ケンのご飯を作って、お米を洗って、録画していた『まんぷく』を視聴して、晩御飯の準備を今からする。1日なんて、あっという間だ。









[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-12-04 17:15 | 雑感 | Comments(0)

2018年のM1/紅葉

2018年のM-1を制したのは、「霜降り明星」だった。

毎年、必ず視聴してしまう『M‐1グランプリ』なのだが、今年は結果に納得している。ちなみに、去年の優勝者は絶対に「和牛」だったと思う(*1)。しかし、去年2位だった「和牛」だからといって、今年の優勝が約束されているわけでもなく、こういうのは、タイミングと運もある。もし事前のジャッジミーティング的なものが存在するとすれば(仮定だけど)、「和牛は最終ラウンドに残し、最終ラウンドで突出した出来のコンビがなければ、優勝は和牛にする」くらいは決められていたかもしれない。でも、「サンドイッチマン」が敗者復活から優勝したように、会場の笑いを独占するコンビが突然現れるときもある。今年もそうだった。

決勝ファーストラウンドで、私が一番笑ったのは「ジャルジャル」の国名を分割して言うという、わけのわからんゲームがネタの漫才だった。「アル・ゼンチン」とか「イン・ドネシア」とか、何度も何度も繰り返されているうちに、笑いが止まらなくなってしまった。次に笑ったのは、「霜降り明星」で、次が「かまいたち」と「ミキ」だった。

決勝ファイナルラウンドでは、ベテランの「和牛」か、突如現れた「霜降り明星」かで迷ったけど、最終的に夫も私も一番大笑いしたということで、「霜降り明星」が優勝じゃないかと予想したら、今回はそれが当たった。文句なし。

審査員の1人、「ナイツ」の塙は、終始冷静で的確なコメントをしていたのが印象的だった。塙は、「霜降り明星」について、ツッコミ役もボケ役もどちらも人間としてのパワーがあると述べていて、それはこのコンビの強みだとしていた。同感。漫才コンビでは、片方の存在感が強い場合が多いのだが、2人とも同じくらいパワーがあるほうが、厚みがでると思う。有名なところで、ダウンタウンは二人ともピンでも堂々の存在感だし、ブラックマヨネーズもそうだ。銀シャリも、サンドイッチマンもそう。「霜降り明星」は、これらの有名コンビに続く逸材かもしれない。普通に面白かったし、どちらも「太い」感じ。笑わせてもらった。

立川志らくのコメントもよかった。「かまいたち」について、「漫才が面白い」の前に「漫才が巧い」と感じる(それは改善すべき点)と指摘したのは、その通りだなと思う。審査員に立川志らくと塙を入れたのは、とてもよかった。彼らのコメントは具体的で、お笑い業界でない人が聞いてもわかりやすい。

最終結果は、「霜降り明星」が4票、「和牛」が3票と割れた。激戦だった。どちらも面白かったけど、より笑ったといったら、やっぱり私は「霜降り明星」だった。「漫才が巧い」よりも「漫才が面白い」方に軍配が上がったといった感じ。大衆芸能なのだから、面白くてなんぼというのがベースにある。「和牛」は残念だったけど、実力は折り紙付きだし、これからも活躍すると思う。

「霜降り明星」「ミキ」「かまいたち」「和牛」「ジャルジャル」の5組は、面白かった。


*1)個人的に本当に謎の優勝は、何年か前の「〇レンディエンジェル」である。なんであれが優勝なのか、全くわからず。一度も面白いと思ったことがない。


紅葉:
もう終わっているかなと思ったけれども、山の方はまだやっていた。ダラダラ歩くケンにはお留守番をしてもらって、人間だけでさっと上って見てきた。午前中に立ち枯れたコスモスを撤去する作業を行った後に坂道を上ったので、すごく疲れた。枯れコスモスは、45リットルのゴミ袋4枚にパンパンにはいった。年内に、土を補充してなんとか手入れを終えないと。下の庭もなんとかしないと。でも時間がない。
c0221299_942615.jpg

c0221299_945066.jpg

[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-12-03 09:09 | エンターテインメント | Comments(0)

12月になってしまった。信じられない。つい最近年が明けたところだと思っていたのに。父が亡くなってから1年以上たつなんて、時間の流れが毎年加速している。


そういうわけで、毎年師走恒例(?)の、「今年買ってよかったモノ」の記録である。


キッチン編:

土鍋「おこげ」by 無印良品

使用頻度が高いこともあって、ご飯を食べるたびに「これ買ってよかったわー」と実感している。美味しく炊けるし、失敗がない。それに意外と簡単なのだ。今のライフスタイルだったら、予約炊飯とか、長時間保温などの機能がなくても問題がない。夫婦二人だし、朝食はパンなので、十分である。何杯もお代わりをするわけでもないので。昔、イギリスで買った巨大なティーコージーがこの土鍋にぴったりの大きさなので、夫がご飯は後から食べるというときは、これをかけておけば、保温もバッチリなのだ。うん、買ってよかった。


ファッション編:

ロックポートのレースアップシューズ

私の足は、とにかく幅が狭くて、甲が薄く、踵が小さい「細長くてペラペラ」の足である。24.5cmを買うと、たいていが横がぶかぶかで、甲と靴の間にも隙間ができて、歩くと足があたる。中敷きで調整が必須なのだ。ロックポートの靴は、もともと幅が狭いので、足をいれたらぴたっとしている。それに、中のクッションが分厚くて、長時間歩いても疲れない。調整しなくてそのまま履ける。1日中履いて歩き回った日でも、問題なかった。パンプスも、ここのを買えばよかった。他、パトリックも足幅が狭いデザインなので、私の足に合う。

https://shop.rockport.jp/


私は、元町の大丸で試着してから購入した。


その他:歯磨き粉

ライオンの「ハイテクト 生薬の恵み」(さわやかハーブ香味)

ドラッグストアで、少し安くなっていたので試しに買ってみたら、これがよかった。夫にも大好評である。6本まとめてだとネットでかなり安く買えることがわかったので、近々まとめ買いする予定。この商品のなにがいいかというと、人工的な香料の味が全くなくて、さわやかで、控えめで、後に残らないところ。歯を磨くのが楽しみになる感じ。少々高めなのだが、歯磨きのときのペーストは、少量で十分らしいので、夫婦二人だと大して減らないのだ。きっと、他にもっと高価でよいもの(外国のオーガニック系とか?)があるだろうけど、しばらくはこれで十分である。ささやかな贅沢。


https://shoyaku.lion.co.jp/products/



今年は、修理関係で結構な出費があった。さきほどトイレのタンクのパッキンを交換に来てもらったところだし、大雨のときに外灯が漏電して、結局、中に水が入らない外灯を新たに購入し取り付けてもらったりもした。こういうやむを得ない出費が毎年必ずある(エアコン取付とか、ソファの張り替えとかも過去にあった)。北京五輪(2008)のときに、冷蔵庫とテレビが同時に壊れて買い替えているから、東京五輪あたりでどっちか故障するかもしれない。洗濯機は、2006年に買い替えたものを使用しているが、これだっていつまでもつのか怪しい。大阪ガスの人から給湯器も12年すぎたらいつ壊れてもおかしくないって言われている。あー。もーっ。次から次へである。











[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-12-01 14:05 | モノ | Comments(0)

こんなよい月を

明日から12月とは思えないほど暖かな日が続いている。昨夜はゼミコンだった。コート、マフラー、セーターで出かけたのだけど、夜になっても暖かかった。家でも床暖を全くつけることがない。今は、寒すぎることもなく、外出に丁度よい季節である。


ゼミコンで、尾崎放哉(おざきほうさい)の俳句が話題になった。あまり詳しく言えないけど、文学とは関係のないゼミである。小豆島の話から、そういえばと尾崎放哉の名前が出たのだ。こういうとき、20代のスマホマスターがいるとあっという間にウィキで調べていろいろ教えてくれる。M1が、「咳をしても一人、の俳句の方なんですねー」と。M2が、「自由律俳句、ですよね」と補足する。咳をしても一人、いい句やねーとなり、あれこれみんなで尾崎放哉の他の俳句を見たのだが、一番盛り上がった句が、こちら;


こんなよい月を一人で見て寝る


この句は、「咳を」と同じくらい有名な句で、この句を好きな人は多いらしい。ウィキであれこれ見ていたら、癖のあるお人柄で周囲も大変だったらしいけど、こういう俳句を残してくれるところは好きだなぁと。みな、「今生きていたら、ツイッターとか炎上しそうだ」とか(きっとツイッターをやっていただろうという仮定で)、「小豆島で、味のある写真を撮って、インスタにこういう俳句をつけてアップしてくれそうだ」(フォロワー数もきっと多いだろうねと)とか、「こういう人は、フェイスブックは絶対やらないよね」などなど言いたい放題だった。みな、尾崎放哉の句が素敵だったから、とても好意的である。「今度から、キレイなお月さまを見たら、この句を思い出してしまいますね」という意見多数。「でも、1人で見て寝るんだよね(笑)」みたいなやりとりも。


青空文庫に句のリストがある。他にもよい句がたくさん。じっくり味わいたい。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000195/files/974_318.html


尾崎放哉の話題から、フェイスブックに話がおよんだ。フェイスブックはシニアのツールらしい。「年いったら始めるやつ」みたいなニュアンスだった。リア充を装う投稿に対してはみな冷ややかだった。私も含めてあの場にいた人は、全員尾崎放哉の句が好きだから、無理もないのだ。


ゼミOGKさんは、活動的で、コケティッシュで、魅力的な女性である。センス抜群で、お友達も多くて、いつも仕事に旅行にとお忙しいのだ。ま、リアル・リア充の典型って感じなんだけど、「SNSは、インスタしかやってへん。でも、フォロワー3人やけど」とニッコリ。「フォロワーを3人にするって、逆に難しくないか」「いや、3人っていぶし銀だと思う」「で、何投稿してるんですか?」と発言が相次ぐ。「もし私がインスタはじめたら、Kさんフォローするから、そしたらフォロワー4人になるでしょ、Kさんも私をフォローしてよ」と私(インスタ、当分始める気はない)が言うと、「よっしゃー(笑)」とKさん。多分、昨夜の私たちのテーブルは、「変な集団感」がかなり強かったと思う。



独り言:

今朝の日経でちらりと目にした記事:男子フィギュアの最近の五輪の金メダリストが、お怪我のために予定されていたグランプリファイナルを棄権するとあった。このままもし全日本も棄権となったら3年連続棄権となるが、そうしたら、この選手だけは例外として、3年連続全日本(世界選手権派遣を決める試合)を経ないでも特例での世界選手権派遣となるのか、みたいな疑問形で記事は結ばれていた。お怪我の治療を第一に考えているのであれば、無理して世界選手権に出なくてもいいかもよ。







[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-11-30 14:31 | 雑感 | Comments(0)