ブログトップ

ヒマラヤスギ雑記

cedar2.exblog.jp

ありふれすぎの日常

早めに大学に行って、図書館で文献をダウンロードして、本を借りた。なんと、探していた本が、ピンポイントで貸し出し中だった。しかも、予約が入っているため早くてお盆前、遅かったら秋まで読めないのだ。1冊しかないと、こういうとき本当に困る。

代わりになりそうな本をとりあえず2冊借りて帰った。

Cちゃんは、深夜バスで東京に向かうそう。某大学の図書館にしかない資料を閲覧させてもらうかなんからしい。1泊か2泊してまた深夜バスで戻るとか。若いってすごい。そもそも深夜バスとか、絶対に無理。眠れないし、体力奪われるし。鉄人Cちゃんである。

地元にテナントの回転率が速すぎる一画がある。現在もテナント募集中だし。もともとあった洋菓子屋は、古くて地味だった。年配の人がちょっと家用に地味なお菓子を買うとか、2階の地味な喫茶室で長時間過ごすとか、そういう感じだった。私は1度も入ったことがなかった。そのうちそこが建て替えられて、バブル時代を彷彿とさせる建物が現れた。最初のテナントは、ティールーム併設のケーキ屋。かなりとんがった感じだった。高いし。でも、あっという間に閉店に追い込まれる。どれくらいあっという間かというと、開店記念で配っていた割引券を私が1度も使わなかったくらいのあっという間である。その後は、有名らしいお店の「神戸店」が入って、閉店して、その後は、別のカフェが入って閉店した。この間、2-3年くらい。で、次はワインバーが入ったのだけど、開店祝いのお花がまだ店内に置いてある状態のまま、1度もお客をいれることなく、1か月もたたないで撤退した。呪われているとしか思えない。そこだけがピンポイントで、だめなんだと思う。その店のすぐ隣の店や、道を挟んだ向かえの通りにあるカフェ数軒は、みな繁盛している。なにがダメなんだろう。お祓いするしかないとか。

夫がハンターのレインシューズを買って帰ってきた。今まで彼はレインシューズというものを所有したことがなかった。雨のとき専用の靴を持つのが非効率だとでも思ったのだろうか。レインシューズを買ってからまだ雨が降っていない。ネットで天気予報を調べては、「くそー、雨降れへんわ」と悔しそうである。子供か。


歩きまくって、とにかく疲れた。 









[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-06-14 19:25 | 雑感 | Comments(0)

そば打ち

夜テレビを見ていたら、家でそば打ちをする場面がCMで流れる。そばを家で打つと「お父さん」(妻の父親)の機嫌がよくなる、みたいな男性のナレーションがはいる。

これを見ながら、「そば打ちって、家で簡単にできるの?習得するのが難しいんでしょ?」と夫になにげなく訊いたら、「まー、そば職人がいるくらいやから、それなりに習得には時間がかかる技術なんやろな、よくしらんけど」と夫。私も夫もそばは食べる方専門で、打ったことがないし。

そば打ちで思い出したのは、以前、某さん(♂)という方と話をしたときのこと。某さんのお知り合いに、「ワインと音楽を愛し、飲んでも家に帰らなくてすむように大阪のど真ん中のタワーマンションに引っ越した」という人がいるらしい。仮にXさん夫婦とする。某さんは、大阪のど真ん中のタワマンに引っ越した理由が、「飲んだ後、家に帰らなくてすむ」と公言しているXさん夫婦に心酔しているように見えた。そして、「Xさんって、すごいでしょう?」と同意を求めてくる。

なんとコメントしていいのかわからず、黙っていたら某さんがさらに言う。「Xさんの奥さんは、もっとすごいんです、40代で仕事を全てやめて、そば打ちの修行を始めたんです!僕、尊敬しているんです!」と。どういうリアクションが求められているのか、すぐにわからなかった。某さん的には、おそらく「それは素晴らしい!」「私もやってみたい!」的なコメントが返ってきて欲しかったのかもしれない。XさんもX夫人にも会ったことがない私は、「そうなんですか、そば打ちねー」としかコメントのしようがなかった。でも某さんは、私が褒めるか、なにか肯定的な発言をするまで、「すごいでしょ?そば打ちですよ?」と繰り返す。

「仕事をやめてそば打ちを始めたXさんの奥さん@40代」が、どうしてそこまで某さんの心に響いたのかは、最後までよくわからなかった。もしかしたら、素人の嗜みとしての「そば打ち」が持つ「おしゃれ」なイメージと関係があるのかもしれないけど。私は「では、いずれは、某さんもX夫人の手打ち蕎麦をいただけるんですね、いいですね」と言うのが精一杯。夫は、「へー」と言っていたような記憶が。

某さんはきっと自分がそばを打ちたいのだと思う。


『コンフィデンスマン』最終回!
ひゃー、面白かった。まんまと騙されてしまった。楽しい。続編またテレビでやってくれないかな。佐藤隆太って、粗暴な役がはまるなぁ。長澤まさみは、やっぱり上手。で、かわいい。最終回の内容は、初回の直前のエピソードだった。脚本最高やわ。子猫ちゃんたちの安全というのは常に確保されているのだろうか。そこ、ちょっと心配。







[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-06-12 17:33 | 雑感 | Comments(0)

雪組だった

c0221299_20463623.jpg
ちょっとしたご縁があって、ここに行ってきた。私は人生2度目、夫は人生初である。
c0221299_20465798.jpg

私が初めて行ったのは、小さい頃だったから、もう「行った」ことしか覚えていないので、実質私にとっても初めての宝塚歌劇といってもいいと思う。私の周囲には、宝塚にハマった人が定期的に現れる。結婚してすぐのころは、夫の知り合いの新潟在住の熱烈な涼風真世ファンの人にBSの宝塚の番組録画を頼まれたこともあった。夫が録画できていないと勘違いしてしまい、そう伝えたら、号泣されたということもあり(あとで録画できていたことが判明して、すぐに誤解を解いたが)、熱狂的なファンってすごいんだと思っていた。研究室の先輩や後輩にも筋金入りのヅカファンは多い。どういう世界なのかなとずっと不思議だった。で、今回行ってきたのだ。

もし、宝塚歌劇に行ったことがなくて、一度くらいは観劇しようかなと迷っている方がおられたら、行くべきだとお伝えしたい。宝塚歌劇は、宝塚南口を降り立ったときから始まっている。その空気とか人とかもひっくるめて「宝塚」って感じ。劇場に近づくにつれて、観劇ツアーの人の塊とか、当日券に並ぶ人々とかの姿が視界に入り、劇場ホールは、すごい人でごった返している。お目当てのスターの名前を書いた大きなカードを掲げた人がいて、そこにも人が集まる(後できいたら、募金みたいなのもやっているとか)。ここは、渋谷の交差点かというくらいの人だかりであった。圧倒される。

満席。ステージは、第一部の歌劇と30分の休憩を挟んで第二部がショーという構成である。30分の休憩では、「ルマン」のサンドイッチを食べる。「ルマン」は宝塚にあるサンドイッチ店で、私も子供のころから知っている。中高のイベント時とかに配られた記憶がある。みんな知っていると思っていたら、夫は「ルマン」のサンドイッチを初めて食べたという。劇場内でも「ルマン」のサンドイッチは販売されていて、みんな食べていた。このサンドイッチ、美味しいのだ。なんとここでは、幕間に客席で食事をしてもいいのだ。
c0221299_20472552.jpg
(開演前。このあと携帯の電源はオフに。後ろの後ろの席である。でも、意外と見えるのだ)

歌劇とショーについて:
なんと、生演奏である。オーケストラピットがあって、そこで演者の動きとぴたりと合わせた演奏がある。なんという贅沢。演奏もとてもよい。男役は、どこまでも男にしか見えない。ステージのゴージャスなこと。大きなステージは、美しくて、凝っていて、こんなにすごいの?ってびっくりする。舞台の上で、とにかく歌って、踊って、動き回って、全く息も切れないし、動きながら(踊りながら)歌うのってとても難しいのに、難なくこなす。ショーでは、ラインダンスとフィナーレの階段を楽しみにしていた。ラインダンス、とってもきれいに揃っていた。大階段から降りてくる人は背負っている羽根の大きさが、その人の「スター度」を表すとレクチャーを受けていたので、羽根に注目する。そもそも羽根が背中にある人は一部の人で、その中でも大・中・小とサイズがある。中サイズの羽根でもすでに巨大で、夫も私も「これが、大サイズなんだ」と思った次に、予想をはるかに上回る巨大な羽根を背負った人が下りてきて、びっくりする。後ろにモフモフが沢山ついていて、見るからに重そうなのに、軽やかに大階段を下りてきた。ミラーボールがキラキラと会場の壁やら床に光を飛ばし、なんか夢の世界のようだった。
c0221299_2049067.jpg
(休憩が終わって、第二部のショーが始まる直前。この後、また携帯をオフに。)

どういうジャンルの音楽でもそれに合わせて歌って踊れる団員に、どんなジャンルの音楽でも難なく演奏してしまうオケ。演目も、洋物も和ものも、漫画原作もオリジナル脚本もなんでもこなす。この日の演目は雪組の『凱旋門』で、悲しい話だったけど、面白くてよかった。

夫と帰りに話していたのだけど、拍手のタイミングがよくわからない。なにか独特のルールにのっとって拍手しているみたいなのだ。ライブとかだと曲が終わったら普通に拍手するのだけど、どうやらそういう単純なものではないみたい。きっと暗黙のルールがあるのだろう。最前列で観劇すると、演者の汗などがかかるらしい。大相撲の砂かぶり席みたい。

様式美という言葉が頭に浮かんだ。華やかな歌劇やショーだけでなく、当日券に並ぶ列も、ルマンのサンドイッチも、場内の売店の華やかな感じも、団員の名前を書いたカードを掲げるファンも、ロビーの赤い絨毯敷きの階段にピアノに、街でみかける宝塚歌劇に関するあらゆるもの(ペット用品店では、男役のブロマイドが飾ってあった、音楽学校に関する説明板が道に掲示されていたり)が、「宝塚歌劇」という世界の一部なのだ。こういうのは、DVDでは伝わらない。

ハマったとはいかないにしても、ハマった人の気持ちはよくわかる。現実逃避というか、舞台が終わるまでは夢の国にいるような感じだった。チケット入手はかなり困難みたいなので、次いつ行けるのかわからないけど、またチャンスがあったら。 







[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-06-10 20:53 | エンターテインメント | Comments(2)

いろいろ

正義の人、善意の人
義憤に駆られやすい人というのはいる。A氏は、自分とは無関係の人のよろしくない行いに怒りのボルテージを上げ、SNSに当該の人物が特定できそうな感じで書きなぐったらしい。その行いというのが、まだ「噂」の段階という。非公開のSNSといえども、そこはかなり多くの人が目にするネット空間である。「噂」の段階でそんなに書いて名誉棄損とかで訴えられないのだろうか。A氏は、普段から気にいらない人がいると、ほぼ個人を特定できそうな書き方で、SNSで批判するらしい。それがSNSの使い方と考えているのかも。

また、すぐに応援、支援を呼びかける人もいる。基本的にそういう人は善意の人だとは思う。でも、本人の了承を得ずに、ある人が抱えている案件をSNS上で語り、「みんなで応援しよう!」「きっと大丈夫だ」と呼びかけるっていうのは、なにか違うような気がする。1人でテンション高くて、ハイになっている感じ。SNSじゃなくても、そういう人はいるけど。たとえば、どこかから私の窮状を聞きつけて、私に一言もなくSNS上で晒されたら(あえて「晒す」とする)、やっぱりいい気はしないなーと。個人情報を自分アピールに使われたように感じると思う。

ちょっといい場所
ちょっといいとこ見つけてしまった。美味しいお茶を飲みながら、お店の本が読める店である。売り物の新品の本を見ながらお茶を飲む本屋は、ちょっと苦手だけど(お茶をこぼしたり、食べ物のカスがついたり、本に皺がいったりするのが恐ろしいから)、本が売りものでなかったら、リラックスして読める。ブックカフェである。本が沢山あって、いい感じである。音楽もいいし、店の雰囲気もいいし、本のラインナップもいいし、お茶も美味しい。いいとこづくし。ここが繁盛しますように。でも、繁盛しすぎていつ行っても座れないみたいになりませんように。そういう複雑な気持ちなので、店名は伏せる。

大活躍アイテム
春に通りかかったお店で、たまたま見つけて、よさそうだったから試着して、衝動買いしたオフホワイトのイージーパンツが、大活躍中である。おそらく今、最も出番が多い。ウエストはゴム。素材はコットンリネンで、わりにしっかりとした生地。真っ白でなくて、オフホワイトで、ワイドパンツだけど、足首にむかってテーパードされている。私が履くと6.5分丈くらい。春先は、ウールのタイツを下に履いて、セーターと合わせて、今は、Tシャツにサンダル、スニーカーと合わせている。ボトムスが白って、すごく便利。









[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-06-09 18:13 | 雑感 | Comments(0)

意外な展開/ドラマ

意外な展開
大学でも文献は購入してもらえるのだが、常に参照するものは、自分で買う。こういう本は、最初から読み手が限定されているから、部数も少なく書店で売られていることはまずない。ほとんどの場合、ネット書店から購入する。価格が高いため、中古の美品を狙うことが多い。研究対象によっても必要な文献の価格はまちまちで、T君がどうしても必要とした本の中には、過去、1冊60万円もするものもあった。そうなると自分ではまず買えない。私がやっている分野での「must have」本の中には、1セットが全6巻で、1冊が中古でも10万円前後みたいなのもある。おそらくこの6巻セットを個人宅で所有している研究者は日本では3人もいないんじゃないかと思う。普通は図書館とか研究室に置く本だ。

自分で買う上限は、1冊の価格が頑張っても2万円未満である(本音だと1万5千円未満が望ましい)。高い本は、トラブルを考えると怖くて頼めない。海外の書店だと、何か月も待たされることもあるし(*1)、古書だと落丁本であることが判明したとしても、連絡とってクレームいれて、送りかえして、お金返してもらって、代替本を送ってもらって、などといったプロセスを滞りなく終えられる自信が全くない。実際、先日の落丁本(美品と謳っていた中古本だったが、ボロボロのボロで、15ページ落丁していて、同じページが重複しているというどうしようもないボロ本)については、あきらめたし(まぁ、許せる価格だった、それ以外は読めるし、ボロだけど)。

ある文献を購入する必要がでてきた。〇マゾンで著者名とタイトルで検索すると、新品と中古品でそのとき6-7冊がリストアップされた。よくあることだが、そのリストでは「新品よりも中古品が高い現象」と「同じ本なのに価格差ありすぎ現象」が同時に発生していた。一番安い本が、新品で8500円(+送料)で、そのとき一番高い本は、中古本で3万数千円もしていた。他もすべて2万円以上する中古本なのだ。これは、一体……?価格が崩壊していてわけわからず。

この場合、普通なら一番安い新品を買うのだけど、今までの経験から、ことはそう単純ではないとわかる。まず、欲しい文献は英語なのだが、8500円の新品はイタリアの古書店が販売している(この分野の本がイタリアにあること自体が珍しいのではないかな)。そのほかの2万円以上の中古本は英語圏の古書店が販売するものだった。イタリアの古書店が上がってきたのは、今回が初めてである。その時点で、「ヤバいかも」と思う。似たタイトルの異なる本で、しかも全然必要のない本かもしれない。英語でなくて、イタリア語だったら、アウトだし(英語と書いてあっても、そこは信用できないところが哀しい)。またいつ届くのかも読めないし。おそらく英語圏の古書店から高い本を買うほうが、リスクは低いと思うのだけど、ここまで価格差があると、なかなか決断できない。2日ほど考えて、今回は、イタリアに賭けてみることにした。安さに負けた。

送料込みで9千円ちょっとである。思い切ってクリックした。ボロボロの本でもいいから、早く届けて欲しい。ボロボロの本でもいいから、落丁のない本を届けて欲しい。ボロボロの本でもいいから英語であって欲しい。などなどぐるぐる考える。夜にクリックして、寝る。

クリックしてからおよそ60時間後、UPSの人が「イタリアからお荷物届いてまーす」ともって来てくれた!早い!すぐにびりびりと破いて中を確認したら、間違いなく欲しい本だった。英語だし。イタリア、疑ってごめん。ま、新品といいつつ、カバーが少し破れていて、それをこっそり裏からメンディングテープで貼り合わせていたけど。許容範囲である。一か月以内に届いたら御の字だと思っていたら、60時間後に届けてくれた。Iちゃんに会ったときに話したら、「信じられない!奇跡です!」と喜んでくれた。地味に嬉しい出来事である。喜ぶのはそのへんにして、早く読まないと。

*1)ゼミ先生が、1冊、1冊、アメリカ、オランダ、ドイツ、イギリスの古書店と粘り強く交渉してくださり、6年かけて6巻全てを揃えてもらった。もちろんすべて中古の美品である。1冊が届くのに、最長で1年、最短で2-3か月かかった。この案件は、私がやったら絶対に挫折していた。途中で心が折れていたと思う。

ドラマ
視聴率が低迷しているらしいけど、今期とても面白く視聴しているのが、『シグナル』である。坂口健太郎が、すごーくいいのだ。笑いながら怒る演技が、すごくいい。顔があっさりしているのだけど、背が高くて、スタイルがよくて、何を着てもかっこよくて、スタイリッシュである。うん。いい。

このドラマの渡部篤郎は、役柄がとにかく最低である。役者のイメージダウンになるんじゃないかと心配になるくらい。それだけ演技が上手なんだろうけど。最終回では、こてんぱにやられて欲しい。









[PR]
# by himarayasugi2 | 2018-06-07 11:15 | 本など | Comments(0)